タグ:東京 ( 131 ) タグの人気記事

 

カリブーは知っている

d0147727_22372617.jpg

 高校2年の志望校面接。
 担任に聞かれた。
 「何学部に行きたいのか。」
 「工学部。」
 私の聞き取りずらい声では、担任には法学部と聞こえたようで、
 そのあとの話がかみ合わない。
 「なぜ法学部?」
「アメリカのディズニーランドのカントリーベアージャンボリーのコンピューター制御のクマの番組を見て、自分もそんな仕事がしたいと思ったから」
 担任は、こいつはだめだ、という顔をしながら、「とにかくがんばりなさい」とだけ言って、面接はあっという間に終わった。
 
 日本にディズニーランドができると、もちろんカントリーベーアージャンボリーに行った。最後に壁にかかったカリブーの首がしゃべる。口の柔らかい動きは素晴らしい。そしてお土産にはもちろん彼を買って帰ってきた。残念ながら、我が家のカリブーは無口だけれど、彼を見ると、あの面接を思い出す。その後、私は工学部受験のため、数学、物理、化学、英語を勉強した。本当は生物とフランス語を選択したかったのだけど。そして受験ではあきらめきれずに工学部も一校だけ受験した。

 今、あの頃の夢とは遠く離れた仕事をしている。カリブーはそんな私を応援してる、私はそう信じている。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-10 23:32 | つぶやき  

コレクターにはなれないようです

 西荻窪の小さな喫茶店で行われた、小さな骨董市。フランスから到着した古道具が並ぶ。
d0147727_19122479.jpgd0147727_19131512.jpg
d0147727_1913355.jpg

d0147727_19145588.jpgd0147727_19184123.jpg フランスやイギリスのお菓子にお茶をいただきながらの予約制の勉強会も同時に開催。ルクルーゼの若いコレクターの方の話を聞く。きちんとした記録が残っていないということなのに、とてつもなく豊富な知識量。収集を始めて、まだ3年だとおっしゃる。日本人のコレクターは本当にすごい。

d0147727_19172462.jpgd0147727_19151147.jpg
d0147727_19181485.jpgd0147727_19152957.jpg
d0147727_19165990.jpg

 海外のオークションサイトの話や、海外の骨董市の近況などを羨ましい思いで聞きながら、私はコレクターにはなれないと思う。あらゆる場所にアンテナを張り巡らして、常に勉強して、飽きずに一つのものを追い求める。
 とても無理です。

 何となく、気分で、適当に、が私のモットーです、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-08 20:10 | アンティーク  

思い出の甘味 その5: ROZA

d0147727_2003172.jpg 
 この街に来ると、確かめずにはいられない。
 まだROZAがあるかどうか。
 まだあのロシア風のチョコがあるかどうか。
 まだあの双子のシューがあるかどうか。
 
 あった!!
d0147727_2004445.jpgd0147727_2005564.jpg
d0147727_201429.jpg

 お店は開いているのだけれど、どなたもいない。写真を撮っていると、外から上品な老齢のマダムが戻っていらした。「まあごめんなさい。お待ちになったかしら。ちょっと外が騒がしかったものだから。」さてここで慌てず、この街での会話モードに変身。「今来たところです。懐かしくて、ケーキもチョコレートも。子供の頃よくケーキを友人の家でいただいたんです。学校が近かったもので。この街もずいぶん変わりましたね。」マダム「私でも駅の前の道は知らないお店ばかりになって。うちは全く変わっておりませんのよ。チョコもケーキも昔のままで。お住まいはどちら?現金書留をお送りして、配送もやっておりますよ。夏場ならチョコレートには氷をお入れして。」
 高校1年の頃、一番仲の良かった友人はシモーヌと呼ばれていた。学校帰り、ROZAの前を通ってよくシモーヌの家に遊びに行った。学校帰りに寄っていいのは本屋だけだったので、ROZAでシューを買うことはできなかった。でもシモーヌの家に着くと、ちゃんとROZAのケーキが出てきた。当時でもROZAのケーキはクラシカルだった。シモーヌはそこがいい、と言っていた。
 
