「ほっ」と。キャンペーン

もう一度見てみたい映画は?

d0147727_2141245.jpg
 内容は全く覚えていない。でも、だから、もう一度見てみたい映画。

 確か精巧な着ぐるみを着た踊り子が踊る、バレエの映画だった。カエル役の踊り手の跳躍場面と、鼠役の踊り子達がお互いの尻尾を持って丸くなって回る場面だけが記憶に残っている。

 映画なんてほとんど見たことが無いのだけど、これは高校のころにシモーヌと映画館に行って見たもの。映画に詳しい友人に調べて貰ったら、DVDにもなっていないし、ビデオもない、と言われた。そう言われると、ますます、、、、。
d0147727_21413089.jpgd0147727_21474136.jpg
d0147727_21415390.jpg

d0147727_21434710.jpgd0147727_2144930.jpg
d0147727_21443296.jpg

d0147727_21445717.jpgd0147727_21454593.jpg
d0147727_214619.jpg

 この映画、見た事ある人います?
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-12 22:18 | 花と動物  

ちょっと変化したトイレ

d0147727_211232.jpg
 久しぶりにちょっとした変化。わかります?

 もともと我が家のトイレは水のイメージで青。クジラがいて、乳牛がいる。

 今回、タツノオトシゴと水玉が加わった。
d0147727_2142765.jpgd0147727_2145867.jpg
d0147727_2153913.jpg


d0147727_2161091.jpg
 実はこの壁、杉板にペンキを塗ったもの。ちょっとあくが出て、シミのようになってきたのが気になっていた。そこで、シミの場所に上から貼っちゃいました。骨董市で見つけた陶器の白い○。あるものでやる、といういつもの思いつきの修復なので、シミ全部には足らず、また何か考えなくちゃ。


 今回の作業で気が付いた。天井の隅に蜘蛛の巣。どうしよう、、、。
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-11 21:43 | 古民家修復  

玉手箱 その2

d0147727_723749.jpgd0147727_72512.jpg
 もう一つは、お裁縫箱。中にはコインがじゃらじゃら。日本の古いコインは、自分で使っていたのを取っておいたものと、祖母がくれたもの。
 外国のコインは自分で行った旅の思い出。でも行ったことが無いカナダのコインは、誰かにもらったのかなあ。
d0147727_73666.jpgd0147727_732172.jpg
d0147727_733458.jpg

d0147727_734756.jpgd0147727_74039.jpg
d0147727_74153.jpg

d0147727_743523.jpgd0147727_745069.jpg
d0147727_75657.jpg

d0147727_76665.jpgd0147727_761622.jpg
d0147727_762959.jpg

d0147727_763942.jpgd0147727_765343.jpg
d0147727_7741.jpg

d0147727_774510.jpgd0147727_78148.jpg
d0147727_7815100.jpg

d0147727_783399.jpgd0147727_784835.jpg
d0147727_79378.jpg

d0147727_792061.jpgd0147727_793611.jpg
 東京の家を大掃除しないと、と思っても、こんなものが出てきて、全く進まない。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-10 07:18 | つぶやき  

玉手箱 その1

d0147727_2056384.jpgd0147727_2057268.jpg
 東京の家の納戸で段ボール箱をがさごそ。玉手箱発見。

 中身を分別。

 まずは年代物のおメダイ。学校では何かの行事の度に、記念品はおメダイだったっけ。
d0147727_20574015.jpg
d0147727_20575665.jpg

 そのうち運動会の参加賞はバッチになった。学年のバッチや夏服用の校章や、スクールリングにスクールブレスレット。スクールリングは確か校訓のスペル間違いがあったはず。
d0147727_20581743.jpg
d0147727_20583045.jpg

 中学の頃に通ったスイミングスクールの大会の参加賞。冬はスイミングの仲間と蔵王にスキースクールに行ったっけ。あとのバッチも思い出はいっぱい。
d0147727_20585226.jpgd0147727_2059936.jpg
d0147727_20593891.jpg

