タグ:食べ物 ( 169 ) タグの人気記事

 

cioccolata

d0147727_18472190.jpg


今年3月、まだ寒いシチリア島のトラーパニのバルで、衝撃的な飲み物にであった。
いい年のおじさんが、cioccolata を注文している。
そして彼はカップにスプーンを入れて、中身をすくって食べている!
それって、マナー違反じゃない?

実は私、カップとスプーンには暗い思い出がある。
それは小学校1年生の時のこと。
友達の家に遊びに行ったら、ケーキと紅茶が出てきた。
熱い紅茶をスプーンですくって、ふーふーと息で冷ましていたら、友達が一言
「お母様!あれは赤ちゃんがやることよね」
それ以来、その友人とはもちろん疎遠になった。

話がそれた。

イタリアのちょいわるおやじが、スプーンを使ってる。
これは試してみないと。
下調べの段階で、cioccolataのメニューを置いている店を発見。
マロングラッセ、ジャンドゥーヤ、トウガラシなどが入っているのもあるらしい。
アマレット好きの私はアマレット入りcioccolataを注文した。
そしてでてきたのは、ムースに近い食感。これはスプーンがないと食べられない。
飲み物ではない。食べ物だ。

これこそ私が子供の頃イメージしていた幻の「ホットチョコレート」
ココアとは全く違うもの。童話の主人公が飲んでいるもの。
フランスの朝食に出てくるショコラショーはココアだったけど、
イタリアのcioccolataは違った。シチリアだけのものなのか、
トスカーナで聞いてみたら、どうもイタリア全体のものらしい。

ところで、我が家では昔から、ホットココアを作る時は、最後にバターを浮かべるのだが、
これは一般的ではないのだろうか?これも友人に気味悪がられたことがある。

蒸し暑い夜に、なんとも季節外れの話題でごめんなさい。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-09-05 19:20 | 食べ物  

相変わらず、食費はただ

 今回の頂き物は、亀さんの友人が捕ってきたシジミ。まず2日間井戸水で砂を吐かせる。
シジミは真水と海水の混ざったところに住んでいるから、真水でいいのだという。
そして、ざるにあげて、ごしごし洗う。
 もちろんシジミ、と言ったら、お味噌汁しか浮かばない。赤だしはないので、自家製のお味噌で、大盛りのシジミのお味噌汁を食す。
d0147727_1631713.jpg
d0147727_1634147.jpg


いくら待っても口を開けない、と思ったら、シジミに混ざった、石ころが4個。d0147727_164082.jpg
d0147727_1641594.jpg


 もう一品は、これも亀さんの友人が釣って、亀さんが一塩して半身をくれたシイラ。
よく洗って皮をはいで、お刺身にしなさい、と言われた。
シイラは確か猫マタギ、と言われて、昔は卵だけ食べて、身は捨てていたとか。
でも一塩したお刺身は、酢醤油で食べたら、とっても美味だった。
d0147727_1645896.jpg


 熊野で普段使いしている器は、昔の飛行機の機内食用に作られたというデッドストック。
平和島の骨董市で、ちょっとずつ、いろいろな形を購入した。
一人の簡単な食事には、このシンプルなお皿がちょうどいい。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-08-31 16:31 | 食べ物  

カフェオレボールの中には?

d0147727_20462830.jpg


 昨年11月に倉敷の骨董市に行った。
 その時手に入れたカフェオレボール。
 耳付きだ。

 なにが入っているかと言うと、、

このひげは、、、
[PR]

by mobiliantichi | 2008-08-21 21:05 | アンティーク  

モロッコでであった怪しいもの

 強すぎる太陽光線と暑さは、昨年のモロッコ旅行を思い出させる。
初めて訪れたアフリカは、怪しいもの好きを満足させるモノで、あふれていた。
(見るだけで満足)
d0147727_1447265.jpg
 屋台の料理も。もしかして、これは羊?クロイツフェルトヤコブ病にはなりたくない。

d0147727_14525484.jpg
 肉屋だって、わざわざこんなものばかり集めなくても。

d0147727_14482517.jpg
d0147727_14484616.jpg 
 ガイドが「モロッコの薬局だ」と説明してくれたのはここ。
 オオトカゲにカメレオンの干物。
 どうしても魔女の大釜を連想連させる。





 

