牛乳石鹸 牝牛が踊る

 恥ずかしながら、フックドラグ作品の発表会のご報告を。
d0147727_19392725.jpg

d0147727_1940836.jpg


初心者の私は、質より量作戦。savignac の出世作 モンサヴォン牛乳石鹸の牝牛ポスター、その1とその2。それに晩年のsavignac が、恩師カッサンドラのキャラクターと牝牛にダンスをさせたポスター舞踏会の3部作。これで、今年度のフックドラグはめでたく〆。d0147727_19134460.jpgd0147727_19141286.jpg
d0147727_19144326.jpg

d0147727_19151054.jpgd0147727_19152915.jpg
 1年先輩の方々のsavignac ポスターはとっても美しくて、かわいい。エールフランスのキリンは、私も大好きな柄で、欲しい!
d0147727_19161649.jpgd0147727_19164343.jpg
d0147727_1917830.jpg

もっと先輩の方々はやっぱりすごいなあ。モディリアーニの三つ編みの女の子は、モディリアーニの絵画よりもモディリアーニっぽい。
d0147727_19173420.jpgd0147727_191857.jpg
d0147727_19184653.jpg

d0147727_19194921.jpgd0147727_19201658.jpg
d0147727_19211337.jpg

d0147727_19314633.jpgd0147727_19322713.jpg
 自分で絵を書かれて、それをラグにされた方や、亡くなられたご主人の作品をラグにされた奥様も。
 とっても手に入れられない絵画でも、ラグにすれば、私のもの。やりたい絵はまだまだある。でも来期のテーマは幾何学模様。ということで、モロッコやトルコのイスラム教国を旅行した時の写真を見直して、ただいま幾何学模様勉強中。

 明日、明後日、店番してます。フックドラグ体験もできます。でもちょっとスタッフの人出不足なので、時間に余裕のある方にかぎり(?)、風伝峠の近くまで足をお運びください。
[PR]

# by mobiliantichi | 2011-01-08 20:03 | 手工芸  

 年末、まず父の生家のある色川へ。玄関の障子戸を開ける時、がらがらと音が鳴る。へえ~こんな仕掛けなんだ。

d0147727_20413656.jpg
d0147727_204251.jpg

 明るい陽射しの差し込む縁側に座って、庭と山を眺めながらのおしゃべり。サッシではないガラス戸は隙間風がすうすうだけれど、この扉もいいなあ。
d0147727_2043171.jpgd0147727_20431158.jpg
d0147727_20432459.jpg

d0147727_2044137.jpg
 この辺りは、Iターンの元都会人が村民の1/3をしめる。
 棚田は茶畑に。お茶は紅茶に加工されたりもする。
 「色川」はちょっとしたブランドになって来た。
 下のこれは、尾鷲の山。そう言えば、母は東京に出てきた時、山が見えないから方向が解らなかったと言っていた。この山が母の目印だったのかなあ。
d0147727_2045034.jpgd0147727_20451772.jpg
 正月明けは、今度は母と尾鷲にドライブ。ひょんなことで、私がお会いした90歳のダンディーな男性が母の高校の時の英語の先生だったことが解り、母をその先生のご自宅へ。1時間とても楽しい時間を過ごした母は、もう一つの偶然を聞いてきた。なんとその先生は、母の母が女学校を卒業後に、尾鷲小学校の先生を2年間だけしていた時の生徒だとか。田舎にはそんな偶然がいっぱい。

 お正月は両親とのんびり。子供の頃、父の見ていた山、母の見ていた山を見て過ごした。私にはどれも似たように見える山だけどね。


  
[PR]

# by mobiliantichi | 2011-01-05 21:23 | 熊野自慢  

初日の出

d0147727_2224376.jpg

d0147727_224062.jpg

d0147727_2255416.jpg

d0147727_227361.jpg

d0147727_2282469.jpg
 6時半から30分余り。強風の吹きすさぶ浜に座って、待った。風は海にも吹き付ける。波紋が広がる。結構明るくなっても、雲の向こうの太陽はなかなか現れない。そして、雲の端が光ったと思ったら、あっという間に太陽が顔をだした。
d0147727_2292068.jpg
 この家が主人公で始めたこのブログ、本当は昨年いっぱいで終わるつもりだった。でも次のことがまだ決められず、もう少しだけ続けてみることにした。細々と。今度は何をやるか考えながら。
 もう少し、お付き合いください。

