「ほっ」と。キャンペーン

タグ:食べ物 ( 169 ) タグの人気記事

 

不思議の国 奈良

d0147727_18263482.jpg
 ブログを休む、と言った途端、色々なところから反響をいただいてびっくり。とてもありがたいことです。やらなければならないことが溜まった時の私の行動といったら、、、。はい。逃避。アジアカップの優勝も知らず、早朝に熊野を出発して向かったのは、大好きなワンダーランド 奈良。
手袋した手で、奈良の不思議な物にデジカメを向けてきた。

d0147727_1827151.jpg
 溝に嵌まった鹿は、助けて欲しそうに見えたのだけど、どうやら自らすすんで嵌まっているらしい。側溝には美味しいものがあるというのか、風が防げて暖かいのか。
d0147727_18281737.jpg

d0147727_18285343.jpg おかしな顔も発見。
d0147727_18294398.jpg
 暖を取るために入った茶屋では、芯から暖まりそうな、ぜんざいや雑煮を頼みたかったのだけれど、名物のわらび餅とうたってあったので、頼んでびっくり。アツアツのとろけるわらび餅。
d0147727_18301027.jpgd0147727_1830407.jpg
 亀の干物?実際は影の尻尾がゆらゆらしていて、釣りあげられたすっぽんにも見えた。
d0147727_1831955.jpgd0147727_18312043.jpg
d0147727_18313281.jpg

d0147727_18331431.jpg 奈良に行くといつもお食事をご一緒させていただいている、満月さんご夫婦とチャレンジしたお店が最高にワンダーランド。上品なマダムが一人でやられている発酵料理のお店。キャベツ以外のすべての食材に発酵処理がされているという。どれも凄く薄味なのに、どこか違う。香りは発酵を感じさせるけれど、味、食感、すべて今まで体験したことがない。マダムの説明を聞いても、頭の中は????だらけ。
 そこで満月さんから、この本を渡された。このブログを読んでくださっている方から、言付かったものだという。お名前も知らないので、お礼を言うこともできないため、この場を借りて、お礼を言わせていただきます。
 自己満足のつぶやきブログ、いつも読んでくださってありがとうございました。パワーアップして再開とはいかないと思いますが、細々とは続けていくつもりですので、もう少しお待ちいただければ幸いです。いつか、奈良の満月アンティークさんのところで、お会いできるとうれしいです。貴重な資料をありがとうございました。 

[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-31 19:20 | 国内旅行  

Che cos'e ? 27

d0147727_18195477.jpg




ピンボケのこれは、、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-17 18:35 | 食べ物  

骨付きの肉について

d0147727_2185660.jpg
 熊野には、美味しい牛肉がある。美熊野牛と言われるその牛肉を売る店に行くと、いろんな肉を買ってみたくなる。テールは尻尾1本分で売られている。今回はそれで、テールシチューに挑戦。煮込むこと数日。適当に作った割には、まあまあの味かな。

d0147727_21115328.jpg
d0147727_21123311.jpg

d0147727_21151015.jpg 実は数ヶ月前、東京でどうしても濃厚なテールシチューが食べたくなって、家の近くのフレンチレストランで一人夜ごはん。さすがに一人でフレンチに入ることは滅多にないのだけれど、、、、。ナイフ1本で、骨の周りの肉を全て食べられるほど煮込むプロの技はさすが。私の作ったテールシチューは、とても人前では食べられない。手に持ってかぶりつかないと、、、。
d0147727_21154664.jpg
d0147727_2116082.jpg

 シンプルで赤ワインたっぷりのシチューの前には、レモンのシャーベットがかかった牡蠣をいただく。これも絶品。
d0147727_21174848.jpgd0147727_2118766.jpg
d0147727_2118233.jpg

 肉を食べるなら、骨付きが好き。鶏なら、丸ごと一羽のローストチキン。骨のへばりついて食べ残った肉を、こそげ落として食べるのが好き。だから我が家の鶏ガラでは、いい出汁は出ない。
 大好きな骨付きの鶏ぶつ切り肉で、冬は水炊き、夏はカレー。
 豚ならスペアリブ。トマトピューレにメープルシロップにレモン汁にカイエンペッパーのソースを塗って焼いたローストも好きだし、セロリとリンゴとザワークラフトとキャラウェイの香りを利かせた煮込みも好き。
 牛ならテール。韓国の白いテールスープも好きだし、赤ワイン煮込みも突然食べたくなる。
色々書いていたら、むしょうにオーソブッコが食べたくなった。狂牛病騒ぎ以前は、イタリアンでもよくメニューにあったけれど。
 魚だって、実はお刺身よりも、骨付き、お頭付きの塩焼きや南蛮あげが好き。

