タグ:修復 ( 98 ) タグの人気記事

 

伊作の絵 その後の経過報告

 和歌山県立近大美術館に預けてあった西村伊作の絵。遂にこの絵の修復が始まった。美術館の方のご好意で、東京の目白にある修復研究所21という会社に届けていただいた絵。修復方法の相談にその場所を訪れた。一人で行くのはなんとも気後れするので、友人を引っ張り出して、2人での訪問。所長の女性は多分私達と同年代位の方で、ずぶの素人の私達にも判りやすく、この絵の今の状況、修復の必要性、そのやり方にとどまらず、絵画修復についての会社の考え方などを、今までの事例を交えて説明してくれた。その後に実際の修復現場も見せてくださった。
d0147727_20263619.jpg

d0147727_20265479.jpg
d0147727_202776.jpg

 この絵は、一度かん水しているという。そのために布が縮んで、絵の具がはがれかかっている。絵の架けてあった場所は、雨漏りはなかったが、家自体を数十年の間、閉切ったままだったこと、そして熊野は湿気の多いところであったことが原因だろう。d0147727_2028854.jpg
d0147727_20275025.jpg

 キャンバスを張っている木枠は、手作りなのか華奢で、数年前に展覧会用に最低限の補修をしたときにすでに波打っていたため、補強されていた。今回はこの木枠から絵を取り外して、修復を行い、その後にこの木枠が使えるかどうかは、現時点では判らないと言われた。d0147727_2031289.jpg
d0147727_20294019.jpg


 ここ数年は美術館の空調の整った倉庫にあった絵。これからこの絵がもとにあったこの場所に戻ってくる事になる。隙間風、埃、日光。これらの影響を考えると、アクリル板を絵の前に入れること、絵の後ろにはやはりカバーを取り付けることが必要だろう。
 修復家は言った。「1年に一回とは言いません。せめて2年に1回でも、晴れた10月に風通しのいい室内で、後ろのカバーを外して、アクリル板との距離もあけて、絵の陰干しをしてあげてください。そしてその時にその絵をじっくり見てあげてください。そうすれば、どこかに傷みがきていないか、ということを早い段階で発見する事ができるのです。」この言葉、絵に留まらない気がして、とっても耳が痛かった。

 絵の修復が終わるのは、早くて年内。それまでに、もうちょっとこの場所を綺麗にしておかないと。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-09-06 21:09 | 古民家修復  

緞帳

d0147727_20114253.jpg

 やっと最後の窓にカーテンが付いた。
 フランスのキルトのカーテンは、母には「緞帳みたい」と言われた。
d0147727_20122768.jpg

 何しろある物でやる、という修復なので、カーテンクリップはサイズはバラバラ。
 元の窓ガラスのレールを代用したカーテンレールは、ちょうどいい長さの物はないし、切る道具もなくて、合わせてちょっと足りない2本を使ったので隙間ができている。
 しばらく押入れに仕舞っていた間にできた皺は、吊るしておけば自然にとれるだろうか。
 カーテンを上に束ねて挙げるための細工は、これから考えないと。
d0147727_20135826.jpg
d0147727_2014108.jpg

 でもなんといってもサイズがぴったりだから。
 まあ本来なら縦に使うカーテンを横にしたのだけど。
d0147727_2015581.jpg

 相変わらず、自己流のいい加減なゆるい修復でごまかしている毎日。
 もちろん私の血液型はA型ではなくて、B型である。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-25 20:44 | 古民家修復  

裏から見ると

d0147727_20122028.jpg
 裏から見ると、そのぼろぼろ具合がよくわかる。修復の最初は屋根。瓦を下して、天井裏があらわになると、そこはぼろぼろの状態。亀さんはまさかこのは残さないと思ったようだが、やっぱりここは家の正面。またまた無理を言って、温存してもらった。ペンキを塗れば、なんとか表は見れる状態に。
d0147727_20162062.jpg
d0147727_2015327.jpg

d0147727_2012508.jpg
 こちらもこの家のチャームポイント。部屋の天井の四隅の空気穴。裏から見ると、汚れた網が乗っている。何十年分の埃の跡は、ちゃんと空気穴として働いていた証拠。

d0147727_20205934.jpg
d0147727_20202485.jpg



 実はきちんと屋根ができた今でも、屋根裏に登る秘密の通路がある。一人で登るのは怖いので、どなたか天井裏見学ツアーに同行してくれませんか?ただし、天井が抜けると厄介なので、体重制限は設けさせてもらいますが。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-20 20:46 | 古民家修復  

安易な修復

 廃屋を整理した時、骨董屋さんも持っていかなかった家具があった。この写真の3つ。
 そこの場所にあわせて、多分、大工さんが作っただろう家具。
 曲がっているし、全くいい木を使っている訳でもない。
d0147727_2151147.jpg
d0147727_21511351.jpg


 そんな家具は部屋に使ったペンキの残りで、塗っちゃいました。
d0147727_21521157.jpg
d0147727_21522537.jpg

d0147727_21535635.jpg

 安易な修復。
 でもこんな物が、結構重宝している。ボイラーのカバーなんてトイレのサイズにぴったり。
 満足、満足。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-07-18 22:07 | 古民家修復  

ショック!!

