タグ:骨董市 ( 33 ) タグの人気記事

 

江戸東京たてもの園  番外 「お揃い」 

 たてもの園で見かけた、あれ?どこかで見たような
d0147727_20131037.jpg目玉親父
 これは師匠の店で見つけたんだけど、日本のものだったのかなあ?
d0147727_20133882.jpg青い琺瑯
 醤油が入っていたものだったようで、つい最近、骨董市で手に入れたものがまさか、博物館に並んでいるなんて。
d0147727_20143785.jpg銭湯の籠
 これも骨董市で見つけたもの。
d0147727_20151698.jpg金庫
 うちのよりもちょっと大きいようで。

d0147727_2017496.jpg蝶番 
 これもそっくり。でもつけ方が違うかも。
d0147727_20155181.jpg この火鉢。これも実はあるんです。亀さんがどこかの廃屋から拾ってきてくれたもの。

 たてもの園の小道具は、実は骨董市でみつくろってきたものだったりして。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-09-18 21:01 | 国内旅行  

Che cos'e ? ⑪

 たてもの園のシリーズはまだまだ続くので、ここらでちょっと一休み。
 久し振りの これなーんだ?
d0147727_2057985.jpg

 象の鼻ではありません。そういえば私のコレクションには象はいない。

これは、、、、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-09-11 21:07 | アンティーク  

またまた、骨董市で青い琺瑯

d0147727_2221516.jpg
 またまたまた、大江戸骨董市で、青い琺瑯を買ってしまった。でも使い道は決まっているから。
 熊野では母屋は井戸水を使用している。コーヒーや紅茶はもちろん、ご飯を炊くにもは水道水よりも、井戸水の方が美味しいようなので、我が家の台所にこれを置いておいて、井戸水を溜めて置くつもり。

 他に今回買ってしまったのは、こんな感じ。いかにも、と言われそう。

d0147727_2211543.jpgd0147727_22113842.jpg
d0147727_22115473.jpg

d0147727_22122347.jpgd0147727_22124239.jpg
d0147727_22125880.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2009-09-03 22:17 | アンティーク  

骨董市とウサギ三昧

 雨が振り出す前に、東西線に乗るために九段下駅へ向かう。日曜日は靖国神社でも骨董市だった。せっかくだから見て行こう。数件のお店と数人のお客。かなり寂しい状態。
d0147727_19121695.jpgd0147727_19122939.jpg
d0147727_19134029.jpg

 東西線で向かったのは門前仲町。今日の外出の目的は富岡八幡の骨董市を久しぶりに訪れること。ここもなんだかちょっと寂しい。雨も落ちてきたので、今度は東西線で神楽坂に移動。
d0147727_1914374.jpgd0147727_1915458.jpg
d0147727_19152125.jpg

 このパン屋、昔の店舗より広くて綺麗になっている。久しぶりに塩味の効いたプレッツェルとチーズボールを食べよう。 d0147727_19165414.jpgd0147727_19171790.jpg
d0147727_19174138.jpg

神楽坂に来たら、やっぱり五十番で特製肉まんを買わないと。あれ、ここも綺麗なイートインスペースができている。d0147727_19181014.jpgd0147727_19183368.jpg
やっぱりチーズも買いたいなあ。熊野に帰ったら、スカモルツァアフミカータで鰯のオーブン焼きを作ろう。 d0147727_192166.jpgd0147727_19212857.jpg
でも今日神楽坂に来た目的は、このケーキ屋。先日熊野を訪れたグルメな友人が、絶対お勧め、と言っていたから。チョコレート関係のケーキが多いのは、ピエールエルメで修行した日本人のやっている店だかららしい。焼き菓子とキャラメルは熊野にお土産、自分には生菓子を、、、、。d0147727_19185116.jpgd0147727_19193379.jpg
d0147727_19195092.jpg

懐かしい場所でランチをしてから、東京の家に帰って本日の収穫をチェック。(その場所はどこかって?明日のブログのお楽しみ)
性懲りもなく、青のホーロー。d0147727_19225838.jpgd0147727_19232758.jpg
d0147727_19234342.jpg

青のお皿。同じお皿でも状態で、高い方は安いほうの3倍の値段。2枚買うから、とまけて貰う。波兎といって人気の柄なんだ、ちょっと前は1万円でも売れた、と言われたが、私は柄よりこの濃い青色が好きなのだ。d0147727_19241690.jpgd0147727_19243142.jpg
d0147727_19244714.jpg

ふと気がつくと、ホーローのマークも、和物のお皿も、そしてケーキ屋のプチフルもウサギ印。今日はウサギ三昧の一日だったようだ。あまりに可愛くて買ってしまったこのプチフル。うーーん食べるのがちょっと可哀想。
ダイエット中だという事実は、すっかり忘れ去った1日だった。d0147727_1925421.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-02 20:08 | 食べ物  