 骨の周りの肉は美味い。そう信じている。でもなぜか T ボーンステーキにはそそられない。その話はまたいつか。

 
[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-09 22:03 | 食べ物  

2年前にはなかったものが

d0147727_20164854.jpg
 2008年大晦日、うちの隣の空き地。ここには昔は病棟と畑があった。病棟の建物を取り壊した後は、背丈ほどのススキやセイタカアワダチソウが生い茂る、厄介な空き地だった。




 2009年11月から工事が始まった。2009年の大晦日、両親を熊野に残して、私は工事現場を遠く離れて、イタリアのPadovaでふらふらしていた。
d0147727_205393.jpgd0147727_20533358.jpg
d0147727_20542385.jpg

d0147727_20295050.jpg そして2010年2月には、厄介な空き地にこんな家ができた。

 2010年大晦日の今日、両親とこの家で年越しそばを食べた。
 そうこの小さな家。亀さんが一人で、熊野の木を使って建ててくれた両親の別荘。
 来年は仕事を引退する父。この家でのんびりする時間を増やす予定。私はこの一年、eco給湯のお湯を使いに、時々ここにお風呂をかりに来た。

 これがこの2年で熊野の羽市木に起きた小さな変化。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-31 20:48 | 熊野自慢  

Buon  Natale !

d0147727_22375068.jpg

 Buon Natale !!

 今年は贅沢して、パネトーネだけじゃなくて、パンドーロも買っちゃいました。
 まだ開けていません。どのタイミングで開けようかな、、。
 どちらにしても、ダイエットは来年からに。

 皆さま、素敵な一夜を。

 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-24 22:44 | 食べ物  

青の器 その21 : ルクルーゼのグラタン皿

 青のホーローのグラタン皿、見つけたからにはお持ち帰りしないと。重いので2枚だけ。
d0147727_19355076.jpgd0147727_1937127.jpg

d0147727_19362559.jpg
d0147727_19374237.jpg

 このところ東京では、レトロなお菓子屋巡りをしてまして、、、。
 番町のローザのクッキーと、自由が丘のモンブランのクッキー。
d0147727_1938949.jpgd0147727_19383336.jpg

 新しくて、複雑で、繊細なお菓子はちょっと苦手。
 今度はこのホーローに子供のころによく作った、パンプディングを作ってみようかな。クマのプーさんのお菓子教室という本に出ていた簡単レシピを思い出して。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-21 20:16 | アンティーク  

趣味三昧の週末

d0147727_825757.jpgd0147727_8264167.jpg 神上中学校での体験教室は、校長室で。ステンドグラスでクリスマスの飾り作製。生徒は初心者3名。素敵な先生と2名の女性スタッフに先生のお嬢さんで、皆さん他県出身。各地から熊野に集まってきた女性達で、熊野に対する思いを語り合いながらの教室は、もちろんお菓子付き。そこにさらにフランス人男性が、手作りのケーキを2つも持って参加。絶品ケーキにつられたからじゃなくて、絶対また参加したい楽しい体験教室だった。
d0147727_827435.jpg
d0147727_8283240.jpg

d0147727_8291012.jpgd0147727_830969.jpg
d0147727_8302167.jpg

家に帰って、色々な場所に吊るしてみる。サンキャッチャーと言うからにはやっぱり窓からの太陽光が通過する所がいいよね。
d0147727_8304964.jpgd0147727_8312579.jpg
d0147727_8324013.jpg
 土曜日は朝から革細工。今回はブローチということで、デザインを考えて、革選びから。これが大変。先生のセンス抜群の沢山の作品を見てから、自分でデザイン考えるといっても、、、。
 親子ペンギンに決定。やりながらデザインは色々変わったけれど。決して獅子岩ではありません。
d0147727_833597.jpgd0147727_8332626.jpg
 いつも持っている私の鞄は、革細工作品でいっぱい。ステンドグラスの教室でも、革細工体験の宣伝に活躍。
d0147727_8344160.jpgd0147727_835229.jpg
d0147727_8354482.jpg

d0147727_8355534.jpg
 その日は午後からはフックドラグ教室。行ってみると皆さんすでに完成されていて、まだできていない私はちょっと焦る。帰って慌てて仕上がっていた2つに、アイロンをかける。裏から見ると、結構うまくいってるように見えるのだけれど、表は、、、。そして3つ目のラストにかかると、大問題発覚。年内には完成させないといけないので、がんばります。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-20 09:16 | 手工芸  

