タグ:食べ物 ( 169 ) タグの人気記事

 

大阪 ワンダーランド

 週末、思い立って大阪に行った。実は大阪に滞在するのは、万博の時以来。その時は従妹の家に泊って、万博会場に行って、比較的空いてたイラン、イラク館を見たという記憶しかないので、今回の大阪はほとんど完全なおのぼりさん状態。
 東京に住んでいた時には、わざわざ観光に都会に行こうと思うことは皆無だった。でも熊野に移ってから、ちょっと気になる街になった大阪。大阪出身の人に聞いたら、「とにかく動物園駅で降りて、通天閣に向かって、途中の2度つけ禁止の串あげ屋に並んで」と言われた。では実行してみよう。
d0147727_2052337.jpgd0147727_20522632.jpg
この看板の多さ、でっぱりが大阪のイメージ。でもこの街にはグリコの看板はないみたい。グリコやカニやカーネルサンダースおじさんがいるのはここではないのかな。
d0147727_20524659.jpgd0147727_2053228.jpg
d0147727_20531727.jpg

そして上ってみました。通天閣。
d0147727_2054149.jpg
d0147727_20542127.jpg

 この景色、何が東京と違うかと言うと彼方に山並みが見えること。六本木ヒルズではこうはいかない。
d0147727_20544722.jpgd0147727_2055652.jpg
d0147727_20553286.jpg

でも今回は景色よりもこれに会ってみたかったのだ。ビリケン。なぜこのキャラクターはここ限定なのだろう。エプロンをめくって、足の裏を一応触っておく。そうするといいらしい。
d0147727_2056810.jpgd0147727_20565710.jpg
 そして次なるミッションへ。実は通天閣に行く途中、長蛇の列の串かつ屋があったのだが、ちょっと勇気が無かったのだ。帰りに通ったら、列は無くなっていて、店の中には空席もある。でもでも、やっぱり中に一人入る勇気はなかった。串カツをソースにつける、と言うのはわかるのだが、キャベツはどうやって食べたらいいのか、注文はどうやったらいいのか、ウーロン茶でもいいのか、、、。店の前を数往復して観察したけれど、作法がわからなかったから。
d0147727_20571713.jpgd0147727_20573643.jpg
d0147727_2058295.jpg

 仕方が無いので、いい感じの喫茶店でミックスジュースを注文することで、本日の大阪ミッションはよしとしよう。そこではベレー帽をかぶった、おねえさん(おねえさん、と呼ぶのが大阪流?老齢のご婦人)が一つ一つジュースを作ってくれていた。
d0147727_20582977.jpgd0147727_20585278.jpg
d0147727_2059954.jpg

 この街は東京なら上野のアメ横か、浅草に近い。そう言えば上野にも動物園があるじゃない。

 東京と大阪、比べてみると結構面白い。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-31 21:39 | 国内旅行  

オイルサーディンに挑戦

 熊野に来るまで、鰯を料理したことはほとんどなかった。子供の頃に食べた母の手料理に鰯料理はなかったので、初めて食べた鰯料理は缶詰のオイルサーディン。母が作るピザは炒めた玉葱、ピーマン、椎茸の上に、サラミとオイルサーディンが飾られて、とろけるチーズがかかったていて、子供の頃はちょっと苦みのあるサーディンの処ではなくて、サラミののった一切れを選んだものだった。
 熊野ではスーパーでもピッカピカの鰯が売られている。いろんな種類の鰯で一通りアンチョビを作ってみたので、今回はオイルサーディンに挑戦してみた。
d0147727_19313867.jpg
d0147727_19322643.jpg

 庭で伸び放題のフェンネル、沢山貰ったニンニクを贅沢に使って、2種類の鰯で試してみる。弱火でゆっくり火を通すということなので、ルクルーゼを使ってみる。このルクルーゼは一時期日本に店を出していたウイリアムズソノマで買った特注色の青。中の色もちょっと茶色が濃い。d0147727_19331568.jpgd0147727_19333130.jpg
d0147727_1934563.jpg


d0147727_19304580.jpg

1時間ほどじっくり火を通したら、自家製オイルサーディンの出来上がり。ふっくらできたので、サーディンのピザを作ってみたくなった。そう言えばピザ用の石釜も作りたいと思っていたのだった。オイルサーディンは保存がきくと言うけれど、さすがに石釜製作が始まるのはいつの事やらわからないので、今回はそのまま食べてみることにしよう。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-27 20:13 | 食べ物  