[PR]

# by mobiliantichi | 2011-01-02 22:34 | 熊野自慢  

うさぎ

d0147727_0474631.jpg
 あけましておめでとうございます。

 今年も沢山着こんで母と2人、一番近い世界遺産 花の窟 へ初詣。
 新年とともに浜から低く上がる花火。
 今年の花火は演出もいい感じ。
 参道には、太鼓の音が響く。
 ご神体の岩はライトアップされて、木の影が映る。
 冷え切った体を、振る舞いのうどんで温める。うまい!
 星空を見上げて、星座を探しながら家路を戻る。

 今年もいい年になりそうです。

 (そうそうこのウサギは、東京の我が家の近くにあるお宅のもの。)

[PR]

# by mobiliantichi | 2011-01-01 00:58 | つぶやき  

2年前にはなかったものが

d0147727_20164854.jpg
 2008年大晦日、うちの隣の空き地。ここには昔は病棟と畑があった。病棟の建物を取り壊した後は、背丈ほどのススキやセイタカアワダチソウが生い茂る、厄介な空き地だった。




 2009年11月から工事が始まった。2009年の大晦日、両親を熊野に残して、私は工事現場を遠く離れて、イタリアのPadovaでふらふらしていた。
d0147727_205393.jpgd0147727_20533358.jpg
d0147727_20542385.jpg

d0147727_20295050.jpg そして2010年2月には、厄介な空き地にこんな家ができた。

 2010年大晦日の今日、両親とこの家で年越しそばを食べた。
 そうこの小さな家。亀さんが一人で、熊野の木を使って建ててくれた両親の別荘。
 来年は仕事を引退する父。この家でのんびりする時間を増やす予定。私はこの一年、eco給湯のお湯を使いに、時々ここにお風呂をかりに来た。

 これがこの2年で熊野の羽市木に起きた小さな変化。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-31 20:48 | 熊野自慢  

年の瀬に虹

d0147727_15322411.jpg

d0147727_15331440.jpg
 色々なところで、雪が降っているそうですが、熊野のこのあたりでは、ちょっと大粒の雨が降りました。そして、あっという間に上がった雨の後には、虹。我が家から海に向かって、虹のかけ橋が伸びて行くようです。来年もいい年になりますように。
d0147727_15333196.jpg
d0147727_153439.jpg

d0147727_15342345.jpg
 年末の休みは、溜まりに溜まった埃と格闘しています。何しろ去年は年末に海外に逃避していたので、暮らし始めて初めての大掃除です。まだ天井を箒で掃いたのと、窓ふき半分しか終わっていません。掃除は高いところから、という鉄則にしたがって始めたのですが、床に到達するのは、年を越すことになるでしょう。それにしても、この家の窓の多さは異常です、、、、。北側で、渡り廊下がついていた部分にも、なぜか窓があります。拭いても拭いても窓がある。

 飽きてきたので、庭の鈴なりのゆずで、ゆずジャムでも作ろうかなあ。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-30 15:52 | 熊野自慢  

熊野自慢 その38 「トロッコで行く湯の口温泉」

 急に熊野も冷え込むようになって、連日の温泉通い。
d0147727_18283879.jpg
d0147727_18285621.jpg

 見るだけでも暖まりませんか?
d0147727_18293058.jpg
d0147727_18301252.jpg

d0147727_18314845.jpg
d0147727_1832319.jpg

d0147727_18325493.jpg 源泉が45度で、手を加えずに循環なしのかけ流し、湯の口温泉。
 日曜日のお昼前だというのに、やっぱりお客さんは私ともう一人だけ。まあ少し不便な場所ではありますが。
 今回私の目的は、温泉だけではありません。そう、このトロッコに乗ってみたかったのです。先日は駅に着いたら、トロッコが出た後で、源泉行きはあきらめたのでした。
d0147727_18351641.jpgd0147727_18353778.jpg
d0147727_18355730.jpg

