<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

モナリザの背景

d0147727_2233852.jpg

 この写真の場所は世界一有名な絵の背景になった。
 イタリア トスカーナのアレッツオで第一土日に行われる骨董市にあわせてアレッツオを訪れたのは数年前のこと。骨董市の中心に出店する女主人の住む古いvillaの2階に泊まった。そこに下宿していた日本人女性の案内でトスカーナの小さな町をめぐり、この橋の見える場所で、ペコリーノチーズとパンを食べた。
d0147727_22282259.jpg
d0147727_22285565.jpg

 villaの周りの広大な敷地には羊や七面鳥が飼育され、その同じ場所にアンティークのアイアンや農具、大理石のオブジェが無造作に詰まれ、ビニールハウスの中は農作物ではなくてアンティーク家具がところ狭しと置かれていた。ちょうど家具修復を始めたばかりだった私は簡単にばらせて持って帰れそうな椅子はないか、と物色して回った。
d0147727_22272527.jpg

 骨董市の前日、会場への家具の輸送用トラクターに便乗させてもらった私はなんだか自分も骨董市に参加しているようで興奮した。当日は女主人に「日本人には3倍は吹っかけるから、買いたいものがあったら言いなさい」という助言に恐れをなして、ほとんどなにも買うことはできなかった。お昼は女主人の店で、昨日一緒に作った七面鳥のローズマリー風味煮込みをいただく。去る前に彼女の店で何かを買いたい。しかしアイアンや大きな家具が中心で、買えそうなものがない。箱の中を引っかきまわして、錆錆のとんかちの頭と杯を買った。彼女はかわいい、といってとんかちを選んだ日本人を不思議そうに眺めていた。
 別れの時、私は習いたてのイタリア語で Ci  vediamo !と言った。また会いましょう、彼女とのこの約束を果たすため、明日からしばらくイタリアに行くことにした。
 人生の第2章を始める前にゆっくりと今までの時間を見つめなおしてくるつもりだ。
d0147727_22302390.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-17 23:17 | 海外旅行  

がらくた好き

 修復を始めてから趣味と実益(?)を兼ねて日曜日には骨董市に通った。骨董といっても私が購入するのはこんなもの。他人が見れば単なるガラクタ。それは判っているけどやめられない。
d0147727_9573623.jpg
d0147727_957569.jpg

 異国の絵描きの手作りの筆とウサギの風船作りに使われたガラスの型。

d0147727_9581955.jpgd0147727_9585311.jpg
 雨樋を支えた物とナイフを切り出した後の板d0147727_9591114.jpgd0147727_101655.jpg
 異国の牛乳瓶の蓋はマグネットを貼り付けて加工。日本の古い教会で使われていたとんがり帽子の瓦。
d0147727_1012710.jpgd0147727_102184.jpg
 たくさんの白い陶器はペンキを使って表札にしよう。でもタイルの型は何に使える?
d0147727_1034770.jpg
 そしてこんなものまで骨董市で発見。でもさすがに精度が重要な私の商売道具をここで購入する勇気はなかった。

 骨董市は宝探し。わくわくどきどきやめられない。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-16 10:36 | アンティーク  

家の顔

d0147727_2213315.jpg

 家の顔といったらやはり鬼瓦。正面玄関の鬼瓦は見たことがない変わった形をしていた。屋根の修復のため取り外したこの鬼瓦をどうしょう?
d0147727_2214375.jpgd0147727_2215349.jpg

 屋根の上に乗っていた土で玄関に土間を作った。そこを瓦で飾りをつけたいと思っていた。当然中央にはこの鬼瓦を埋め込むしかない。自分としては完璧と思ったのだが、、、。大工の亀さんの顔色がさえない。「瓦を踏みつけちゃいけないよ。やっぱり瓦は起こしておかなきゃ」
d0147727_22153347.jpg
d0147727_22141691.jpg