 もちろんチョコとシューを買って、シューは駅前のベンチで食べてみよう。
d0147727_2013522.jpgd0147727_2014993.jpg
d0147727_2021853.jpg

d0147727_2032972.jpgd0147727_2034870.jpg  85歳位ではないかと思われるマダムは何度もレジと格闘して、20円おまけしてくれた。そして、シューを食べてみる。きっとマダムのご主人はさらに年上の方にちがいない、そんな気がした。
d0147727_2041382.jpgd0147727_2010978.jpg
 チョコは熊野に持ち帰ってきた。この包装紙、全く変わっていない。文字はロシア語。子供だったからか、ウイスキーボンボンは記憶にないけど。他の包装紙はたぶんどこかにとってあるはず。いつか探し出して、比べてみよう。
d0147727_20102562.jpgd0147727_20103936.jpg
d0147727_20105869.jpg

d0147727_20113154.jpgd0147727_20114617.jpg
d0147727_2012987.jpgd0147727_20122465.jpg
d0147727_20123690.jpg

d0147727_20133821.jpgd0147727_20135269.jpg
d0147727_2014816.jpg d0147727_20142426.jpg
d0147727_20144330.jpg

d0147727_20154548.jpgd0147727_2016422.jpg マダムは最後にこう言われた。「まあ、楽しくて、すっかりおしゃべりしてしまったわ。またお越しくださいね。今度いらした時には、わたくしは消えてしまっているかもしれませんけれど。」「いつおうかがいできるか解りませんが、お元気で」そう言って私はROZAを後にした。
d0147727_20164585.jpgd0147727_20171791.jpg
d0147727_20172914.jpg

d0147727_2017512.jpgd0147727_2018490.jpg 私が12年間学校に通ったこの街は、すっかり様変わりしてしまった。広い庭に古い洋館、そんなお屋敷は一つもない。街路樹の銀杏だけが、シモーヌと私の冒険を知っている。
d0147727_21285970.jpgd0147727_21292258.jpg
d0147727_21294512.jpg


 チョコはちっとも変っていなかった。ロシアが憧れの地だった時代の味なのかもしれない。
 ROZAはずっとROZAのまま。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-03 21:44 | 食べ物  

体験教室

d0147727_2033287.jpg
 イベントで行われる、さまざまな体験教室。
 結構好き。
 これは東京ドームの器展の絵付け体験で。
 始めて硝子に絵を描いた。

d0147727_20335189.jpg
d0147727_2034688.jpg

d0147727_20343593.jpg
d0147727_2035175.jpg
 今まで沢山の手芸関係をちょっとかじってみた。
 1回だけのもの、数か月続いたもの、
 材料だけ買ってあるもの。
 いくつになってもやることは一緒で
 来月はガラスアート体験、申し込み済み。
 今から 楽しみ!
 

[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-14 21:07 | 手工芸  

閉館早すぎ、、、。

d0147727_20315871.jpg
 横浜建物巡りは、暑さのピークを避けて出かけたので、残念ながらどの建物も中には入れず。
d0147727_20334073.jpgd0147727_20342459.jpg
d0147727_20344810.jpg

d0147727_20353990.jpgd0147727_20361586.jpg
d0147727_20363922.jpg

d0147727_20371071.jpgd0147727_20394530.jpg やっぱり下調べって必要。硝子越しに中を覗きながら、痛感。
d0147727_20373261.jpgd0147727_20384088.jpg
d0147727_20391125.jpg

d0147727_20411953.jpgd0147727_2042854.jpg
d0147727_20423070.jpg

d0147727_20424661.jpgd0147727_20431169.jpg
 こっちの建物も閉まった後。残念なので、レンガ倉庫まで歩いてみる。そして帰りはこれ、始めて乗ってみた。運転してるお兄さん、この客重いなあ、なんて内心思ってるんじゃないか、気になるところだけど。
d0147727_20445726.jpgd0147727_2045121.jpg
d0147727_20452860.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-13 20:58 | 国内旅行  

SWEET LITTLE STUDIO

d0147727_195819.jpg


 この店、このペンギンから、私の雑貨好き、ペンギン好きは始まった。
 代官山のヒルサイドテラス、今はクリスマスカンパニーがある場所。
 その同じ場所にスィートリトルスタヂオはあった。
 15歳くらいの私には、夢の店だった。
 その頃、お小遣いは月3000円。
 お店にある雑貨で、買えるものはほとんどない。
 だからいつも買うのは、口の中ではじける粒々のラムネか、カレー味のキャンディー。
 この店は、駄菓子もとってもおしゃれで、ちょっと違った。
d0147727_1953569.jpgd0147727_1955210.jpg
d0147727_196455.jpg


 ある時、やっとお店のロゴマークの入った、私のお小遣いで買える雑貨を見つけた。
 それがこの小さなコットンの袋。
 本当は、このペンギンのついたトレーナーが欲しかったのだけれど。
 
