タグ:景色 ( 253 ) タグの人気記事

 

地理的には熊野とはちょっと言えないけれど

 熊野に移ってから好きになった物。神社と灯台。
 今回の神社は瀧原宮。杉の間、砂利道をまっすぐ歩く。
d0147727_1959527.jpgd0147727_2003155.jpg
d0147727_2014650.jpg

 入口の立て札、この文面いいなあ。辿り着いた先は、いい感じのお社が並ぶ。
d0147727_2031223.jpg
d0147727_2033482.jpg

d0147727_2042490.jpgd0147727_2044653.jpg

 やっぱり神社はこのシックな感じがいい。
d0147727_2092994.jpgd0147727_2095181.jpg
d0147727_2010296.jpg

d0147727_20111031.jpgd0147727_20123674.jpg
d0147727_20125053.jpg

d0147727_20131537.jpgd0147727_20143153.jpg
 この白と黒の境界にはきっと何か意味があるのだろう。
 シックモダン。

 足で崩したら、やっぱりばちがあたるのかなあ。

d0147727_20134387.jpg ここは大宮大台という紀勢道のインターの近く。熊野から伊勢に行くには国道42号をひたすら走って、高速の入り口は大内山。大宮大台はその次のインターなので、高速が伸びてからはめったに寄らなくなった場所。廃屋を修復していた数年前は、ここまでしか高速が無かったので、このインターは懐かしい場所。だから、ここも私には「熊野」。神社の前のお店だって、「くまのや」。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-09 20:48 | 熊野自慢  

暗雲

d0147727_19162084.jpg
 昨日のテレビを見ていたら、沸き起こってきた気分を象徴する1枚。
 
 この写真は、母の山を見に奈良県の下北山に行った時に撮ったもの。
  
 祖父の時代、ここの山からの収入は、生活するのに充分なものだった。
 大きな買い物をする時は、山の木を売る、それが当たり前のことだった。
 私の生まれた家も、今住んでいる家も、この山が建ててくれた。

d0147727_1991933.jpgd0147727_19154052.jpg

 山を見に行くと、山を守ってくれている方は、熱心に案内してくれる。あの立ち枯れの木の横が境界線で、、、、あの剥げた場所は、植林されずに放置されていて、、、etc。d0147727_19102036.jpgd0147727_19104296.jpg
d0147727_19131535.jpg

 そして、杉の間を歩く。そこには道があり、橋があり、小川がある。d0147727_19134119.jpgd0147727_1914055.jpg
d0147727_1915776.jpg

 日本は国の面積の2/3が森林だという。資源が無い国に唯一あるのは、森林資源。それが今、外国に買われているという。テレビでは、熊野にも中国人が山を買いに来たと紹介されていた。北海道ではすでにイギリスや中国の資本に買われた広大な森林があるとか、長崎の離島まで中国人が現れたとか。
 今の日本の林業の状況では、気がついたら、日本国の2/3は外国人のものになっていた、なんてことがあり得るのかもしれない。
 日本の山は、やっぱりずっと日本の山であってほしい。毎春花粉症に悩まされる私だけれど、杉や檜の植林やブナの原生林のある山であってほしいと思った。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-08 19:50 | つぶやき  

che cos'e ? 26

d0147727_2283927.jpg


さて、ちょっといびつなお顔のこれは、数年前に行ったスロベニアで見つけた。

なーーんだ?
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-05 22:33 | 海外旅行  

証拠写真

d0147727_7393294.jpg

 アルバムを整理していて見つけた写真。スキャナーで取り込んだ。
 運動神経皆無のくせに、中高ではサッカー部、大学ではヨット部に所属した。
 もちろんどちらも全くのベンチ暖め要員。
 サッカー部時代の写真はないし、ヨット部時代の写真も海の上のものは少ない。
 これはその数少ない写真。先頭を走っている1412のスキッパーは多分私。

 12年間の女子校生活を送った私にとって、ほとんどが男子の大学は全くの異次元だった。
 極端な性格の私は、どうせなら思いっきりらしくないクラブに入ろうとしたのかもしれない。
 時代はバブル。東京の私立大学のヨット部である。合宿所は葉山。先輩達は超イケメン(?)
 想像してみてください。
 
 でもその期待は初日で消えうせた。
 想像を絶する汚い合宿所。食費は一日100円の自炊生活。
 朝食は具なしの味噌スープと生卵。気をつけないとスープにゴキブリが潜んでいたことも。
 お昼のお弁当は食中毒を起こした過去があるというので、毎日梅干のおにぎり2個だけ。
 流石の遊び人風先輩達も、彼女をそんな合宿に連れてきて、ご飯を作って、
 とは頼めなかったようで、食事当番は1年生の仕事だった。
 もちろんそれまで料理などした事が無い人達。
 土間のお釜でご飯を炊いて、中華鍋と寸胴鍋で全員のおかずを作った。

 台風が接近というニュースが流れると、係留の状況を夜中でも葉山に駆けつけた。
 その時のマストがカランカランとなる音。嵐の前の落ち着かない気分。
 夜中にマリーナで見た夜光虫の綺麗で不思議な輝き。

 ヨット部の思い出は、ヨットそのものよりも、数々の目新しい体験だ。
 もちろん、この1枚の写真のように、全身に風を受けて、その力で先頭を走る、
 その爽快さは格別だけれど。

