タグ:骨董市 ( 33 ) タグの人気記事

 

モナリザの背景

d0147727_2233852.jpg

 この写真の場所は世界一有名な絵の背景になった。
 イタリア トスカーナのアレッツオで第一土日に行われる骨董市にあわせてアレッツオを訪れたのは数年前のこと。骨董市の中心に出店する女主人の住む古いvillaの2階に泊まった。そこに下宿していた日本人女性の案内でトスカーナの小さな町をめぐり、この橋の見える場所で、ペコリーノチーズとパンを食べた。
d0147727_22282259.jpg
d0147727_22285565.jpg

 villaの周りの広大な敷地には羊や七面鳥が飼育され、その同じ場所にアンティークのアイアンや農具、大理石のオブジェが無造作に詰まれ、ビニールハウスの中は農作物ではなくてアンティーク家具がところ狭しと置かれていた。ちょうど家具修復を始めたばかりだった私は簡単にばらせて持って帰れそうな椅子はないか、と物色して回った。
d0147727_22272527.jpg

 骨董市の前日、会場への家具の輸送用トラクターに便乗させてもらった私はなんだか自分も骨董市に参加しているようで興奮した。当日は女主人に「日本人には3倍は吹っかけるから、買いたいものがあったら言いなさい」という助言に恐れをなして、ほとんどなにも買うことはできなかった。お昼は女主人の店で、昨日一緒に作った七面鳥のローズマリー風味煮込みをいただく。去る前に彼女の店で何かを買いたい。しかしアイアンや大きな家具が中心で、買えそうなものがない。箱の中を引っかきまわして、錆錆のとんかちの頭と杯を買った。彼女はかわいい、といってとんかちを選んだ日本人を不思議そうに眺めていた。
 別れの時、私は習いたてのイタリア語で Ci  vediamo !と言った。また会いましょう、彼女とのこの約束を果たすため、明日からしばらくイタリアに行くことにした。
 人生の第2章を始める前にゆっくりと今までの時間を見つめなおしてくるつもりだ。
d0147727_22302390.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-17 23:17 | 海外旅行  

がらくた好き

 修復を始めてから趣味と実益(?)を兼ねて日曜日には骨董市に通った。骨董といっても私が購入するのはこんなもの。他人が見れば単なるガラクタ。それは判っているけどやめられない。
d0147727_9573623.jpg
d0147727_957569.jpg

 異国の絵描きの手作りの筆とウサギの風船作りに使われたガラスの型。

d0147727_9581955.jpgd0147727_9585311.jpg
 雨樋を支えた物とナイフを切り出した後の板d0147727_9591114.jpgd0147727_101655.jpg
 異国の牛乳瓶の蓋はマグネットを貼り付けて加工。日本の古い教会で使われていたとんがり帽子の瓦。
d0147727_1012710.jpgd0147727_102184.jpg
 たくさんの白い陶器はペンキを使って表札にしよう。でもタイルの型は何に使える?
d0147727_1034770.jpg
 そしてこんなものまで骨董市で発見。でもさすがに精度が重要な私の商売道具をここで購入する勇気はなかった。

 骨董市は宝探し。わくわくどきどきやめられない。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-16 10:36 | アンティーク  

大和の骨董市

 東京にも雪が深々と降っている。今日の大江戸骨董市は中止になったらしい。
 
 大和の骨董市は師匠お勧めの骨董市。でも開催日が第3土曜日と決まっていて、いつも私は仕事があり、行きたくても行けなかった。だからたまたま仕事が無かった冬の日、大和経由で熊野に師匠とトラックで行くことにした。それまでに東京で熊野用にそろえたものや骨董市で買ったものをそのまま熊野に運ぶのだ。骨董市は早朝が勝負。師匠は毎月4時ころには行っている、(もちろん朝)とおっしゃるが、私は家から始発に乗って行っても早くて8時が精一杯。大和の駅で待ち合わせることになった。そしてその日は今日のような雪が降っていた。
 さすがの大和もその日はお店もまばらで、もちろんお客もほとんどいない。見せてもらう約束になっていた古い陶器のコンセントを購入した後はマクドナルドで朝ご飯。出店者の一人であるA氏はこの雪でこれから熊野に行くなんて今日中には着かないだろう、と脅かす。とっても不安な朝だった。


d0147727_1131094.jpg  大和にはその後3回ほど行っただろうか。相性が悪いようでなぜかいつも天気が悪い。それでもやはり雪のちらつく昨年3月に、お気に入りの一品を発見した。購入にはいたらなかったけれど写真を撮った。 そうこのPANDAである。鮭を銜えているから元は木彫りの熊だったはず。ツートンカラーに塗られてしまったらしい。その時ふと熊野の家にも木彫りの熊がいるのを思い出した。ちょっといいかも。
 
d0147727_1153171.jpgそう彼である。身の危険を察知したらしく、部屋の隅に避難中だ。まだベジタリアンになる心の準備が出来ていないよう。何十年もくわえたままの鮭を食べずに笹に乗り換えさせるのは不憫なので、PANDA化計画は取り止めにするか。
 ところで極小未熟児で産まれるパンダの赤ちゃんの皮膚がちゃんとツートンカラーなのを皆さん知ってました?
[PR]

by mobiliantichi | 2008-02-03 12:14 | アンティーク