タグ:動物 ( 88 ) タグの人気記事

 

不思議の国 奈良

d0147727_18263482.jpg
 ブログを休む、と言った途端、色々なところから反響をいただいてびっくり。とてもありがたいことです。やらなければならないことが溜まった時の私の行動といったら、、、。はい。逃避。アジアカップの優勝も知らず、早朝に熊野を出発して向かったのは、大好きなワンダーランド 奈良。
手袋した手で、奈良の不思議な物にデジカメを向けてきた。

d0147727_1827151.jpg
 溝に嵌まった鹿は、助けて欲しそうに見えたのだけど、どうやら自らすすんで嵌まっているらしい。側溝には美味しいものがあるというのか、風が防げて暖かいのか。
d0147727_18281737.jpg

d0147727_18285343.jpg おかしな顔も発見。
d0147727_18294398.jpg
 暖を取るために入った茶屋では、芯から暖まりそうな、ぜんざいや雑煮を頼みたかったのだけれど、名物のわらび餅とうたってあったので、頼んでびっくり。アツアツのとろけるわらび餅。
d0147727_18301027.jpgd0147727_1830407.jpg
 亀の干物?実際は影の尻尾がゆらゆらしていて、釣りあげられたすっぽんにも見えた。
d0147727_1831955.jpgd0147727_18312043.jpg
d0147727_18313281.jpg

d0147727_18331431.jpg 奈良に行くといつもお食事をご一緒させていただいている、満月さんご夫婦とチャレンジしたお店が最高にワンダーランド。上品なマダムが一人でやられている発酵料理のお店。キャベツ以外のすべての食材に発酵処理がされているという。どれも凄く薄味なのに、どこか違う。香りは発酵を感じさせるけれど、味、食感、すべて今まで体験したことがない。マダムの説明を聞いても、頭の中は????だらけ。
 そこで満月さんから、この本を渡された。このブログを読んでくださっている方から、言付かったものだという。お名前も知らないので、お礼を言うこともできないため、この場を借りて、お礼を言わせていただきます。
 自己満足のつぶやきブログ、いつも読んでくださってありがとうございました。パワーアップして再開とはいかないと思いますが、細々とは続けていくつもりですので、もう少しお待ちいただければ幸いです。いつか、奈良の満月アンティークさんのところで、お会いできるとうれしいです。貴重な資料をありがとうございました。 

[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-31 19:20 | 国内旅行  

動物コレクション その26: ペンギン 追加

d0147727_2004915.jpg
 この哀愁の漂う後姿を見たら、買わないわけにはいかないでしょう。
 足が凍りそうなほど冷えた地面と、身を切るような冷たい風の吹く有楽町のビルの谷間で見つけた。まあペンギンの彼にとっては、故郷南極に比べたら、ちょろいもんだろうけれど。南国熊野に慣れた元東京人には、今回の大江戸骨董市は寒すぎた。早々に退散していつものタイ屋台料理店で、タイ風雑炊で暖まることに。

 100円で彼を手に入れて、満足満足。
d0147727_201993.jpgd0147727_2012219.jpg
d0147727_2013420.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-18 20:13 | 花と動物  

牛乳石鹸 牝牛が踊る

 恥ずかしながら、フックドラグ作品の発表会のご報告を。
d0147727_19392725.jpg

d0147727_1940836.jpg


初心者の私は、質より量作戦。savignac の出世作 モンサヴォン牛乳石鹸の牝牛ポスター、その1とその2。それに晩年のsavignac が、恩師カッサンドラのキャラクターと牝牛にダンスをさせたポスター舞踏会の3部作。これで、今年度のフックドラグはめでたく〆。d0147727_19134460.jpgd0147727_19141286.jpg
d0147727_19144326.jpg

d0147727_19151054.jpgd0147727_19152915.jpg
 1年先輩の方々のsavignac ポスターはとっても美しくて、かわいい。エールフランスのキリンは、私も大好きな柄で、欲しい!
d0147727_19161649.jpgd0147727_19164343.jpg
d0147727_1917830.jpg

もっと先輩の方々はやっぱりすごいなあ。モディリアーニの三つ編みの女の子は、モディリアーニの絵画よりもモディリアーニっぽい。
d0147727_19173420.jpgd0147727_191857.jpg
d0147727_19184653.jpg

d0147727_19194921.jpgd0147727_19201658.jpg
d0147727_19211337.jpg

d0147727_19314633.jpgd0147727_19322713.jpg
 自分で絵を書かれて、それをラグにされた方や、亡くなられたご主人の作品をラグにされた奥様も。
 とっても手に入れられない絵画でも、ラグにすれば、私のもの。やりたい絵はまだまだある。でも来期のテーマは幾何学模様。ということで、モロッコやトルコのイスラム教国を旅行した時の写真を見直して、ただいま幾何学模様勉強中。

 明日、明後日、店番してます。フックドラグ体験もできます。でもちょっとスタッフの人出不足なので、時間に余裕のある方にかぎり(?)、風伝峠の近くまで足をお運びください。
[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-08 20:03 | 手工芸  

うさぎ

d0147727_0474631.jpg
 あけましておめでとうございます。

 今年も沢山着こんで母と2人、一番近い世界遺産 花の窟 へ初詣。
 新年とともに浜から低く上がる花火。
 今年の花火は演出もいい感じ。
 参道には、太鼓の音が響く。
 ご神体の岩はライトアップされて、木の影が映る。
 冷え切った体を、振る舞いのうどんで温める。うまい!
 星空を見上げて、星座を探しながら家路を戻る。

