タグ:雑貨 ( 253 ) タグの人気記事

 

カリブーは知っている

d0147727_22372617.jpg

 高校2年の志望校面接。
 担任に聞かれた。
 「何学部に行きたいのか。」
 「工学部。」
 私の聞き取りずらい声では、担任には法学部と聞こえたようで、
 そのあとの話がかみ合わない。
 「なぜ法学部?」
「アメリカのディズニーランドのカントリーベアージャンボリーのコンピューター制御のクマの番組を見て、自分もそんな仕事がしたいと思ったから」
 担任は、こいつはだめだ、という顔をしながら、「とにかくがんばりなさい」とだけ言って、面接はあっという間に終わった。
 
 日本にディズニーランドができると、もちろんカントリーベーアージャンボリーに行った。最後に壁にかかったカリブーの首がしゃべる。口の柔らかい動きは素晴らしい。そしてお土産にはもちろん彼を買って帰ってきた。残念ながら、我が家のカリブーは無口だけれど、彼を見ると、あの面接を思い出す。その後、私は工学部受験のため、数学、物理、化学、英語を勉強した。本当は生物とフランス語を選択したかったのだけど。そして受験ではあきらめきれずに工学部も一校だけ受験した。

 今、あの頃の夢とは遠く離れた仕事をしている。カリブーはそんな私を応援してる、私はそう信じている。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-10 23:32 | つぶやき  

togemuseumのアンティーク展

d0147727_1922145.jpgd0147727_1922229.jpg
d0147727_1923823.jpg

d0147727_19233427.jpgd0147727_19243429.jpg
 月始めの10日間、毎月行われるtogemuseumの展示会。今回はアンティーク展。熊野の山里の古民家に、アンティークは良く似合う。アンティークキルトやアンティークラグの復刻作品を惹きたてるのは、古道具。
d0147727_19251725.jpgd0147727_19255280.jpg
d0147727_19261875.jpgd0147727_19265888.jpg
d0147727_19282180.jpg

d0147727_19285795.jpgd0147727_19291517.jpg
d0147727_19294238.jpg

 私もちょっと参加。なんでも持ってきて、と言われて車に詰め込む。好きに飾って、と言われて、こんな感じに並べた。
d0147727_19332161.jpgd0147727_19341196.jpg
d0147727_193510100.jpg

d0147727_19365049.jpgd0147727_1937818.jpg
d0147727_19373729.jpg

d0147727_1939910.jpgd0147727_19392934.jpg
d0147727_19411226.jpg

d0147727_19414790.jpg
 期間中の2日間は、店番も経験。200円の入場料でコーヒーをお出しする。高校の文化祭以来のドキドキのウエートレス体験。
 熊野での生活は、刺激的!!

[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-09 20:12 | 手工芸  

青の器 その20 : スープの器 ガラスのコップと

d0147727_20275658.jpg

柔らかい女性的なフォルムのスープサーバーと、武骨な男性的なグラス。なぜかこの2つの全く違う器が、お互いをひきたてている。
d0147727_2028371.jpgd0147727_20285886.jpg
d0147727_20292035.jpg

グラスの分厚い底は、酔っ払いがカウンターにグラスを叩きつけても、割れないように工夫されたもの。
d0147727_20304984.jpgd0147727_2031947.jpg
d0147727_20313233.jpg

ほんのり青い器は、かけても、割れても、きちんと修復されて、300年近く使い続けられてきた。
d0147727_2032987.jpgd0147727_20323131.jpg
d0147727_2032531.jpg

d0147727_20333495.jpgd0147727_20335268.jpg
d0147727_20342911.jpg

残るべくして残ったもの。この2つはそんな、したたか、という共通点をもつようだ。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-07 21:00 | アンティーク  

動物コレクション その25: 狸の2

d0147727_20373610.jpg
 最近、立て続けて狸をゲット。
 こいつは西荻の時計専門の古物屋で。
 戦前のもの、と言われたけれど、そんなことよりこの顔にやられた。
 それにこの太鼓腹ならぬ鈴っぱら。
 こいつを見れば、ダイエット頑張れそう。