 お昼に食べたミートパイにはたっぷりと粉砂糖。
怪しいけどなかなか美味。

d0147727_14583820.jpg

d0147727_14514239.jpg
 さてではこの写真で怪しいものは?
 というと、、、。
 実は右下の民族衣装の男性。
 振り向くと、メガネに首から提げたカメラ。
 そう日本人。

 ある日はインド、またある日は中国の民族衣装
 で旅をしているこの方は、
 一緒に旅行をした、大先輩。

 とっても素敵な怪しい日本人。
 ぜひ、またご一緒したいものだ。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-08-06 15:33 | 海外旅行  

柏餅の思い出

暑い夏の日、涼を求めて、向島百花園に行った。d0147727_19364695.jpg
d0147727_19372634.jpg


d0147727_1937773.jpg 向島百花園はまさに東京のオアシス。どんな立派な日本庭園や、広い芝生の公園よりも落ち着くのは、普通の家の庭先に植えられた、馴染み深い植物の名前が並ぶからだろう。アメリカのターシャの庭のように。作りすぎていない、その土地にあった花々の咲く庭。

d0147727_19374798.jpg
d0147727_1938592.jpg
池の周りには沢山の棚が仕立ててあった。藤棚、ヘチマ、それにかぼちゃまで
d0147727_19384324.jpg
d0147727_1939031.jpg

d0147727_19392879.jpg
d0147727_19394831.jpg

d0147727_19401644.jpg
d0147727_19403357.jpg

d0147727_1940502.jpg 太陽の光で輝く見事な柏の葉っぱを見て、柏餅を思い出した。
子供の頃、家の近くの和菓子屋の柏餅は、白が漉し餡、食紅で色をつけたピンクが味噌餡だった。私も女の子。当然ピンクの柏餅を選んだ。
そこで2つ年上の兄に聞く。「味噌餡ってなんの味噌?」
兄は言った。「馬鹿だな、そんなことも知らないのか?猿の脳みそに決まっているじゃないか。」
えっ、、、声もでない。大変な事をしでかしてしまった。
                          そういえば甘しょっぱい複雑な味がした。

       その時以来、私は柏餅は苦手である。柏の葉っぱを見て、考えたのはそんなこと。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-08-01 20:25 | 花と動物  

頂き物天国

d0147727_1316327.jpg

 熊野ではご近所さんの頂き物で生活している。いずれは自分で野菜を作って、魚を釣って、食卓に並べたいのだが、今のように時々来るくらいの状態では、畑は無理。釣りは小学校の時に、きす釣りをしたのが最後。でも誘ってくれる人がいたら、ぜひ試してみたい。熊野では前の浜でカツオ、ちょっと裏に行けばハマチが釣れるらしい。先日はハマチに追いかけられたイワシが自ら浜にダイビング。皆さんビニール袋を片手に、浜にイワシを拾いに行ったそうだ。そんな所なら、私でも何か釣れそうな気がする。
 今回も熊野に着いた翌日には、3人の方からこんなに美味しそうなお裾分けをいただいた。すべてご自分で作った無農薬野菜。すももも安心して皮からかぶりつける。
 
 頂き物天国の熊野で、いままでいただいたお裾分けのなかで、一番びっくりしたのは「エビ」。
大工の亀さんがある時、
 亀さん:「昼は食事作るん?」
 私:「はい」
 亀さん:「茹でるだけやから、エビ持ってこようか?二人なら2匹でええな」
 私:「ありがとうございます」
 そして何やらごそごそする紙袋をくれた。
 中に入っていたのは生きた2匹の伊勢エビ。確かに2人で2匹、充分である。三重県ではエビと言ったら伊勢海老を指すとは知らなかった。もちろん生きた伊勢エビなんて調理したことはない。大きなお鍋にお湯を沸かして左手に鍋ふた、右手に伊勢海老をつかみ、海老を投入してすぐふたをした。スリリングな体験だった。
d0147727_13165066.jpg  
 さてこのお裾分けを盛ったお皿は、恵比寿のRudiさんのお店で購入したもの。オーブンにも入れられるということだから、次回はポテトグラタンでも作って写真を撮ろう。一応、料理もできるところをお見せしないと。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-07-11 14:09 | アンティーク  