  ということで掘り起こして正面玄関を入った真正面に飾ってみる。畳屋さんにいただいた敷き畳を敷いて。亀さんはうれしそう。でもなんとなく私はしっくりこない。
d0147727_22173185.jpg

 今度は横に置いてみる。まだ当分の間は安住の地が決まりそうにない、家の顔である。そして土間の中央には代わりに普通の瓦を埋め込んでみる。なんだかバーコードのようになった。修復は試行錯誤の連続である。
d0147727_22445432.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-15 22:53 | 古民家修復  

PIKALで磨こう

 荒れ果てた手術室に残された無影灯?の笠。さすがにこれは売り物にはならないということで、手元に残った。東京に持って帰って良く見ると、二つの笠を重ねてあり、内部には銀紙が貼り付けてあった。
d0147727_2218979.jpg

 二つの笠に分けてとにかくPIKALで磨く。PIKAL は万能金属磨きらしい。大きい方の笠は白い汚れが落ちると銀色になってきた。でも溝の所は上手く磨けない。困った時は師匠に相談だ。師匠の店には魔法の風呂がある。汚れた金属をそれに漬けるとあーら不思議、ピカピカになる。どうも強酸の風呂らしい。1週間毎日ひたすらPIKALをスチールウールにつけて磨いて筋肉痛になった私は師匠のお店でその風呂を試してみる事にした。でもそこで師匠から一言。「漬けているのを忘れるとすべてが解けて完全に消失します」「えっ!」あわてて引き上げに行く。最近物忘れのひどい私にはその風呂の前で見張っているのでない限り、忘れはててしまう自信がある。でもその風呂は師匠の店の外のトイレの隣にあり、寒くて暗い。ずっとなんて見ていられない。
d0147727_221985.jpgd0147727_22232070.jpg


 次に小さい方の笠をPIKALをつけたタオルでごしごし磨く。なんだかタオルに着いた汚れは緑色で、笠が赤銅色で熱を持ってきた。もしかしてこの笠は銅?という事は取れた汚れは緑青?
それって猛毒ではなかったか?(注:最近は緑青には毒性はない、と言われているらしい)
汚れが落ちて見てみると、手で叩いて作られた笠のようで凸凹や皺があった。この二つの笠は新しい台所で使うことにした。
d0147727_22193112.jpgd0147727_2223092.jpg


 最近熊野で瓦の山の中から2m弱の金属の棒を数本発見した。ピンクのペンキが付着していて、太さから考えてもどうも元々の窓のレールらしい。ペンキをスクレーパーで落としてPIKALで磨く。真鍮の円柱だ。でも長年の使用でところどころ凹みがあって、まだらにしか磨けない。困った時は師匠に相談。もちろん師匠は「では酸ですかね」とおっしゃる。その一言でまだらも味、と思ってこのまま使用することにした。酸は怖い。
d0147727_2228509.jpgd0147727_22273470.jpg
 

 師匠に教わった金属磨きの常識を一つ。磨き粉などをつけた布で金属を磨くと、布が汚れる。その汚れは解けた金属だから、一通り汚れが落ちたら、その汚れの着いた布でさらに磨く。ダイヤを磨くのにはダイヤを使うというのと同じで、銀を磨くには銀を使うのだそうだ。お試しあれ。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-06 23:37 | 古民家修復  

個性的な天井


d0147727_2214153.jpgd0147727_22164832.jpg     

           





  
 熊野の家で特に気に入っているのは、高い天井とその四隅に空いた空気穴。各部屋ごとに模様が異なっている。これは元の待合室の天井。


d0147727_2251655.jpgd0147727_2217083.jpg







 
 これは応接間の天井を正面玄関に移設したもの。部屋ごとに飾りが違うのはなぜか?大正の大工が自分の証をそれぞれ各部屋に残したのではないか。


d0147727_22141844.jpgd0147727_22174571.jpg


d0147727_22143262.jpgd0147727_22172730.jpg


d0147727_22223497.jpgd0147727_221869.jpg


d0147727_22122016.jpg
 空気穴のない天井の部屋もある。手術室はもともと飾りはあるが、空気穴は無かった。でもその飾りを生かして蛍光灯を仕込んだ照明を新しく取り付けた。ちゃんと面取りをして。この部屋の飾りは平成の大工、亀さんの証である。そう考えるとモダンですっきりしたかっこいい天井だ。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-03 23:28 | 古民家修復  