 ずっとはっきりしない天気が続いていた熊野。ほとんど毎日曇りで、1回は雨が降った。だから洗濯は部屋干しだった。久し振りの快晴の週末、母屋の奥にある物干しに洗濯物を干しに行って、見つけたのは、、、、。
d0147727_20331497.jpg

 いったいいつ崩れたんだろう。確かに今年の梅雨の雨は、夜中に豪雨や台風なみの強風となった日も多かった。それにしても100年近く持ちこたえていた石垣がこんな無残な姿になるなんて。
d0147727_20333312.jpg

 困った時は大工の亀さんに電話。亀さん、休みの日だというのに、駆けつけてくれた。本当に亀さんがいなかったら、熊野の家の管理人の仕事は私には勤まらないだろう。石垣の向こうには線路があるし、このままだと雨でもっと崩壊が進むだろう、ということで、とにかく応急処置を施すこととなった。
 生まれて始めて、亀さんの指導のもとで、土嚢作り。両端には紐で丸太を縛り、重しにする。風でビニールシートが飛んで、電車にでも事故を起こさせたら大変なことになる。
d0147727_20294895.jpg

 この石垣は、いろいろな方から誉められたものだったので、なんとか修復したい。とにかく植物の根がいけないということなので、草木が生えないように工夫しないと。崩れていない部分だって、いつ何時崩壊するか解らないわけで。石垣修復の匠をご存じの方がいらしたら、ご紹介ください。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-07-13 20:51 | 古民家修復  

Che cos'e ? ⑦

d0147727_2055512.jpg

 木目もなんだかはではでしく、黒いしみも、パテ埋めの跡もそのままのこれは?

これでも、一応修復が完了してるのです。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-14 21:01 | アンティーク  

珍しく花柄のそれもカーテン

 前にも告白したが、私の最も苦手なアイテムは、フリル、レース、花柄、水玉模様。
 だからカーテンを選ぶのは、とっても不得意。
 熊野の家にも1ヵ所、どうしてもカーテンが選べない窓があった。

 でもなぜかこのカーテンには魅了されてしまった。
 お店に通うこと数回。悩みに悩んで、ついに先日購入した。
d0147727_19144957.jpg

 このスミレにやられた。スミレは一番好きな花。
d0147727_191533.jpg
d0147727_19151255.jpg

 実ははこのカーテンはキルティングで、長さもかなり長い。天井のとっても高い重厚なお屋敷の、暖炉の近くの窓にかかっていたのではないか。生地にしみ込んだ香りがそんな場面を想像させる。d0147727_1916791.jpg
d0147727_19161787.jpg

 縦ではなくて、横に使うことで、我が家の窓にはなんとサイズがぴったり。裾のほつれを繕って、窓につるせるように加工して、、、。夏までには完成させたい。
d0147727_19164098.jpg
d0147727_19165572.jpg

 実は私、中高6年間でずっと成績が5だったのは、生物と家庭科。お裁縫は得意なはず。でも本当は上手いのではなくて、ただ作業が早いだけ。おしゃべりをしないで、おおざっぱに、もくもくと作業するので、他の生徒よりいつも1時限分は早くできあがった。
 ちなみに最悪の成績は音楽と国語。「あっあああああー」と発声練習をすると、必ずあくびが出てくるので、音楽の先生には常に睨まれていた。今でも大きく口を開けると、必ずあくびが誘発されるので、これは反射なのだと思っている。

 計画性なく、とにかく繕いから始めた。どんなカーテンになるか、お楽しみに。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-08 19:47 | アンティーク  

取っ手の気がかり

d0147727_2152745.jpg
 食堂の食器棚は、珍しく師匠の店で購入したもの。いつか自分で修復したらいい、なんて言われて修復前の状態で、熊野に届けられた。まあ見た目問題ないし、使えるし、、、。ということで、怠け者の私はずっとそのまま使っていた。
 この棚の取っ手はアールヌーボーっぽい変わった造り。
 その取っ手が、ある日ついに、ぽろっと取れた。
 まずは取っ手の台座を引き出しから外そうと考えて、マイナスドライバーでねじをぐるぐる。外れない、、、。錆止めをちょっと塗ってやってみても、全く動かないねじが2つ。

d0147727_2058117.jpg 困った時は師匠に連絡。結局、引出しごと師匠にお渡しすることとなった。
 そしてしばらくして修復終了。どうも今回とれた取っ手は、過去にも修復されていたようで、他の物と違って、弱くなっていたらしい。新しい台座は師匠の手作り。本当は酸化させる薬剤で、黒くするはずだったのが、最近は危険な薬剤はなかなか手に入らなくなったそうで、自然に黒ずむのを待つことになった。

d0147727_212861.jpg

d0147727_2122339.jpg


 修復から半年たって、今の状態はちょっと気がかり。他の取っ手は持ち手が台座に対して90度まで回転するのだが、直した取っ手は錆のためか、垂れ下った状態。引っ張ると台座との接合部に隙間ができる。
 今この引出しには軽いリネンを入れて、気を付けて引き出している。

 「師匠に連絡」が近々ありそうな、そんな予感がする。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-03 21:52 | アンティーク  

熊野自慢 その22 「佐藤春夫」

 紀伊半島の先っぽにある2つの建物。
 どちらも佐藤春夫が暮らした家。
d0147727_10213644.jpg
d0147727_10222337.jpg

 申し訳ないのだが、私はほとんど小説は読まないので、佐藤春夫について何も知らない。
 どうも1892年に新宮で生まれた詩人、小説家らしい。
 新宮の観光案内には必ず名前が出ている。

それぞれの建物を見てみよう
[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-31 11:31 | 熊野自慢  

オリジナルとは違うけれど

d0147727_21265519.jpg

 大和の骨董市でついに見つけた。よくこれだけ汚れが付いた状態のままで、売るものだ。
 「汚れ付きで1500円」と言われたので、汚れはいらないから、と応酬したけれど、まけてはもらえなかった。

石鹸で洗うと、、、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-12 21:56 | 古民家修復