 その段ボールにはレコードも数枚。プレーヤーが無いから今では聞くこともできないけれど、、、。
d0147727_2129822.jpgd0147727_2129257.jpg
d0147727_212940100.jpg

d0147727_2130763.jpgd0147727_2130262.jpg
d0147727_21304192.jpg

d0147727_2131924.jpg
 音楽はさっぱりなので、持っていたレコードはたぶん20枚位。その中で学生の頃に買ったこの7枚は捨てられなくて。

 次回は 玉手箱その2 の予定。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-09 21:41 | つぶやき  

今月のtogemuseumは?

d0147727_201271.jpg
 いらっしゃいませ。

 今月のtogemuseumはクリスマス展。

 熊野近傍の皆さま、10日までです。ぜひどうぞ!

 (実は最近、仕事場のみんなにブログが知られまして、、、、、。熊野在住の読者が、きっと増えたと思うのです。)

 
d0147727_2041063.jpgd0147727_2045875.jpg
d0147727_2052045.jpg

d0147727_2061835.jpgd0147727_2074586.jpg
 木のツリーは熊野の家具作家の作品。オーナメントの動物がとっても似合ってかわいい。

 私は久しぶりに作ったリースを1つ飾って貰ってます。
d0147727_2084778.jpgd0147727_2091325.jpg
d0147727_2093569.jpg

d0147727_20112455.jpgd0147727_20114870.jpg
d0147727_2012376.jpg


[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-08 20:33 | 手工芸  

就職活動中だそうです。

 なぜか東京の我が家の近くには、甲斐犬の銅像がある。
 甲斐犬と言えば、師匠のお店の警備担当の彼、ジェームズ。

d0147727_20135653.jpgd0147727_2014816.jpg
d0147727_20141612.jpg

d0147727_20142592.jpg
d0147727_20143554.jpg

 ジェームズはとても頭がいい。だから彼は今の自分の立場を理解している。
 そう、今、彼は必死に就活中。
d0147727_20154227.jpgd0147727_201758.jpg
d0147727_20171953.jpg

d0147727_20224396.jpg
d0147727_20242153.jpg

 彼が今まで働いてきたこの場所に、本当に彼は溶け込んでいた。売り物のアンティーク家具の間を巡回する姿は、寡黙で優秀な警備員そのもの。一言多い店主と違って、彼の声はめったに聞こえない。

 ここは今閉店セールをしている。そして年内でジェームズは職を失う。久しぶりにお店に行った私に、彼はいつになくからんできた。半額になった商品を物色する私の脚に盛んに甘噛みして、撫でてくれと催促。確かに熊野の家に警備担当がいてくれたら、安心だけれど、、、、。

 12月中に八王子のガスリーズハウスアンティークスに行くと、掘り出し物と、就活にせいを出すジェームズと、ちょっと歳を取った店主に会える。ぜひ行ってみて下さい。
d0147727_2023273.jpgd0147727_20232677.jpg
d0147727_2023522.jpg


[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-07 21:08 | 花と動物  

猿知恵

d0147727_9541869.jpg  今年の夏に聞いた猿の話を一つ。
  山里で一人暮らしのおばあさん。孫が来るというので、お昼ごはんを用意して、うたたね。目覚めると食卓で孫が食事中。「○○ちゃん、ずいぶん小さくなったねえ」その声に孫が振り向くと、実はそれは孫ではなくて、真っ赤な顔のお猿さん。おばあさん、腰を抜かして、「助けてー」と叫ぶ。それでもお猿さんは食事を続ける。そこにお隣のおじいさんが石ころを手におばあさんを助けに現れて、猿を撃退。ところが話はそこで終わらない。それからが恐ろしいところ。
 翌朝、おじいさんが外に出てみると、猿の大群がおじいさんの家の屋根に上って、瓦をはがして、投げ捨てている。もちろんおばあさんの家の瓦は無事。

d0147727_9545935.jpg

 伊勢の酒屋の屋根で飲んでるお猿さん。横にいる小猿に、そんな武勇伝を披露している。
 そう見えません?
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-06 10:10 | 花と動物  

大王埼灯台

 今回の伊勢ドライブのもう一つの目的は、フレンチ。ANAの機内誌で「シェフは熊野の出身」と書かれていたフレンチレストラン「カンパーニュ」へ。
d0147727_173638.jpgd0147727_1734862.jpg
d0147727_1742120.jpg