発掘品その3 「自動車講義」

  廃屋の大掃除の時に「紙物は売れないし虫がわくから焼却したほうがいい」と言われて古本はほとんどは焼いた。畑の真ん中で焚き火をしていたらいろんな人が見に来て、気にいったものは拾っていった。その中で知らないうちに師匠が拾っていたものが「自動車講義」。数ヶ月たって、師匠はその時燃やさずに持って帰った古本の存在を明かした。
d0147727_11251395.jpg

 大正7年3月3日初版でこれは昭和2年の訂正十版である。
d0147727_11455136.jpg
d0147727_1151734.jpg


d0147727_11512377.jpg 内容は自動車構造学、自動車駆動機学、自動車着火法、自動車操縦術、自動車修繕法、電気学、機械学などなど。乗用車の種類について見てみる。乗用車は使用目的に従い色々な種類があり、旅行用車は前に二人、後ろに三人、ツウリング カブといい、漫遊車と訳すべきもので、日本では幌型という。ロードスターに天蓋をつけるとクーペ、幌型の上に箱を附し、運転手の座席には横に硝子窓無き時これをリムジン、窓があるとベルリン、、、、。


 きっと車の好きな人には構造図面が面白いのかも知れないが、私には全く意味不明。ただメルセデス型という言葉が興味を惹いたので載せてみる。
d0147727_11465257.jpg
d0147727_11514180.jpg


d0147727_13111727.jpg
 東京の教習所の教本らしい。大正モダンな表紙がおしゃれだ。
 祖父は慶應ボーイだったから東京で自動車免許を取ったのかもしれない。でももちろん祖父が運転したところを見たことはない。母に確認すると、祖父はそんな性格ではないから、曽祖父のものだろう、と言う。 問題集つきである。曽祖父はこんな勉強もしていたのか?恐るべき明治の男である。
ひ孫の私は20年来のペーパードライバー。熊野移住にむけ、教習所に通う予定ものびのびになっている。スピード恐怖症だ。母も私も熊野の家に今まで車が置いてあるのを見たことがない。そして、今でもまだ熊野には車がない。

d0147727_11515547.jpg
[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-02 13:16 | アンティーク  

処置室は出入口へ

 怪しげな処置台が置かれ、ボイラーが通っていた部屋は庭に面した中央部分。窓まわりの外壁や基礎の傷みが激しく、庭への出入口へと大幅な変更を行った。
d0147727_8132517.jpg

 このボイラーは標本室に本体が置かれ、手術室、処置室に配管されていた。とても重いもので、男性4人がかりで庭に運び出し、今では庭のオブジェになりつつある。ボイラーを囲っていた棚はペンキを塗ってトイレの棚に再利用することに。
d0147727_8134442.jpg
d0147727_8142852.jpg

 廊下に通じていた通路を壁で区切り、こちら側はクローゼットに、廊下側は小さな納戸に変更した。元々の壁は浅葱色の土壁だったが、傷みが激しいところは漆喰を塗り、ペンキで色をつけた。浅葱の土壁はもうできないものだそうで、今回納戸の壁に一部だけそのまま残してある。
d0147727_8145464.jpg
d0147727_815871.jpg

 アンティークの鏡つきコートフックや照明を取り付け、ちょっとアクセントにタイルを貼った。明るい庭への出入口ができた。
d0147727_8181155.jpgd0147727_8195952.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2008-03-01 09:00 | 古民家修復