まめまめまめ

 亀さんからの電話は2回に1回は「○○さん!(このアクセントが独特)▽▽食べるかい?」
 この電話、もちろん私の答えはいつも同じ。「もちろん!」
 亀さんは腰が軽くて丁寧に仕事をしてくれるので、地域の人達から色々な雑用を頼まれて、その報酬が食べ物の事が多いようで、私は何もしないでそのおこぼれにあずかっている。今回はソラマメ。
ちょっと小振りのソラマメのさやを剥くと、中から紫のマメが現れてびっくり。でもその中にはまた黄緑のマメが入っていた。
d0147727_18541435.jpgd0147727_1855064.jpg
d0147727_18551444.jpg

d0147727_18554958.jpgd0147727_18561630.jpg
d0147727_1857355.jpg

d0147727_18575752.jpgd0147727_18581295.jpg
 子供の頃から、お手伝いで一番好きだった作業は、マメのスジ取り。何も考えずに続けると、結果が目の前に山づみになる、それが快感だった。ソラマメの場合はさやのかさが多いから、達成感も大きい。ついつい夢中になりほとんど剥いてしまった。
d0147727_18585055.jpgd0147727_18591381.jpg
d0147727_18593676.jpg

さやごと焼いてみたり、軽く茹でてお弁当に持っていったり、黒米と玄米と一緒に炊いてみたり。私の熊野生活、季節の味を堪能するには、やっぱり亀さんは欠かせない。d0147727_19079.jpgd0147727_1912156.jpg
d0147727_1923826.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-25 19:29 | 食べ物  

朝の一杯

 太陽の光の降り注ぐ快晴の朝。モロッコの朝を思い出して最近はまっているものがある。
d0147727_6571519.jpg
d0147727_658580.jpg

 モロッコのアルバムは、見返すとどれも魅惑的。中でも素朴な食べ物は写真で見ても美味しそう。生オレンジジュースは安くて、甘くてほんとに美味しかったなあ。
d0147727_705387.jpgd0147727_75329.jpg
d0147727_752164.jpg

d0147727_763874.jpgd0147727_76553.jpg いただいた沢山のミントを使ってのミントティーは、もちろんお砂糖入りで。
 いただいた沢山のちょっと酸っぱい蜜柑は、贅沢に3個使って生ジュースに。
 相変わらず、熊野ではいただき物で贅沢な気分に浸らせてもらっている。
d0147727_781088.jpgd0147727_785433.jpg
d0147727_79930.jpg

 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-15 07:27 | 海外旅行  

oil & vinegar 

d0147727_20583444.jpg


今、一番使える器。
d0147727_20584374.jpgd0147727_2059373.jpg

 新鮮な野菜のサラダには、塩、胡椒にoil&vinegar がいい。
 本当は自家菜園の野菜といきたいところだけれど、いただき物、お裾分け、道の駅で手に入れたお野菜で。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-12 21:13 | アンティーク  

Che cos'e ? 22

d0147727_19423119.jpg


 ちょっと美味しそうなこのキツネ色の物体。
 home-madeのこれは、

なーんだ?
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-11 20:05 | 食べ物  

二人旅

d0147727_18322936.jpgd0147727_18192863.jpg 友人よりも一日早く奈良入りした私は、ホテルの朝食を楽しむ。今回はポーチドエッグ。とろとろの黄身を、下に敷かれたトーストとベーコンに絡めて食べる。これから始まる久しぶりの幼馴染との二人旅にちょっとドキドキ。
 小雨の中、奈良駅まで彼女を迎えに歩く。
d0147727_18213096.jpg
d0147727_1822161.jpg

d0147727_18232145.jpg
d0147727_18234355.jpg

d0147727_18252216.jpg 色々な場所を二人で歩いて、買い物して、美味しいものを沢山食べた。そして何よりも楽しいおしゃべりをした。
 一人旅ばかりしているので、二人旅はちょっと心配だった。夜、いびきをかいたら、、私はどこでもすぐ寝れるけれど、彼女が寝れなかったら、、、。などなど。
d0147727_18255768.jpg
d0147727_18261584.jpg


 そんな二人を、大仏殿も大仏様も微笑んで見守ってくれたみたい。
 とっても楽しい旅になった。
 
 旦那さんをほっといて、また行こうね。 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-09 18:54 | 国内旅行  

美熊野牛のローストビーフ

d0147727_21443571.jpgd0147727_21463719.jpg
  牛肉の料理で一番好きなのは、ローストビーフ。お肉料理はあまり作らないのだけれど、これはお客様の時によく作る。だいたい塊のまま一度テーブルに出してから、一度台所に引き上げて、カットした後にまた食卓へ。でもこのフォークと切れるナイフがあれば、お客様の前でカットしたい。
d0147727_21393152.jpg

d0147727_21412990.jpgd0147727_21414874.jpg
 このフォーク、OLTREVINOで見つけたイタリアのもの。
 ちなみにローストビーフは、熊野育ちの美熊野牛という美味しい牛肉で。
 フォークもお肉も好評だ。