紅秀峰

d0147727_10141821.jpg 甲府の知人に「紅秀峰」というとってもとっても美味しいさくらんぼを戴いた。初めてアメリカンチェリーを食べた時、実の部分が沢山あることにびっくりして、得した気分になった方はいませんか?このさくらんぼにも、美味しい実が沢山ある。さくらんぼは1日10粒以上食べるとお腹をこわす、と言われたことがあるが、このさくらんぼなら10粒でお腹いっぱいになれそうだ。


d0147727_1014363.jpg せっかく戴いたさくらんぼ。被写体として写真撮影の練習にのぞむ。目指せ○○さんのブログ写真。がんばってみる。
 3年前にパリのヴァンフの蚤の市でかったカフェオレボール。パリの蚤の市、といったらこれでしょう、ということで3つも購入して手荷物で持ち帰った。残念ながら朝食にcafe au lait は私のお腹には牛乳が重過ぎるので、本来の目的に使うことはなく、食器棚の飾りになっていた。
 前回の枇杷に続き今回はさくらんぼを山盛り。安直過ぎると言われそうだ。白いクロスにクリームの珪藻土の壁、という背景を次回からはもうちょっと工夫してみよう。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-06-23 10:55 | アンティーク  

収穫 : 枇杷

 大江戸骨董市で見つけた南仏の香りのする器。見た瞬間に浮かんだのは、オランダの油絵のように、周囲に少しこぼれ落ちるくらいに山盛りになった果物と花のイメージ。とても大きく重かったけれど、地下鉄で自宅まで持ち帰り、熊野に送った。
d0147727_7182445.jpg

 熊野では果物と言えば蜜柑である。ほぼ1年中、蜜柑を食べる。蜜柑がない時でもはっさく、甘夏、ポンカン、三宝柑、デコポン etc。 しかし、なんだか柑橘系の果物を山盛りにしても、この器には似合わない気がした。
 そして今回、裏の畑にあった枇杷の木に鈴なりの実が生っているのを発見した時、これだ、と思った。猿や烏に採られる前に収穫して器に山盛り。相変わらずセンスのない写真だけれど、この器の初仕事だ。
d0147727_719796.jpg

d0147727_7192116.jpg 沢山採った枇杷をおすそ分けしたところ、枇杷酒の作り方を教えていただいた。枇杷の種に2ヶ所ほど切り目を入れて、梅酒と同じように氷砂糖と焼酎に漬けるそうだ。1年待つと琥珀色で独特の香りの、体にいいお酒になるらしい。今、私はせっせと枇杷を食べて種を貯めている。
 
 今年は枇杷の当たり年だそうなので、皆様、お試しください。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-05-31 08:00 | アンティーク  

3年がかりの収穫

d0147727_8345329.jpg
熊野の庭にはどんぐりの木があった。修復を始める時に亀さんに頼んで、ほとんどの巨木は伐採して、切り株は畑に放置していた。ある日亀さんとホームセンターに行くと椎茸の菌が売っていた。早速購入して亀さんが持っていた専用のドリルでどんぐりの木の切り株に穴を開け、菌を植え付けた。日陰の銀杏の木の下に置いて、椎茸がいつ出てくるか楽しみに待った。
 1年目、全く変化はなかった。
 2年が過ぎたある日、1個の黒ずんだ椎茸らしき残骸を発見し、携帯で写真を撮って亀さんに報告した。自分のやり方が悪かったのではないかと気にやんでいた亀さんはとてもうれしそうだった。
 3年目になった。私が不在のある雨の日、5個の椎茸が隣人に発見された。
d0147727_985196.jpg
隣人は収穫して干し椎茸にして保存してくれていた。母は今年のお正月にこの干し椎茸で美味しいお雑煮を作った。
 私がどんぐりの木を見ると椎茸はすでにどんぐりの木にくっついたまま干からびて、ナメクジの通った光る粘液の跡があった。
d0147727_834617.jpg

 この3月に母は熊野の家で親戚にも配れるほどの大量の大きな立派な椎茸を収穫した。焼き椎茸はとても美味しかったらしい。私が1ヵ月ぶりに熊野に行くと椎茸は全く見られず、食べられそうもないキノコが生えていた。
 今回の滞在では熊野から東京に戻る日が雨。そしてここ数日は雨模様だ。きっと私がいない間にまた椎茸が生えてきているのではないか。私は椎茸にはほとほと縁がない。
d0147727_8351459.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-05-13 09:24 | 食べ物