11月の熊野といえば

d0147727_6471798.jpg
 この時期の頂き物と言ったら、みかんとえび。
 今年も、最高の「くずみかん」(サイズが小さかったり、キズがあったりするけれど、味は濃厚)と伊勢えびを頂きました。えびにはちゃんと軍手まで。
d0147727_648145.jpg
d0147727_6485359.jpg

d0147727_652983.jpg
 そして今年はこんな素敵な一品も。かき分けて見ると、出てきたのは海老ではなくて、、、、。 

 革のかたまり。

 包装も紙の箱以外はすべて革製。
 おしゃれでしょ!

d0147727_653842.jpg
d0147727_6532164.jpg

d0147727_6541661.jpg
d0147727_755363.jpg

d0147727_6553974.jpg
d0147727_6555863.jpg

d0147727_6562723.jpgd0147727_723523.jpg

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-01 07:24 | 手工芸  

3人旅の続き

d0147727_20583546.jpgd0147727_20585897.jpg
d0147727_20594081.jpg

d0147727_2103944.jpg
 chamekoさんきゃおきゃおさんとは建物ツアーで知り合ったので、今回も、もちろん熊野建物ツアーを施行。まずは佐藤春夫記念館へ。


 それから、西村伊作記念館へ。
d0147727_2112558.jpgd0147727_2114036.jpg
d0147727_21247100.jpg

d0147727_2135757.jpgd0147727_2142076.jpg
d0147727_2153226.jpg

d0147727_2175325.jpgd0147727_21859100.jpg
d0147727_2192495.jpg

それから、こんな海と岩と鳥を見てd0147727_21101261.jpg
d0147727_21113866.jpg

こんな空を見てd0147727_21121597.jpg
d0147727_21123059.jpg

 気に行っていただけました?
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-30 21:27 | 熊野自慢  

速玉大社とペアルック

 実は、速玉大社はあまりにはではでしくて、いままであまり好きではなかったのです。
 でもでも、素敵な「連れ」と一緒だと、なんだかとってもいいんです。
 はで、ではなくて、ポップなんです。神社なのに、うきうきしてしまうんです。
d0147727_18575474.jpgd0147727_1858318.jpg
d0147727_18584686.jpg

d0147727_1859455.jpgd0147727_1901412.jpg
d0147727_1903229.jpg

 遠路はるばる熊野に来て下さった、chamekoさん、きゃおきゃおさん。仕事の都合で、一日しかご案内できませんでしたが、少しでも熊野を好きになっていただきたくて。晴れ女のわたくし、力いっぱいがんばって、前日の雨を吹き飛ばしました。
d0147727_18573569.jpgd0147727_1905064.jpg

d0147727_1911589.jpg
 うきうきついでに、なんとか自分と速玉大社を一緒にカメラにおさめたくて、こんなことしてしまいました。
 だって、chamekoさんが下さったこのセーター、速玉大社とお揃いなんです!
d0147727_1931557.jpgd0147727_194990.jpg
d0147727_1943775.jpg

 なんとこれは、数十年前にchamekoさんが、イタリア語の編み物の本を読破して、編み方を習得し、さらにどこもはがずにセーターになるように改良して編み出したchamekoオリジナルのセーターなんです。
 家に帰っても、手を伸ばしたり、鏡を使ったりしてセルフポートレイト。母には取り扱い説明書を読まなきゃだめじゃない!と怒る私ですが、自分は全く読まずに最低限の機能で満足しています。でもせめてセルフタイマーのやり方ぐらい読んどかないといけませんね。反省。

 着心地満点の暖かいセーターのおかげで、今年の冬はぬくぬくです。
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-29 19:34 | 熊野自慢  

どこをとっても

 どこをとっても、ドラマや映画の1場面で使えそう。そう思っていたら、やっぱり、、、、。
d0147727_16485965.jpg

d0147727_16535477.jpgd0147727_16544270.jpg
d0147727_16552730.jpg

d0147727_16582567.jpg
 先日放映された昭和の香りのテレビドラマ。あれ、大御所の2枚目俳優が出てくるこの建物、この柱の模様、どこかで最近見たような、、、。噴水もまさにここ。
この建物だって、

d0147727_16591695.jpgd0147727_16571672.jpgd0147727_1657396.jpg

d0147727_170103.jpgd0147727_16563672.jpg
 この建物だって、 

これだって、これだって、これだって
d0147727_1712560.jpgd0147727_172828.jpg
d0147727_1725596.jpg


 もちろんチャペルだって、、、。

d0147727_1741795.jpgd0147727_1743814.jpg
d0147727_1752644.jpg

 ということで、見どころ多すぎて、全く写真の整理ができません。細かなパーツがいったいどの建物のものだったのか、、、、。
 神戸女学院、また行かなきゃ。
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-28 17:27 | 国内旅行  

晩秋の朝の似合う器

 朝日が部屋に差し込むと、いつも写真が撮りたくなる。晩秋の似合う場所を探して。
d0147727_2036810.jpg
d0147727_20371882.jpg