 熊野の素材も使ったフレンチのランチをいただいく。
d0147727_175768.jpgd0147727_1754683.jpg
d0147727_1762079.jpg

 外は青空。このままただ帰るのももったいないので、志摩の方へと足を延ばすことに。
d0147727_1765356.jpg 私のドライブはカーナビ任せなので、時々ナビにはめられる。有料道路優先になっていたため、示された方向に進んで行くと、料金所がある。そしていきなり1200円。確かに見晴はいい道路かもしれないけれど、路面も凸凹だし山道だし、そんな景色を見る余裕もなく、これなら熊野の国道42号線の方がまし、なんて思いながら帰りのためにナビを一般道優先に変更。目指すは、大王崎灯台。
d0147727_1772852.jpg d0147727_178286.jpg
 昭和2年初点灯とあるから、充分古い灯台だけれど、お気に入りの樫野崎灯台と比べてしまう。
d0147727_179568.jpg
d0147727_1795147.jpg

d0147727_17104067.jpgd0147727_1711135.jpg
d0147727_17115156.jpg

 海の景色はもちろん似ている。
d0147727_17123516.jpgd0147727_17131183.jpg かなたに走るタンカーは同じようだけれど、灯台の後ろの景色が、、。ここは街に近すぎる。
駐車場までの細い坂道に並ぶお土産物屋はかなりさびれていて、ある意味あじがある。でもここで真珠のネックレスを買う人はなかなかいないのだろう。「買ってください、欲しがって下さい」ってストレートなポスターがあった。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-05 17:48 | 国内旅行  

珍しく赤

d0147727_22302242.jpg
 青か緑のお鍋ばかりの私の台所に、最近、赤のお鍋が加わった。先日のルクルーゼの会で見つけたもの。なぜ手に入れたかというと、実は理由はふたにある。鍋自体は、ルクルーゼの重い琺瑯だけれど、このふた、とっても軽い。
 大きさも手ごろだし、活躍してくれそう。最近、重いふたはちょっと辛くて、、、。

d0147727_2231381.jpg
d0147727_22312648.jpg

d0147727_22321121.jpg
d0147727_22323825.jpg

d0147727_22331464.jpg
d0147727_22333677.jpg

 私のルクルーゼ用の鍋スタンド、赤が加わって、ちょっといい感じ。
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-03 22:49 | アンティーク  

ローリングストーン

d0147727_20444749.jpg
 朝日と一緒に熊野を出発。
 
 今回は、神様へのお礼に伊勢神宮まで。実は最近苦しい時の神頼みが続いて、、、。なんとか最悪の事態は回避できそうなので、これからのためにも、ちょっと参拝へ。

 五十鈴川に写る紅葉は美しい。
 
d0147727_20452213.jpgd0147727_20472398.jpg
d0147727_20481622.jpg
d0147727_20483379.jpg

 もちろんまずは石段を登り、本宮へ。d0147727_20494395.jpg
d0147727_2050189.jpg

綺麗な橋を渡り、別宮にも。d0147727_20502852.jpg
d0147727_20522416.jpg

d0147727_20542299.jpg 高校のころ、タロット占いが流行った。文化祭でクラスメイトが開いた占いの館。お客がいなくて、閑散としていたので、占ってもらうことにした。彼女は怪しげなタロットを並べながら言った。「18歳くらいまではいいね、20過ぎると徐徐に下降線で、30過ぎたら転げ落ちるローリングストーンのごとく、、、。」占いなんて、信じない。でも窮地に遭遇すると、その言葉を思い出す。特にその彼女が、有能なアナリストから、某証券会社の女性初の役員になった今。あの予言は当たるんではないかと不安になる。せめて、周りの方を道ずれに転げ落ちないように、神頼み、神頼み。
d0147727_20551082.jpgd0147727_20552990.jpg
d0147727_20554766.jpg

ほんのちょっと私なりにお賽銭をはずんで、朝食は赤福で火鉢にぜんざいでほっかほか。
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-02 21:45 | 国内旅行