<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

私がピアスにしないわけ

 招き猫のところでちょっと自慢してしまったけれど、私、運がいい。「棚から牡丹餅」がしょっちゅう。ちょっと紹介してみよう。d0147727_2292783.jpg 
 たなぼたその1: ある日マンションのエレベーターで、向かいに住むおば様に突然「今度の土曜日空いてます?」と聞かれ、はいと答えると、競馬に行かないかとのお誘い。マンションの奥様達で中山競馬場に行くというのだ。私は競馬なんて全く知らないと言ったら、なんでも馬主席という特別な部屋に入れる、というので参加することにした。競馬場に入るのにお金がいるのかは知らないけれど、とにかく広いお部屋で、有名な画家の絵が沢山飾ってあるところに、タダで入れた。実は競馬場の半分の土地を所有している方のお誘いだったのだ。何人でもOKだそうで、全く関係ない私まで、初めての競馬体験ができた。
d0147727_2295799.jpg たなぼたその2: ある日後輩が「切符があるので、東京ドームに野球を見に行きませんか?」と言うので上司と私と後輩とで巨人-中日戦を見に行くことに。するとなにやら特別な入口から入って、個室に通された。ソファーにテレビがあって、お弁当に飲み放題。もちろん部屋の外にはバルコニーがあって、生で観戦できるのだが、なぜかそこにいたお客さんたちは、お弁当を食べながら、テレビで観戦。この試合、開幕から連勝していた中日に巨人が勝った試合だった。


d0147727_22102124.jpg たなぼたその3: 高校時代のサッカー部の友人から突然の電話。「明日、暇?」もちろん暇だ、と答えると、サッカー見に行こうという。ワールドカップのイングランド-スウェーデン戦。そういえば彼女に名前を貸して、ワールドカップの観戦申し込みのはがきを出したことを思い出して、それが当たったのかと思ったら、そうじゃないという。そして、「一応ちょっときちんとした格好してきて」という。大体彼女はいつもTシャツにジーンズのくせに、サッカー観戦にいい格好とはおかしいと思ったのだが、一応ジャケットを着て行った。浦和のサッカー場に着くと、これまた特別な入口に和服姿のコンパニオンがお出迎え。バイキング形式の食事の用意された個室には、某テレビ局のサッカー解説員やアナウンサーやお笑いタレントが。飲み放題食べ放題で、やはりバルコニーからの観戦。それもタダでサッカー解説者の解説付きで。残念なことに、その頃私はベッカムすら知らなかったから、0-0で引き分けの試合を、点が入らなくてつまらない、くらいに思っていた。彼女になんで私を誘ったのか、と聞いたら「前日に誘って、土曜日でも空いてそうな人は他に思いつかなかったから」と言われた。

 この話を友人にしたら、「ディズニーランドの隠し部屋に入ったことがある、というなら羨ましいけど、、。」と言われ思い出した。その部屋にも入ったことがあった。

 これすべて、誰かの代わりだったり、券が余ったりで私のところに来た話。本物のたなぼたである。耳に穴を開けると運勢が変わるというから、私は決してピアスをしない。。

 では、競馬で当てたのか?って?
 私の大切な幸運を、賭け事なんかで浪費するつもりはありません。
 まだ当分はこの運に頼って、人生送っていくつもりなのだから。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-28 23:13 | つぶやき  

暖かい朝は

d0147727_7215729.jpg

d0147727_7221144.jpg
 最近では朝もすっかり暖かくなった熊野。そろそろ花粉も飛んでいます。(私の鼻からの情報)明るくなると目が覚めるので、朝の光での撮影会をする時間ができてきました。今、熊野の玄関はこんな感じ。

 そしてこの週末、私はきっとまだ寒い北国に出稼ぎに行ってきます。
d0147727_722337.jpgd0147727_7225462.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-26 07:30 | 古民家修復  

