<   2009年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

ここで言い訳させて下さい

d0147727_0133286.jpg

 ちょっと出かけます。色々考えたのですが、やっぱり放浪癖はおさまらず。無責任と言われるとは思うのですが、出かけてしまいます。車に列車に船に飛行機を乗り継いで。自分でもちょっと無謀な計画とは判っているのですが、旅の幸運を期待して。そして仕事をまたきちんとやれるように、予定通りに帰ってくるのを祈っていて下さい。
d0147727_0152466.jpg
 食べてみたかったこんなものを、
 今度は試してみたいし。

d0147727_0185990.jpg
 このベンチにまた座って、
 ぼんやりしてみたいし。
d0147727_0175276.jpg
 そしてここで会った素敵な方々に
 また会うために。おじゃまします。

 

 ということで、しばらくブログはお休みです。
 皆さまよいお年をお迎えください。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-25 00:42 | 海外旅行  

冬の熊野の私の一日

d0147727_22193181.jpgd0147727_2220976.jpg
d0147727_22202819.jpg

d0147727_22222962.jpg
 
 晴れていたら、結構暖かい熊野。久しぶりに家の周りを探検しよう。 石垣の下には水仙が満開で、上には紅葉の蔦、アロエの花も咲いている。そして母屋の玄関の前に、巨大なクリスマスツリーの木発見。

 母屋の裏に回ってみると、傷んだ箇所が沢山。 はっきりいってぼろぼろだ。
 にゃんこにはいい住まいのようだけど。
d0147727_22315944.jpgd0147727_22322974.jpg
d0147727_22364464.jpg

d0147727_2233771.jpgd0147727_22333974.jpg
d0147727_22343846.jpg

d0147727_22235440.jpgd0147727_22241574.jpg
d0147727_22243960.jpg

d0147727_22245713.jpg
 探検の締めは熊野の冬の定番、秋刀魚の丸干しで。
 もちろん手掴みで背中からかぶりつき。

 冬の熊野の私の休日。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-24 22:56 | 熊野自慢  

青の器 その16 : うっすら青い2つのお皿

d0147727_19433774.jpg

 薄い青緑の地に花柄のお皿が、また私のコレクションに加わった。青と緑。両方好きだからこれはしょうがない。d0147727_19441534.jpg
d0147727_19443420.jpg

 食堂の壁に飾る。いつかこの壁をお皿でいっぱいにしそうである。あれっ、今気がついた。天地が逆さまだ。どちらが正解か知らないけれど、これではちょっと落ち着かない。d0147727_19451359.jpg
d0147727_1945296.jpg

 もう一枚は普段使いに便利なお皿。今日はジンジャーブレッドマンを入れて。d0147727_19461298.jpg
d0147727_19485661.jpg

 ひっくり返すとキュノアール(尻黒)。凹んだ端の模様も好き。傷一つない完璧は苦手。やっぱり好みが変かもしれない。d0147727_1947243.jpgd0147727_19473987.jpg
d0147727_19475282.jpg


 実は私、生姜党。ジンジャークッキー、ジンジャエールはもちろん、ジンジャービール、ジンジャーワイン、ジンジャーケーキ、生姜糖、生姜湯、生姜の砂糖漬け、生姜ご飯、なんでも生姜と聞くと試したくなる。実は先日も旅先で自家製生姜シロップを買ってしまったばかり。でも冷え性は全く改善しない。最近は生姜ブームらしいが、熊野では新商品を試す機会はなかなかないのが残念だ。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-23 20:16 | アンティーク  

Che cos'e ? ⑮

d0147727_21533030.jpg
 ここ数年、クリスマスには必ず買ってしまう。この香りがお届けできないのが残念。

さてこれは?
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-22 22:29 | 食べ物  

動物コレクション その22: 鯨

d0147727_824167.jpgd0147727_8242361.jpg
d0147727_8244223.jpg

d0147727_825189.jpg 鯨は結構好きなアイテム。子供の頃、何かのテレビで捕鯨のシーンを見てからしばらくは、お風呂の湯沸しの穴からもし鯨が出てきたらどうしよう、とか50mプールにシロナガスクジラが現れたら、なんてことを心配したこともあったけれど。
d0147727_8265485.jpg
d0147727_827331.jpg

 今週末寒波の襲った秋田に出張。相変わらず、なぜか順調に飛行機が飛んで、この冬初の銀世界を体験してきた。でもいつもよりなんだかお客さんが少ないし、飛行機も小さいようでちょっと心配。ANAが飛行機に鯨をデザインした時、この会社なかなかやるな、と思ったのだが、この鯨飛行機は、小さく横に鯨が描かれてるだけ。どれぐらいの飛行機か、と機内誌でチェックすると、、、。d0147727_828047.jpgd0147727_8281552.jpgd0147727_829020.jpg
d0147727_8291253.jpg
 沢山の飛行機の紹介の欄の最後に、、、、。
 うーーーん。シロナガスクジラよりは大きいようで。
 
 やっぱりこの会社、なかなかやるな。
 (15年くらいANAでバイトしていたから、贔屓目?)