 (注:フォークの先にコルクが刺さっているのがなんかいい感じなので、取らずに写真を撮ってみた。使う時はもちろんコルクは外します。)
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-04 22:10 | アンティーク  

八十八夜

 今日は、とってもふさわしい事をした。
 そうとは知らずに計画したら、なんと今日は八十八夜だというではないか。
d0147727_20174753.jpgd0147727_20181550.jpg
 昨年のゴールデンウイーク、生まれて初めてお茶摘みをした。でも結局私が摘んだお茶は、飲むところまでにはならなかった。だから今年は摘むだけではなくて、釜で炒って、手で揉んで、天日に干してまでやりたいと計画。
d0147727_20201857.jpgd0147727_20205056.jpg 伯父さんが近所の方に頼んでくれて、ちゃんとしたお茶畑で、母と2人で茶摘み体験。都会暮らしの初心者にしては、充分沢山摘んだ、とほめられた。「久しぶりに親子でおしゃべりできたでしょ?」なんて聞かれたけれど、私達親子は、与えられた仕事をおしゃべりせずに淡々とこなすタイプ。

d0147727_20213850.jpgd0147727_20223754.jpg
d0147727_20235733.jpg
 摘んだお茶っ葉は、すぐに釜で炒る。見る見る水分が出てきて、お茶の香りが漂ってくる。
d0147727_20244074.jpgd0147727_2025385.jpgd0147727_20255317.jpg
 d0147727_20265858.jpgd0147727_20273542.jpg 
 むしろの上で直接やっていた手揉みは、最近では洗濯ネットと洗濯板が登場。揉んだあとは天日干し。
昼食には、冷凍だけどと天然アユで作ったというアユの姿鮨をいただいて、伯父さんの家で一休み。
d0147727_20283326.jpgd0147727_2028596.jpg
 午後からは一人で再度挑戦。すぐに腰が痛くなって、リタイア。茶畑のすぐ近くには小川が流れ、向こうには山並みが見える。
 d0147727_20292732.jpgd0147727_2030632.jpg
d0147727_20302610.jpgd0147727_20312227.jpg
 熊野の家に着いたら、5時過ぎだったので、今晩は玄関にござを敷いて、お茶っぱをひろげておこう。出来上がったら、今度こそ自分で作ったお茶が飲める。
d0147727_2032687.jpgd0147727_20322564.jpg
 かなり疲れたので、夕食はアユ鮨の残りで。
 連休中は毎日お茶摘みして、炒って、揉んでしてるから、明日も明後日も来なさいと誘われたけれど、軟弱な都会人には連チャンはちょっときつい。八十八夜に摘めたんだから、これで満足。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-02 21:31 | 食べ物  

母の手料理

 子供の頃、母の手料理はこのお皿に盛られていた。なんとも昭和な模様の、丸と楕円のお皿のセット。いつの頃からか、ブルーダニューブというシリーズのセットに取って代わられて、我が家ではほとんど使われなくなったこのお皿。
d0147727_20524190.jpg
d0147727_205337.jpg

 模様もなんだかいかにも印刷っぽくて、裏の刻印も古臭くて、あの頃の我が家らしい。d0147727_20532488.jpgd0147727_20541262.jpg
d0147727_20542732.jpg

d0147727_20545011.jpg  私が好きだった母の手料理は、骨付き鶏もも肉のソテー、舌平目のムニエル、それに海老フライ。海老フライにはこの器に入ったタルタルソースが添えられていたっけ。欲張りな私は、たっぷりとタルタルソースに、さらにちょっとウスターソースをかけて、海老フライと付け合わせの千切りキャベツを食べるのが好きだった。

 田舎で祖父母に高校まで育てられ、大学で初めて東京に出てきた母は、大学卒業と同時に父と結婚した。お姑さんとも、実の母親とも一緒に暮らしたことが無い母は、いったいどうやって料理を覚えたのだろう?お料理教室に通ったという話も聞いたことはない。そう言えば実家には、旧仮名使いで書かれた「パスタとピザ」という料理本があった。きっと本で料理の勉強をしたのだろう。いわゆるおふくろの味、というような料理はあまり出てこなかったように思えるのは、そのためかもしれない。
 このお皿は決してお宝ではないけれど、できればこれからも母の孫達に使って貰いたいと思った。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-04-22 21:42 | アンティーク