珍しくジュエリーそれもアンティーク

d0147727_19345754.jpg

d0147727_19402820.jpg おしゃれに疎い私は、ほとんど装飾品の類に興味がない。だから、アンティークジュエリーはほんの少しだけ。こうして数少ないコレクションを並べたら、なんだかテイストが一貫しているみたい。これはmangetsuさんの処で手に入れたもの。どうやって使うのか、写真に撮ろうとして四苦八苦。
 下のもmangetsuさんの処で購入。キーホルダーのような金具がばかになっていたので、手持ちのチェーンを付けてみる。歳のせいか、最近急にロケットが欲しくなって。(もちろん中の写真は重要機密事項)
d0147727_19362159.jpg

d0147727_19371019.jpgd0147727_19373294.jpg
d0147727_19381941.jpg
 そしてこのリング。赤坂のベルコモンズにあったお店で購入したのは5年くらい前。私の持ち物にしては珍しく、ちゃんと刻印入りのシルバーの指輪。男性ものだと言われたけれど、指も太い私にはぴったりだった。
 ところで、いつも不思議に思うのだが、なぜ骨董市で見かけるアンティークジュエリー屋のおばさま達は、みなさん薄い茶色の髪にソバージュのようなパーマをかけて、ボヘミアンな格好にじゃらじゃらと装飾品を付けていらっしゃるのだろう?まあアンティーク雑貨を扱う若いおにいさんや、和骨董をやられているアラ還世代のおじさま達もそれぞれにいかにもの格好だけれど。
 天の邪鬼の私は、もしいつの日か骨董市や蚤の市に出店するなんてことになったとしても、絶対それらしい格好はしないぞ、とひそかに思っている。
 (注:mangetsuさんは自然体の素敵な女性なので、この分類には当てはまらない。だから私も満月アンティークでなら、ジュエリーが買えるのだと思う)
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-25 20:29 | アンティーク  

ど根性Camelia

d0147727_19213456.jpg
 窓の外を見たら、濃い緑の葉に混ざって深紅の花が咲いていた。庭に出てみよう。石垣の向こうに植わった椿が今年は満開だ。丸のまま落ちた花も美しい。
d0147727_19113341.jpgd0147727_19121954.jpg
d0147727_1913291.jpgd0147727_19134630.jpg 
 青空に映える椿を見上げていたのだが、ふと正面を見ると、枝の向こう半分がばっさり。えっ!いつ、どうして?それでもこんなに咲き誇る椿。
d0147727_1918953.jpgd0147727_19182449.jpg
d0147727_19215138.jpg

この家の周りには、沢山の種類の椿が植えられている。きっと暖かいこの地方に合っているのだろう。どの木も沢山の花をつける。

d0147727_19143288.jpgd0147727_19151375.jpgd0147727_19153022.jpg
d0147727_19222036.jpg

 ではこの椿の中で一番根性があるのはどれか、と言うと、これも石垣の裏に回ったところで発見。d0147727_19162975.jpgd0147727_191777.jpg
d0147727_19172256.jpg

 石垣の石の間から出ている太い幹。一体どうして?この裏には同じ色の花の咲く椿の木はなかった。ということは、他の処から運ばれた種が石の間に落ちて、ここで花をつけるまでに育ったのか?よく道の割れ目とかから生えた木をニュースで「ど根性○○」と名付けているから、うちのこの椿は「ど根性カメリア」と呼ぶことにしよう。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-24 19:52 | 花と動物  

百人力

d0147727_19562628.jpgd0147727_19564640.jpg
d0147727_19565832.jpg

 ついに、本物の招き猫が我が家にやってきた。右手と左手のペアーでいただいた。たしか挙げている手によって招いてくれるものが違ったはず。今までは、招き猫もどきしかいなかったけれど、それでも幸運には恵まれていたので、これで向かう処敵なし。
d0147727_19571076.jpg
産田神社で買ったお札の周りに並べたら、もう完璧。今までの人生もほとんど運だけで乗り切ってきたのに、これ以上運が良くなったら、楽天的で怠け者の性格が助長されそうで、ちょっと怖い。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-23 20:12 | 花と動物  