 先日、西荻窪の骨董市で手に入れた鉢カバー。会場に入って、まず目に留まったから、大事に抱えて他の物を見て回った。
d0147727_2038131.jpg
d0147727_20381718.jpg

d0147727_20382985.jpg


 相変わらずの、いびつなきずもの好き。
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-27 20:59 | アンティーク  

いずれアンティークに

d0147727_21232632.jpgd0147727_2123438.jpg 友人に薦められた大阪ロイヤルホテルのリーチバー。1965年にバーナードリーチが思い通りに作り上げた空間。「民藝」の雰囲気にどっぷり浸れる。
d0147727_2124590.jpgd0147727_21242070.jpg
 d0147727_21252387.jpgd0147727_21253940.jpg
 椅子の生活の浅い日本人に変わって、リーチが買い集めた椅子。当時は現行品だった椅子だけれど、いつかアンティークになる、そんな素質を持った椅子だと思った。ほとんど修復していないと言うが、がたつきもなく座り心地もいい。そして、なにより美しい。そう思いません?
d0147727_21255688.jpg
d0147727_2126147.jpg


[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-26 21:55 | 国内旅行  

「家政婦は見た」

d0147727_19402070.jpgd0147727_19405321.jpg
 外国人教員の共同住居として使われていた、ケンウッド館。玄関にはこんな感じの窓が一つ。
d0147727_20192940.jpgd0147727_19433664.jpg
d0147727_19435837.jpg

 小さなリフトは台所と2階をつなぐ。
d0147727_19453648.jpgd0147727_19461814.jpg
d0147727_19474697.jpg

 d0147727_19484295.jpgd0147727_19494652.jpgd0147727_1950638.jpg
d0147727_19503882.jpg
 家政婦の控え室には、窓が一つ。この窓の向こうには、玄関が、、。そう家政婦は見てるんです。お客が玄関から入るのにふさわし人物か。

 ということで、私は今回はこのバルコニーの下の裏口から入れていただきました。はい。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-25 20:34 | 国内旅行  

久しぶり、照明器具特集

 女学院の照明特集。
d0147727_20232557.jpgd0147727_2024216.jpg
d0147727_20242618.jpg

d0147727_2026152.jpgd0147727_2026577.jpg
d0147727_20273599.jpg

d0147727_20284476.jpgd0147727_20311359.jpgd0147727_20315449.jpg
d0147727_20333657.jpgd0147727_20345188.jpgd0147727_20353863.jpg
d0147727_2037954.jpgd0147727_2038259.jpg
d0147727_20392727.jpg

d0147727_2040162.jpgd0147727_20405292.jpg
d0147727_2041298.jpg

d0147727_20415645.jpgd0147727_2105176.jpg 実用性や省エネなら蛍光灯とかLEDなのだろうけれど、それじゃあね。


[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-24 20:57 | 国内旅行  

普通はここから

 神戸女学院に正門から入ると、本当は最初にこの音楽学部を見ることになる。でも今回は、裏門からだったので、最後に見学した。実は在校生でも音楽学部でない学生は、なかなか入れない建物だという。練習室や、講師の先生のお部屋まで見せていただいく。
d0147727_21235090.jpg

d0147727_21241683.jpgd0147727_2124472.jpg
d0147727_21251512.jpg

d0147727_2126346.jpg
 そして最後はベランダから夕暮れのヴォーリズ建築を堪能する。残念ながら写真はボケボケでとてもUPできるようなものではないけれど、本当に隅々まで、何かある建物ばかりだった。
 と、まるでこれで終了のようだけど、もうちょっとあるんです。
 また明日。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-23 21:37 | 国内旅行  

思い出の甘味 その7:泉屋のクッキー

d0147727_22383060.jpg
 私の年代だと、クッキー缶と言ったら、泉屋。そして、この4色のアンジェリカ。子供の頃はこの粒粒が嫌いで、外して食べた。東京の我が家の近くに店があるので、久しぶりに懐かしくて、行ってみる。
d0147727_22385836.jpg
d0147727_2239827.jpg

d0147727_22392838.jpgd0147727_22394057.jpg
d0147727_22411865.jpg いつもの浮輪模様の缶が今回は目立たず、お店は地味にクリスマス仕様。えっ!なんでここにサヴィニャックのサンタがいるの?店員さんによると、昨年から代官山のクリスマスカンパニーとのコラボ商品を始めたとのこと。3パターンのクリスマス缶。選べなくて、あそこと、あそこと、あそこにお土産にといいわけしながら3つとも購入。
d0147727_22414590.jpg
d0147727_22421199.jpg

でも自分用には、袋入りのを。そして、子供の頃はこればっかり食べていたラスクのようなクッキーは別にもうひと袋。久しぶりに食べたら、やっぱりしみじみ美味しい。
d0147727_2242322.jpgd0147727_224382.jpg
d0147727_22432012.jpg


[PR]

# by mobiliantichi | 2010-11-22 23:00 | 食べ物