 猛暑の今年。海の上はきっと少しは涼しいはず。
 水面から遠い豪華クルーザーには全く惹かれない。 
 では昔を思い出して、ディンギーに乗りたいか、というとそれも自信が無い。
 実は今はシーカヤックに興味津々。
 熊野の近くには、いくつかの体験教室があるらしいのだ。
 より水面に近いボートなら、中年おばさんでもできるのではないかなあ。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-04 08:35 | つぶやき  

ふらふらと

 横浜をゆっくり歩いたのは、実はこれが初めて。下調べも無く、何となく歩いてみよう。
 木陰に見える建物は?
d0147727_73496.jpgd0147727_733486.jpg
d0147727_735565.jpg

蔦が撮っても似合う建物。残念ながら開館時間は終了したところで、中は見れず。d0147727_743574.jpgd0147727_745125.jpg
d0147727_754498.jpg

d0147727_76956.jpg
d0147727_764375.jpg

 ここにもちょっといい感じの建物。階段を上がって中を覗いては見たけれど、そこでまたUターン。d0147727_772855.jpgd0147727_78928.jpg
d0147727_78235.jpg

d0147727_784786.jpgd0147727_79325.jpg
d0147727_791745.jpg

もう少し涼しくなったら、今度は朝からお散歩しよう。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-03 07:19 | 国内旅行  

新しいお気に入りの場所

d0147727_5565774.jpg
d0147727_5574017.jpg

 横浜にこんな場所があるなんて、知らなかった。東京から近いのに、日曜日の夕暮れ時に人であふれていないなんて。イタリア人の設計した桟橋はとってもおしゃれ。
d0147727_5575950.jpg

d0147727_5595618.jpg
d0147727_601218.jpg

d0147727_612086.jpg
d0147727_62132.jpg

 ただ七色に変わる空を見つめていたい場所。都会の夜景はいろんな気持ちを思い出させる。時にはここに桟橋よりも長い豪華客船が停泊するという。そのきらきらする輝きの世界も、いつか見に来てみたい。
d0147727_633240.jpg
d0147727_6133856.jpg

 そう、やっぱり私は海が好き。
d0147727_653087.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-01 06:26 | 国内旅行  

Dov'e? ①

d0147727_1972489.jpg
 久しぶりに建物を見に行こう。
 暑さのピークの過ぎた3時すぎに家を出る。
 夕暮れの美しい場所と聞いたから。
 そう、ここはほろ苦い思い出が似合う場所。
 こんな車も
 こんな緑も
 違和感なく溶け込む街
d0147727_19115481.jpgd0147727_1913798.jpg
d0147727_1934516.jpg


d0147727_19164566.jpg
d0147727_1932498.jpg

d0147727_1915727.jpg
 さて、ここはどこ?


それは
[PR]

by mobiliantichi | 2010-08-31 20:02 | 国内旅行  

boku岩

d0147727_20582463.jpg

d0147727_20595633.jpg
 熊野には色々な名前の付いた岩がある。
 でもこの岩にはたぶん名前はない。

 みなと距離を置いて、猫背でとぼとぼ歩く姿。

 なんだか鏡を見るようで、親近感を感じて、
 本日ここに「私の岩」と命名。

 ところで、後ろの山の白い球体はなんだ?

[PR]

by mobiliantichi | 2010-08-25 21:36 | 熊野自慢  

季節は確実に

 熊野の花火大会は今年も8月17日に予定通り開催された。今年は仕事場の仲間の取ってくれた特等席で、東京の学校に通う親戚の大学生を感動させることができた。
d0147727_2148431.jpg
d0147727_21483223.jpg
 花火が終わると、夏はあっという間に終盤へ。稲刈りも始まって、今年の新米をさっそく食す。
d0147727_2149878.jpg
d0147727_21503145.jpg
 秋は一番好きな季節。これから、美しい日本の山里、堪能の予定。d0147727_22141519.jpg
d0147727_22145580.jpg

d0147727_22195050.jpg
 まずは亀さんの作ってくれた、木戸を開けて、
 線路の向こうに出かけてみよう。
 
 亀さんは木戸でも手を抜かない。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-08-21 22:26 | 熊野自慢  

横からでも上からでもたぶん裏からでも

d0147727_20415871.jpg
 明日は唯一熊野が人であふれる1日。そう熊野大花火大会だ。前日の今日、我が家の町内でも花火が上がる。人出が少なく、浜からあげるので、かなり近くで見れて、それなりに迫力がある。前夜祭気分で、ここ数年欠かさず見に行っている。暗くなる頃、浜の灯篭を目指して歩く。
d0147727_20424989.jpgd0147727_20433763.jpg
d0147727_20442555.jpg

 防波堤に座って待つ間に、近くの他の町や、岬の裏の町でも花火が上がった。一日で3か所の花火。ちょっと得した気分。
d0147727_20451716.jpgd0147727_20453435.jpg
d0147727_2045465.jpg 灯篭が花火の炎で燃やされたのを合図に、打ち上げ開始。お腹に響く音を聞きながら、今まで見たいろんな花火を思い出した。

 浅草に住んでいた時、マンションのベランダから乗り出して見た隅田川の花火。横から見ると花火って1本線なんだよ、なんて言われたけれど、横からでもちゃんと丸いことを確認できた。
 12月31日の23時過ぎに、パリの空港を離陸する飛行機に乗ると、花火を見下ろすことができる。窓の外を眺めると、いろんな町で小さな花火が上がっているのが見える。上からでも、やっぱり花火は丸かった。

 いつか、豪華客船に乗って、裏から熊野大花火を見てみよう。自分の方に迫ってくるように見える花火が、裏から見ると遠ざかって行くように見えたりして。そんなはずないか、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-08-16 21:17 | 熊野自慢