 しばらくして、お店は1年中クリスマスの雑貨を売る店に変わった。
 そして新しい店には、このペンギンも、口の中で爆発する駄菓子も無かった。
 でも今でも代官山に行って、その場所に行く度に、
 あの時、この袋を自分の物にした瞬間のうれしさを思い出す。
 大切な宝物。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-12 19:35 | 花と動物  

珍しく古着それも柄物

d0147727_19144625.jpg
 古着屋にはほとんど行ったことはない。だからこれは銀座のアンティークモールで買った古着。アロハの古着専門店だった。ハワイに行ったことも無いし、およそ自分の柄ではないのだが、なぜかこの1枚が気にいった。
 青だからか、生地の裏を表に使っているへそ曲がりなところか?それもある。でも大きなポイントは、

d0147727_19152987.jpgd0147727_19154798.jpg
d0147727_1916797.jpg

d0147727_19163042.jpg
 このシャツの襟がボタンダウンだったこと。
 好きなんです。ボタンダウンのコットンのシャツ。
 
 流行には全くついて行けないので、洋服を買いに行くのはとっても気が重い。
 でも最近は、ユニクロにボタンダウンがあるので、結構それで生活できてる。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-10 19:57 | アンティーク  

ふらふらと

 横浜をゆっくり歩いたのは、実はこれが初めて。下調べも無く、何となく歩いてみよう。
 木陰に見える建物は?
d0147727_73496.jpgd0147727_733486.jpg
d0147727_735565.jpg

蔦が撮っても似合う建物。残念ながら開館時間は終了したところで、中は見れず。d0147727_743574.jpgd0147727_745125.jpg
d0147727_754498.jpg

d0147727_76956.jpg
d0147727_764375.jpg

 ここにもちょっといい感じの建物。階段を上がって中を覗いては見たけれど、そこでまたUターン。d0147727_772855.jpgd0147727_78928.jpg
d0147727_78235.jpg

d0147727_784786.jpgd0147727_79325.jpg
d0147727_791745.jpg

もう少し涼しくなったら、今度は朝からお散歩しよう。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-03 07:19 | 国内旅行  

横浜と言えば、ニューグランド

 横浜と言ったら、やっぱりニューグランドホテルでしょう。もちろん行ってきた。
d0147727_2045813.jpg
d0147727_2051840.jpg

入口を入るとすぐに階段。これは古いホテルの定番スタイルなのか。階段の裏にも回ってチェック。
d0147727_2063274.jpgd0147727_2065827.jpg
d0147727_2073024.jpg

2階のラウンジは高い天井に、大きな窓、そして座り心地のよさそうな椅子が並ぶ。
d0147727_2010436.jpgd0147727_20104956.jpg
d0147727_20114864.jpg

d0147727_20134249.jpgd0147727_20143238.jpg
d0147727_201458100.jpg

d0147727_20152767.jpgd0147727_20155113.jpg いつものように天井の飾りや照明をチェック。

そしてここには座ってみたい椅子が沢山。ソファーも椅子も、座り心地がよさそうだ。
d0147727_20163428.jpgd0147727_2017373.jpg
d0147727_20184517.jpg

d0147727_201918100.jpgd0147727_20195669.jpg
d0147727_20202983.jpg

d0147727_20204690.jpgd0147727_20214537.jpg
 宿泊するわけではないので、せめて全部の椅子に座っておこう。そしてなでなで。
d0147727_20233677.jpg
 
 ニューグランドには、今までイタリアンレストランで食事をしたことがあるだけ。
 いつかは、懐かしいレストランで食事して、桟橋で風に吹かれて、
 ラウンジでまったりしてから、泊ってみようっと。

 さしあたって今回は近くの明治屋で、南米のミートパイで腹ごしらえ。そんなもんです。
d0147727_20584776.jpgd0147727_20592112.jpg
d0147727_20593353.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-02 21:07 | 国内旅行  

新しいお気に入りの場所

d0147727_5565774.jpg
d0147727_5574017.jpg

 横浜にこんな場所があるなんて、知らなかった。東京から近いのに、日曜日の夕暮れ時に人であふれていないなんて。イタリア人の設計した桟橋はとってもおしゃれ。
d0147727_5575950.jpg

d0147727_5595618.jpg
d0147727_601218.jpg

d0147727_612086.jpg
d0147727_62132.jpg

 ただ七色に変わる空を見つめていたい場所。都会の夜景はいろんな気持ちを思い出させる。時にはここに桟橋よりも長い豪華客船が停泊するという。そのきらきらする輝きの世界も、いつか見に来てみたい。
d0147727_633240.jpg
d0147727_6133856.jpg

 そう、やっぱり私は海が好き。
d0147727_653087.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-01 06:26 | 国内旅行