発掘品その11 「脚立」

 久々の発掘品シリーズ。今回は脚立。この家から1つ、母屋の押し入れから1つ、同じ形の物が見つかった。傷みの激しい方は、師匠の工房を使わせていただいて、修復。色つけだけで済みそうな方は、熊野で修復することにした。
d0147727_194628.jpgd0147727_1943227.jpg
 左の写真、左はきちんと修復済み。右は汚れを洗っただけの状況。左の写真では、左の方にステインを塗ったら、なんだか黒すぎてしまったところ。
d0147727_192162.jpgd0147727_1923712.jpg
d0147727_1925425.jpg

 これが数年たった今の状況。上のシェラックまで済んだ脚立は、やはり光っていて、ちょっと滑る。
d0147727_1905828.jpgd0147727_1911938.jpg
d0147727_1914852.jpg

 一方、ステインだけで放っておいた方は、色がだいぶ薄れてきた。
 実はこれ、熊野から師匠に修復の仕方を相談した時に、まず表面を滑らかにするように言われた。どこまでやればいいかは手触りで判断、ということだったのだが、どこまでやっても、もうひとつの脚立のような滑らかな面にはならず、そのうちかえって削れてでこぼこになってきたため、シェラックを塗るのはあきらめたのだった。使ってみると、滑らなくて引っかかるので、いいかもということになりそのまま経過してしまった。そろそろワックスだけでも塗ってみようかなあ。(相変わらずいい加減)
d0147727_1859455.jpgd0147727_18594925.jpg
 これはこれなりに、写真の撮り方によっては、結構カッコよく映るようだし。
d0147727_18595969.jpg 
 この家から発掘されて手元に残った数少ない家具は、使えるように最低限の修復だけして、ほったらかし状況だった。ちょっと反省して、手入れをしようと思っている。

 さて、この写真、上の方にわずかに写っているのが、例の新入り家具。近々UPの予定なのだが、廊下が暗くて、狭いため、まだピンボケでない写真が撮れていない。もう少し試行錯誤してみます。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-22 19:36 | 古民家修復  

牛乳券

d0147727_855777.jpg これは数年前に浜松町のジャンクショーで買った牛乳瓶の蓋。山盛りになった籠の中から、好きなのを10枚選んでいくら、という売り方だったので、かなり時間をかけてこの10個を選んだ。そういう買い物が結構好きだ。家に帰って、その蓋の裏にシール付きマグネットを張って、冷蔵庫に飾って使っている。
d0147727_853577.jpg

 小学校の低学年の頃、学校食の飲み物はまだ瓶入りの牛乳だった。(ぎりぎり脱脂粉乳を飲んだ記憶はない)1時間目に牛乳券を貼る紙が回ってきて、牛乳、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳、ヨーグルトのどれかの列に券を貼る。私はいつもフルーツ牛乳かヨーグルトだった。あの瓶入りの少しすっぱいヨーグルトが好だったのだが、数年後には牛乳はテトラパックになって、ヨーグルトの列はなくなった。 今でもたまに瓶入りのヨーグルトが売っていると、ついつい買ってしまう。

 中高ではお昼はお弁当だったのだが、持ってきていない時には、やはり朝のうちにパンを注文する事になっていた。注文袋に品名を書いてお金を入れる方式だった。コロッケパンとかクリームパンとかに混じって、お菓子のエンゼルパイなんてものを注文する子もいて、結構流行っていた。
 そのパン屋では一番安い小さなレーズンパンを「子供パン」と命名していた。そこで誰かが試しに「おかあさんパン」を注文。すると、二つの渦巻きパンがくっついたパイロ-ルが届いた。そして注文はどんどんエスカレート。次はもちろん「おとうさんパン」。パン屋さんは子供たちのおふざけに付き合ってくれる方だったようで、ウインナーロールが届けられた。しばらくするとなぜかそのことは先生やシスター達の知るところとなり、、、。
 その騒動依頼、エンゼルパイの注文も禁止されたことが、私はとても残念だった。チョコで包まれ、マシュマロをはさんだビスケットサンド。どちらかというと慎重派だった私は、その憧れのエンゼルパイをまだ注文した事がなかったのだ。そしてやはり今でもエンゼルパイに似たパッケージを見かけると、中に挟まれているのが、マシュマロか確認してしまう。生クリームが苦手なので、本物のエンゼルパイに出会えた時は、もちろんついつい買ってしまう。