 今年もいい年になりそうです。

 (そうそうこのウサギは、東京の我が家の近くにあるお宅のもの。)

[PR]

by mobiliantichi | 2011-01-01 00:58 | つぶやき  

polpo ripieno

d0147727_20414927.jpg 今でも思い出すと赤面する間違いを一つ。イタリア語を習っていたころ、この時期には、クリスマス料理の思い出を聞かれることが多かった。ある時、スタッフィングの詰まった、我が家のローストチキンについてしゃべった。先生や他の生徒の皆が不思議な顔をしている。そして先生が「それは日本の伝統料理なのか?」と聞いた。私はどうも「鶏 pollo」と言うつもりで、「蛸 polpo」と言ってしまっていたのだ。

 新神戸駅で、明石のタコ飯弁当を買った。
 これは一種の polpo ripieno スタッフィング オクトパス 。
d0147727_2042326.jpgd0147727_20424494.jpg
d0147727_2043726.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-13 20:58 | 食べ物  

もう一度見てみたい映画は?

d0147727_2141245.jpg
 内容は全く覚えていない。でも、だから、もう一度見てみたい映画。

 確か精巧な着ぐるみを着た踊り子が踊る、バレエの映画だった。カエル役の踊り手の跳躍場面と、鼠役の踊り子達がお互いの尻尾を持って丸くなって回る場面だけが記憶に残っている。

 映画なんてほとんど見たことが無いのだけど、これは高校のころにシモーヌと映画館に行って見たもの。映画に詳しい友人に調べて貰ったら、DVDにもなっていないし、ビデオもない、と言われた。そう言われると、ますます、、、、。
d0147727_21413089.jpgd0147727_21474136.jpg
d0147727_21415390.jpg

d0147727_21434710.jpgd0147727_2144930.jpg
d0147727_21443296.jpg

d0147727_21445717.jpgd0147727_21454593.jpg
d0147727_214619.jpg

 この映画、見た事ある人います?
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-12 22:18 | 花と動物  

就職活動中だそうです。

 なぜか東京の我が家の近くには、甲斐犬の銅像がある。
 甲斐犬と言えば、師匠のお店の警備担当の彼、ジェームズ。

d0147727_20135653.jpgd0147727_2014816.jpg
d0147727_20141612.jpg

d0147727_20142592.jpg
d0147727_20143554.jpg

 ジェームズはとても頭がいい。だから彼は今の自分の立場を理解している。
 そう、今、彼は必死に就活中。
d0147727_20154227.jpgd0147727_201758.jpg
d0147727_20171953.jpg

d0147727_20224396.jpg
d0147727_20242153.jpg

 彼が今まで働いてきたこの場所に、本当に彼は溶け込んでいた。売り物のアンティーク家具の間を巡回する姿は、寡黙で優秀な警備員そのもの。一言多い店主と違って、彼の声はめったに聞こえない。

 ここは今閉店セールをしている。そして年内でジェームズは職を失う。久しぶりにお店に行った私に、彼はいつになくからんできた。半額になった商品を物色する私の脚に盛んに甘噛みして、撫でてくれと催促。確かに熊野の家に警備担当がいてくれたら、安心だけれど、、、、。

 12月中に八王子のガスリーズハウスアンティークスに行くと、掘り出し物と、就活にせいを出すジェームズと、ちょっと歳を取った店主に会える。ぜひ行ってみて下さい。
d0147727_2023273.jpgd0147727_20232677.jpg
d0147727_2023522.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-07 21:08 | 花と動物  

猿知恵

d0147727_9541869.jpg  今年の夏に聞いた猿の話を一つ。
  山里で一人暮らしのおばあさん。孫が来るというので、お昼ごはんを用意して、うたたね。目覚めると食卓で孫が食事中。「○○ちゃん、ずいぶん小さくなったねえ」その声に孫が振り向くと、実はそれは孫ではなくて、真っ赤な顔のお猿さん。おばあさん、腰を抜かして、「助けてー」と叫ぶ。それでもお猿さんは食事を続ける。そこにお隣のおじいさんが石ころを手におばあさんを助けに現れて、猿を撃退。ところが話はそこで終わらない。それからが恐ろしいところ。
 翌朝、おじいさんが外に出てみると、猿の大群がおじいさんの家の屋根に上って、瓦をはがして、投げ捨てている。もちろんおばあさんの家の瓦は無事。

d0147727_9545935.jpg

 伊勢の酒屋の屋根で飲んでるお猿さん。横にいる小猿に、そんな武勇伝を披露している。
 そう見えません?
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-06 10:10 | 花と動物  

動物コレクション その25: 狸の2

d0147727_20373610.jpg
 最近、立て続けて狸をゲット。
 こいつは西荻の時計専門の古物屋で。
 戦前のもの、と言われたけれど、そんなことよりこの顔にやられた。
 それにこの太鼓腹ならぬ鈴っぱら。
 こいつを見れば、ダイエット頑張れそう。

 狸コレクション、残りの2つは、
 これこれ

すっかり忘れていたら、もう一匹いました。のんべえな奴が。忘れてごめん。
d0147727_20375876.jpg
d0147727_20381982.jpg

d0147727_20384526.jpgd0147727_20392039.jpg
d0147727_20395481.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-05 20:50 | アンティーク  

Che cos'e ? 26

d0147727_1975160.jpg


 穏やかなこのお顔。
 熊野に住む仏師の方の作品。

どんな仏様かというと、、、、、
[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-19 19:26 | 花と動物