クリスマスマルクト

 ここ数年、日本でもこの時期に色々な場所で開催されるクリスマスマルクト。今年は仕事で行った大阪の会場近くに発見。昼休みにちょっと覗いてきた
d0147727_2058339.jpgd0147727_2058239.jpg
 去年行った東京丸の内の国際会議場のクリスマスマルクトは人人人だったけれど、ここは日曜日の昼でも結構すいていた。d0147727_20584047.jpgd0147727_20585987.jpg
 クリスマスマルクトの定番、各種のソーセージ料理やホットワイン。揚げたリンゴやドーナツ。食後でなければ、、、午後も仕事が無ければ、、、試してみたかったけれど。クリスマスオーナメントは選んでいる時間もなく、今回はひやかしだけで。d0147727_20591414.jpgd0147727_20592891.jpg
 クリスマスマルクトの思い出は、やはりドイツ。友人の住んでいたデュッセルドルフで行ったマルクト。寒ーい雨の日だったから、温かい食べ物をいくつか試した。ドイツ料理を酷評していたその友人も、やっぱりマルクトは懐かしいようで、昨年は六本木ヒルズのマルクトで一番ドイツらしいソーセージ料理をたのんでいたっけ。私はやっぱりホットワインかな。コップから立ち上る湯気だけでも十分酔っぱらって温かくていい気分になれる。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-18 21:29 | 国内旅行  

泊ったのは2回目だけど

d0147727_194717.jpgd0147727_19481182.jpg 大学から一番近くにあったホテル。ロビーやレストランを利用することはあっても、東京のホテルに泊まることはなかった。でも最近、兄の結婚式以来、とっても久しぶりに泊る機会に恵まれた。やっぱりこのちょっと古いホテルは落ち着く。
d0147727_1949813.jpgd0147727_1950985.jpg
d0147727_19503462.jpgd0147727_19511068.jpg
d0147727_19512731.jpg
 折角だから、今まで入ったことがないBARに行ってみよう。
レトロなスイッチやカウンターの端のクッションが面白い。
d0147727_19531916.jpgd0147727_19542410.jpg
d0147727_19545746.jpg

d0147727_19561784.jpg
 このホテル、中華レストランでは春巻き、お寿司ならお好みで軽くつまんで、お隣の和食レストランからすっぽんのお吸い物を頼む、空腹ならルームサービス用の太巻きを頼んでみるのも。朝はもちろんカリカリのシナモントースト。cafeのメニューならジャンバラヤ、とピーチメルバかな。

 はい、やっぱり私は食いしん坊です。


[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-16 20:28 | 国内旅行  

モンブランのモンブラン

d0147727_22141496.jpg  自由が丘のモンブランのモンブラン。
小学校の頃、モンブランのケーキを戴くと、モンブランを選んで食べた。高校の頃は、モンブランのお店のショウウインドーが古臭いと感じ、大学生になって久しぶりに食べたモンブランは、田舎くさくてださい、と思った。その頃は銀座プランタンに、本場フランスのアンジェリーナができて、茶色っぽいモンブランがトレンドだった。
 でも今、モンブランのモンブランは、何かやさしい甘さで美味しい。上に乗ってるのはメレンゲ、栗クリームの下の生クリーム、スポンジの中にはカスタードクリームも。さらに甘露煮の栗発見。凄い。(もちろんこのモンブランは和栗のみを使用)
 実はこのモンブラン、歴史も凄い。なんと昭和8年(1933年)にモンブランの創業者の迫田千万億が作り、それから90年近くも続いている味なのだ。(そもそも、モンブランとは、15世紀にフィレンツェでウエルミセル(極細パスタという意味だそう)でつくられたお菓子で、1903年にはパリのアンジェリーナでも売られていたという。)
d0147727_22143172.jpgd0147727_22144989.jpg
d0147727_221541.jpg

d0147727_2215217.jpgd0147727_22153440.jpg
d0147727_2215481.jpg
 包装紙のこのグレーの色調も変わらない。

 モンブランのモンブランを美味しいと思えるようになった自分がちょっと誇らしい。歳を取るっていいかもね。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-14 22:40 | 食べ物