[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-21 08:52 | 花と動物  

ボスに内緒にしている事

 それは2年前の冬。まだ東京で働いていた頃の話である。
d0147727_1944858.jpg
d0147727_195087.jpg 職場では、その年新しいボスが就任した。そのボスはちょっとミーハー(死語ですが)な人で、六本木ヒルズのホテルで7時からの勉強会を企画した。出席にうるさいボスなので、仕事場から駆けつけると、思ったより早く着いてしまった。せっかく流行の場所に来たのだから、どこかでコーヒーでも、と思ったが何でも高い。外は寒いしどうせ高いなら、とエノテカでVin chaud(暖かいスパイス入り赤ぶどう酒)を頼んだ。勉強会の前ではあったが、寒いクリスマスの定番だから。小腹もすいたので、隣のパン屋でエピを買ってちょっと摘みながらクリスマスイルミネーションを見ていた。
 その時である。視野の端になにやら転がる丸々した物体を確認。ツリーのオーナメントでも風に飛ばされたのか、と思ったら、、、、。丸い胴体には長い尻尾があった。あの大きさだと間違いない。ドブネズミかクマネズミである。超高級料理を堪能したメタボねずみ君だったのかもしれない。

d0147727_1942432.jpg
d0147727_1943541.jpg

 そういえば10年くらい前の勤務地のロッカー兼休憩室にも、よく鼠が出た。今のボスが前ボスの逆鱗に触れて?左遷されその地に赴任してきた時、「鼠がでるから、気をつけて」と助言した私を、なに脅かしてるんだ、と全く取り合わなかったのだが、赴任早々遭遇したらしく、次にあった時には「ネズミ捕りの道具はどこで買ったのか?」と質問された。もちろん私は懇切丁寧に、お弁当を野良猫に分けてギブアンドテイクの関係を作っていたことを教えてあげた。それまで順風満帆だったボスはとんでもない所に飛ばされたと思ったことだろう。
 
 今やそのボスは東京のど真ん中に君臨している。ボスのお気に入りのヒルズにもやっぱり鼠がいるんですよ、ということはもちろん優しい私は今でも内緒にしてあげている。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-20 19:44 | つぶやき  

使えそうな箱

d0147727_20522395.jpg 国産のICE BOX である。ちゃんとそう書いてある。いい感じである。うちにぴったりである。台所に置いたら、食材入れにも使えるし、踏み台にもなりそうな頑丈な作りである。これ、untidyさんの引っ越しsaleで見つけた。
 今流行りのちょっと訳ありで3000円。その訳は蝶番が片方壊れていること。いつか頑張って修復するまで、扉を開ける時は気をつければいい。
d0147727_2053180.jpgd0147727_20534757.jpg
d0147727_20541291.jpg

d0147727_20543087.jpg
d0147727_205591.jpg

 何入れようかなあ。さしあたって、次々にいただく蜜柑入れときます。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-17 21:12 | アンティーク  

気分は欧州のクリスマス

d0147727_1843565.jpg

d0147727_18452861.jpgd0147727_18453821.jpg せっかく東京の真ん中に泊るのなら、夜の丸の内を歩いてみよう。欧州に行ったつもりで。写真だって、人を外して、ピンボケで撮れば日本じゃないみたい。
d0147727_18432071.jpgd0147727_18433539.jpg
d0147727_1843483.jpg

 d0147727_18441578.jpgd0147727_18442949.jpg
d0147727_18444423.jpg

d0147727_1845011.jpgd0147727_18451482.jpg ほらクリスマスマルクトだってあるじゃない。でもどの屋台も実は長蛇の列。何も買えず、何も摘まめず。甘くてスパイシーなホットワイン、ヴァンショーで温まりたかったけれど。仕方ない、ホテルの完全に横になれるバスタブで、テレビ見ながら温まりますか。

d0147727_18474724.jpgd0147727_18481223.jpg
d0147727_18491167.jpg

 不景気の関係か3人一部屋ならお得なパックもあるようで、誘ってくださった、M先輩、Oさん、ありがとう。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-16 19:09 | 国内旅行  

Che cos'e ? ⑭

d0147727_21352219.jpg


  実はお隣さんにいただいたもの。

さてこれは?
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-15 21:59 | アンティーク  

王の朝

d0147727_745508.jpgd0147727_746169.jpg
d0147727_7475770.jpg

d0147727_7461534.jpg
 遂に王座に着いた私は、翌朝はまずホテルのプールへ。水着姿は自分では見ないようにして、王の気分に浸る。音楽の聞こえる水の中をちょっと泳いで、温泉のようなジャグジーで暖まった後は、デッキチェアーに横になる。窓の水滴を通して見える外の景色に心奪われて、バルコニーへ出てみる。冷たい朝の空気もなんだか爽快な気分。
 東京の空も王の目で見ると、結構綺麗じゃない?誰かが言ってたっけ。東京はお金と時間と健康が揃っていれば、最高の街だって。

d0147727_7485742.jpgd0147727_7501497.jpg
d0147727_7504911.jpg

d0147727_7511328.jpg

 d0147727_7515917.jpgd0147727_7523519.jpg
d0147727_7525092.jpg

d0147727_753630.jpg
もちろん朝食も豪勢に。いえいえ決して全部を一人で食べたわけではない。私のメインはバナナブレッドのフレンチトーストにバナナのフランベ添え。もちろん友人の頼んだ、マッシュルームオムレツや、ヘルシーなホワイトオムレツもちょと味見はしたけれど。タワーのサーモンや生ハムもお代わりはしたけれど。

 クリスマスツリーの下には、プレゼントが沢山。うきうき気分は続く。
d0147727_7543971.jpg
d0147727_7545316.jpg

d0147727_755942.jpgd0147727_82663.jpg 
d0147727_7563733.jpg ホテルの外には、こんな車がお出迎え。颯爽と乗り込み、朝の銀座ドライブに(注:すみません。もちろんこれはウソ、妄想でした。)
 
 短い王座だったけれど、すっかり堪能して現実へと戻った。

 
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-14 08:46 | 国内旅行