青の器 その12 : クリニャンクールで

d0147727_792689.jpgd0147727_782931.jpg
d0147727_785981.jpg

 ガイドブックに載っているパリの骨董市といえば、クリニャンクール。
 地下鉄の駅を降りたときは、駅のすぐそばにあるガラクタ市みたいなのにびっくりして、こわごわそこを通り過ぎたあと現れた骨董市にまたびっくり。市といっても、小さなお店の集合体のよう。アメ横を思い出す。
 狭い迷路のような通りをふらふら。ユーロが高かった頃なので、なかなか買えない。
 結局2日通って、買ったのはこの3枚のお皿。
 滲んだような青がやっぱり好き。
d0147727_710419.jpg

d0147727_7105560.jpg
d0147727_7111843.jpg

 ずっと東京の部屋に飾っていたのだが、今は熊野の居間に。
 ワレモノは列車で東京に戻る度、少しずつ運んでいる。高速料金が1000円の間に、いつかは東京、熊野間を車で往復したいとは思っているのだが、まだ高速道路を運転したことすらない状態。夏までにはせめて名古屋くらいまで行ってみようと思っている。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-05 07:33 | アンティーク  

相も変わらず

 今回の骨董市で手に入れたのは、この4つ。
d0147727_21305447.jpg
d0147727_21332510.jpg


d0147727_21372197.jpg
 全くヘンテコな物ばかりと思われる方も多いだろう。
 でも実は相変わらずの選択なのだ。
 キーワードは「動物、青、琺瑯、白、そして台所用品」


それぞれを見てみよう。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-21 22:00 | アンティーク  

オリジナルとは違うけれど

d0147727_21265519.jpg

 大和の骨董市でついに見つけた。よくこれだけ汚れが付いた状態のままで、売るものだ。
 「汚れ付きで1500円」と言われたので、汚れはいらないから、と応酬したけれど、まけてはもらえなかった。

石鹸で洗うと、、、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-12 21:56 | 古民家修復  

骨董市での収穫

 今回、骨董市で見つけたのはこんなもの。まず一押しは
d0147727_6501762.jpg

 手作りの紐、、。 

他にも
[PR]

by mobiliantichi | 2009-04-24 07:01 | アンティーク  

青の器 その9 : 骨董市で、やめられない止まらない

 海外でも国内でも骨董市で見かけると、通り過ぎることができないアイテムがある。
 それは青い琺瑯の器。どんな青でもついつい手にとってしまう。
 骨董市で見かけるのは、琺瑯の鍋といってもStaubやLe creuset のように
 分厚くて重いものではなくて、ペラペラで軽い、戦後すぐのころの日本の物が多い。

 先日、大江戸骨董市ではその後に結婚式に行くというのに、丸ごと鳥1羽のローストチキンができそうな、こんな鍋を買ってしまって、一度家に戻ることになった。
d0147727_19301655.jpg
d0147727_19322773.jpg

 塩や砂糖を入れる壺も中のスプーンも琺瑯。
 浜松町のジャンクマーケットで同時に買った、同じように見える琺瑯の鍋でもこの2つ、できが全然違う。一つは、みるみる琺瑯が剥げてきた。
d0147727_19303117.jpg
d0147727_19304516.jpg

 小さなポットは、子供の頃赤いものを使っていた、同じ形で懐かしい。
 最近買った濃い紺色のお鍋は、一人分の昼食に活躍しそう。
d0147727_19311848.jpg
d0147727_19313960.jpg

 先週の大江戸で買ったバターウオーマーはmade in Hongkongだった。 
 ざるは琺瑯じゃないけれど、門前仲町の骨董市で。
d0147727_19315315.jpg
d0147727_19321280.jpg

 Arezzoのmercatinoで買ったお弁当箱。
 倉敷の骨董市で買って、紀勢本線で揺られながら熊野まで持ってきた巨大なゴミ箱。
d0147727_193027.jpg
d0147727_19324596.jpg


d0147727_193347.jpg
 浅草かっぱ橋のワゴンセールでは琺瑯じゃないけれど、こんな青のジューサーまで買ってしまった。
 実はstaubやLe creuset の琺瑯の重いお鍋も、各種持っていたりする。
 
 台所用品に関する、私の青好きはかなり重症である。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-03-06 20:21 | アンティーク  

とっておきのスマイル

d0147727_20132321.jpg

 とっておきの、お気に入りカップ。
 ちょっといい感じに写真が撮れたので、ご紹介。
d0147727_20145739.jpg
d0147727_20152470.jpg

 手作りの温かみを感じる器。
d0147727_20204668.jpg

 裏には刻印。そして足がある。

 大江戸骨董市でRudiさんから購入した一品。

で、どこがスマイルかというと、、、、
[PR]

by mobiliantichi | 2009-02-26 20:42 | アンティーク