d0147727_1837506.jpgd0147727_1838883.jpg
d0147727_18382037.jpg

 鉄見習いとしては、運転席もチェックしないと。
d0147727_1838462.jpgd0147727_1839211.jpg
d0147727_18394848.jpg

d0147727_18405699.jpgd0147727_18411567.jpg
d0147727_18414081.jpg

d0147727_18424538.jpg
 とっても小さいトロッコの乗り心地は、暗いトンネルの中を景色も見えずに、がたがたがたごとごとごととずーと揺れて、うるさくて。今どきこういう乗り物ってないな、となんだか逆にいい感じ。

 もちろん車でも行けますので。ちょっと細い山道らしいけれど。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-26 19:15 | 熊野自慢  

さむーーいイブ

 冬になると、熊野でもあちこちでイルミネーションが始まる。去年行った下北山のイルミネーション。街おこしのイベント担当のお兄さんに、「今年は去年よりすごいですよ。イブには先着順にケーキが配られるし。」と言われ、絶対行くと約束した。
d0147727_16195558.jpgd0147727_16201569.jpg イブは平日。仕事が終わって、こんなトンネル、真っ暗な山道を会場に向かう。イブのケーキを目指して。
d0147727_16142042.jpgd0147727_16155822.jpg
 やっと辿り着いたら、とっても静か。というか人っ子一人いない。
 今年のイルミネーションのテーマは遊園地。とっても寂しい遊園地。いるのは去年に続き、せんと君とつちのこだけ。日を間違った?

d0147727_16172588.jpgd0147727_16173917.jpg
d0147727_1618560.jpg

d0147727_16185246.jpgd0147727_16191315.jpg
 寒い!  お腹すいた!
 
 そこで、去年行けなかった温泉に入って、食堂でおでんを食べて、
 暖まって、お腹いっぱいになって、、、。
 まあこんなイブもあるさ。

[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-25 17:03 | 熊野自慢  

Buon  Natale !

d0147727_22375068.jpg

 Buon Natale !!

 今年は贅沢して、パネトーネだけじゃなくて、パンドーロも買っちゃいました。
 まだ開けていません。どのタイミングで開けようかな、、。
 どちらにしても、ダイエットは来年からに。

 皆さま、素敵な一夜を。

 
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-24 22:44 | 食べ物  

銀ブラと女子会

d0147727_21333756.jpg 銀座ミキモトのツリー。
 12月初旬、とある使命をおびて、銀ブラ。
 ひかりもの、ブランド品に疎い身ながら、銀座の有名宝飾店を梯子。
 そこでは、びっくりすることばかり。
 日本は本当に不況なのだろうか?若いカップルが見せて貰っているジュエリーは、私の基準からはお値段が少なくとも一ケタは逸脱している。
 お店の中に、2人掛けのソファーとテーブルが置かれている店では、お客さまの前には、ロゼ色の液体の入ったワイングラス。酔わせて買わせる魂胆かい?
いかにもヒヤカシとわかる私には、店員も寄り付かない。

 実は私の使命というのは、姪っ子の成人祝いのゴールドのシンプルなチェーン探し。センスの要求されるジュエリーは荷が重いので、お祝いは、ごくごくシンプルな物にさせてもらった。
結局、銀座の端っこの田中貴金属まで行って使命完了。

 その後、大学時代の同級生8人の女子会へ。「この時期に、ただでさえ高くなっている金を買うなんて!金は、クリスマスが終わってから買うものよ」そうなんですね。知りませんでした。まあ金とはいっても、金の延べ棒を買ったわけではありませんから、、、。
 「女子会」今年の流行語だそうですが、何が新しいのでしょう。学生の頃から、いつも私達は女子会ばかり。その結果?が、今回参加した8人中5人が一人者。言いたいことを遠慮なく言い合う女子会、店が閉店になるまで、盛り上がりました。お決まりのセリフはいくつになっても「みんな変わってないね」です。
 
[PR]

# by mobiliantichi | 2010-12-23 22:05 | つぶやき