 2つのエピソードからすると、私の食べ物に対する執着はちょっとすさまじいかもしれない。反省。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-21 08:49 | アンティーク  

緑の器 : その4  「アルザスのボウル」

d0147727_21212847.jpg

 はい。また性懲りもなく、緑の器を手に入れた。一見、イタリアのもののようにも見えるのだが、フランスのアルザスのものだという。Materaの洞窟住居以来、どうもこの手のお皿やらボウルやら壺やらに傾倒しているようだ。恐ろしい恐ろしい。
d0147727_21185556.jpg
d0147727_21191263.jpg

d0147727_21195425.jpg
d0147727_21201991.jpg

 そしてさらに恐ろしいことに、最近増える食器を収納するための新しいアイテムが、熊野の廊下に取り付けられた。さらに東京にあったかなり大きな物も収納できそうな家具も、2つばかり運んだし、、、。明後日から1ヵ月、Rudiさんのお店がお休みでよかった、、、。それに結構上京時も忙しくて、骨董市や新しいshopに行くことができそうになくて、本当に良かった。このはやりやまいの熱が下がるまで他の事に目を向けよう。と言う訳で、ほったらかしていた家具修復を再開した。近々久しぶりの修復のUPができる予定。お楽しみに。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-20 21:45 | アンティーク  

壺の姉弟

Rudiさんのブログで見つけた2つの壺。私にはその2つは姉と弟のように見えた。私はチュニジアから来た緑の弟を、そしてプロヴァンスの黄色い壺はsucreさんという素敵な女性のところに旅だった。きっとお姉さんの壺はsucreさんのお宅で、素敵に花を飾られていかされているのだろう。一方、緑の壺は、私の家で、、、。実は割れてしまった。なんとか継ぐことはできたけれど、なんだか申し訳ない気持ちだった。そして自分の部屋の棚にひっそりとしまっていた。
 先日、師匠の店で、あの黄色の壺に良く似た壺を発見。すぐに連れて帰ることに決めた。姉と引き離され、さらに怪我まで負わせた罪滅ぼし、という気持ちで。
d0147727_1842240.jpg

 なんだか寄り添って立っているように見える。
d0147727_1843089.jpg

 お姉さん、どうぞ弟をよろしくお願いします。d0147727_1844541.jpgd0147727_18442135.jpg
 (どうも最近、古物を擬人化する傾向が出てきているようで、ちょっと危ないおばさんになりそう。気をつけないと。)
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-19 19:15 | アンティーク  

蕎麦の作法

d0147727_20433095.jpg
 大学を卒業して、最初に仕えたボスは大正生まれのおしゃれな人だった。結核で片肺をなくしていたボスはいつもちょっと斜めに傾いて、帽子とステッキが似合う人だった。若いころはサッカーやスキーを愛したスポーツマンだったそうだが、私が出会った頃のボスは、退職まじかの女嫌いのこだわりの多いうるさそうな老人だった。 
 あの頃、毎週土曜日になるとボスは皆を連れて近くの蕎麦屋に行った。仕事場の近くのその砂場のそばが、ボスは好きだった。「もりそばを食べる時は、箸はねかせちゃいかん、立てないと」とそばを食べる作法を教えてくれた。そしてそこで頼むつまみは、いたわさとやきのり。直前にあぶられた海苔は、立派な桐箱に入って出てきた。
 年に一度、お会いする機会があったのだが、いつ挨拶に行っても、同期の他の女性の名前で呼ばれた。最後にお会いしたのは3年くらい前。車椅子に乗ったかつてのボスに、残念ながら最後まで私は名前を覚えてもらえなかった。
 昨日、亡くなったとの知らせが入った。片肺のためかふっふっと息する音を立てながら私のことを「いよちゃん」と呼んでくれたボスはもういない。もちろん私は決して、いよちゃんではないのだけど。
 今度、平日に東京に行ったら、巴町砂場でそばを食べてみよう。私はあの店ではカシワ南蛮が一番美味しいと思っているのだが、ボスに敬意を表して、もりそばに焼のりを注文してみようと思っている。
d0147727_2038517.jpg
d0147727_20382890.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-18 21:29 | つぶやき