 狸コレクション、残りの2つは、
 これこれ

すっかり忘れていたら、もう一匹いました。のんべえな奴が。忘れてごめん。
d0147727_20375876.jpg
d0147727_20381982.jpg

d0147727_20384526.jpgd0147727_20392039.jpg
d0147727_20395481.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-05 20:50 | アンティーク  

たまには

d0147727_710422.jpg


 たまには、ばーーんと1枚の写真で。

 折角の秋なのに、今年は天気も気温も変。

 熊野の海が荒れている。

 今日は波の音と、鳥の声、それに列車のガタンゴトンという音で目が覚めた。

 我が家ではこれらの音はみな山の方から聞こえる。

 この不思議な朝、体験にいらしてください。

 お客さまの予定があると、ちらかった家をなんとかするので。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-29 07:20 | アンティーク  

体験ガラス細工

 ガラス細工体験教室。作ったのは小さなガラスのマグネット2個。先生の作品を参考にガラスをちょっと切ってみたり、並べてみたり。
d0147727_19485170.jpgd0147727_19491474.jpg
d0147727_19492561.jpg

d0147727_19501962.jpg
d0147727_19504524.jpg

d0147727_19515584.jpg
d0147727_19513918.jpg


 熊野ではこういう体験教室、けっこうあるんです。
 楽しめます。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-28 20:05 | 手工芸  

ブックカバー

 久々の革細工。今回は革を切って、縫って、ブックカバーを作る。
d0147727_18452661.jpg
d0147727_1848254.jpg

d0147727_18461410.jpg
d0147727_18465571.jpg


 体験教室は土日に不定期に行われる。電話で予約して行くと、いつも違った生徒さんと一緒になる。不思議なことにこの教室、生徒さんはだいたい私と同年齢の女性。何人かのグループで来られる方が多く、おしゃべりを楽しみながらの作業となる。今回は3人組の女性。そして、若い男性の先生は新婚ほやほや。格好の餌食。一人作業をする私も耳はダンボ。先生がいつ、どこで奥様と知り合って、、etc。
 収穫の多い体験教室だった。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-22 19:02 | 手工芸  

Che cos'e ? 26

d0147727_1975160.jpg


 穏やかなこのお顔。
 熊野に住む仏師の方の作品。

どんな仏様かというと、、、、、
[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-19 19:26 | 花と動物  

盛岡の有名たてもの2つ

d0147727_19452394.jpgd0147727_19454818.jpg
d0147727_19463431.jpg

d0147727_19473984.jpgd0147727_1949347.jpg
d0147727_1950886.jpg

d0147727_19572740.jpg
 建物好きには見逃せない、
 盛岡の2つのたてもの。 
 かなりかしいだこの長屋には、雑貨屋が1軒。
 このお店、実はかなり有名。
 盛岡を紹介した女性雑誌では、
 ここで美人モデルがおしゃれ雑貨を買うように、
 亀の子タワシを買っていた。

 ついつい記念に箒でも買おうかな、
 なんて考えてしまった。
 思いとどまりましたけど、、。
d0147727_19513696.jpgd0147727_19515454.jpg
d0147727_19521292.jpg

d0147727_19524832.jpg
d0147727_19543718.jpg

d0147727_19551017.jpgd0147727_1956084.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-14 20:34 | 国内旅行  

もう一つの銀行と、自分用のお土産購入

 岩手銀行のすぐ近くにあるもう一つの銀行も、それなりの建物。ちょっと地味だけど、一応チェック。
d0147727_1847938.jpgd0147727_18481137.jpg
d0147727_1852141.jpg

d0147727_18484623.jpgd0147727_18493577.jpg
d0147727_1850180.jpg

d0147727_185542.jpgd0147727_18552536.jpg
 そしてそのまた近くに有名なお店発見。鉄瓶などの専門店。おしゃれな雑貨も並んでいる。でもでも鉄と言うことは、つまりかなりの重量。
d0147727_18534121.jpgd0147727_1854161.jpg
d0147727_18555645.jpg

d0147727_18564196.jpgd0147727_18565329.jpg
 それでもやっぱり折角だから、小さな箸おき購入。(でもホントは一人用のお鍋も買っちゃいました。)

[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-12 19:11 | 国内旅行