カテゴリ:アンティーク( 174 )

 

ホントは骨付き羊肉用のナイフセット

d0147727_20275870.jpg

d0147727_20285064.jpg
 カトラリーをアンティークのセットで揃えるのは憧れ。骨董市ではシルバーのカトラリーはセットでもバラでも良く目にするけれど、あまりに沢山で知識が無いと選べない。
 これは骨付きの羊肉用の器具の付いたナイフのセットだった。それをばらして購入。さすがに骨付きの羊肉料理はたぶん一生しないので、その特殊な器具は外してもらった。
 ナイフセットが手に入ったから、これからはこれに合う、フォークとスプーン探す楽しみができた。さしあたってシルバーのマークの勉強をしなきゃ。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-07-26 20:47 | アンティーク  

アジアンな一角

 かなり前に東京のアンティークショップで買った椅子。後で知ったのだが、アジアの物らしい。d0147727_20311582.jpgd0147727_2032527.jpg
d0147727_20325556.jpg

  熊野に運んでから、ずっと同じ場所に鎮座している。クッションも、下に敷いたラグも、ずっと変えていなかったのだが、今回、青いラグから紫のラグに取り変えてみた。
d0147727_20341228.jpgd0147727_203445100.jpg
 2枚のラグは、アンティークのラグの端切れをパッチワーク風にした物で、イスタンブールのバザールで買ってきた。コンランショップにも卸しているというその店に、2日通って値切って買った。
 私の中ではモンドリアン図形のようなこのラグが、この椅子には欠かせない。

 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-07-22 21:07 | アンティーク  

これもコラボ?

d0147727_21254434.jpg 
 蝶番が壊れていたあのice box、革で修復。たまには地味にこんな修復も。
d0147727_21262218.jpg
d0147727_21263944.jpg


d0147727_21332940.jpgd0147727_21315634.jpg
 
 


 

 
 もちろん中には、八十八夜、に摘んだ大事なお茶を入れてます。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-07-16 21:51 | アンティーク  

緑の器 : その6  「肉汁の受け皿」

d0147727_20244780.jpg
 廊下の突き当たりはワイルドな一角。やっと東京から運んできた、超重量級の棚の上には、この器が似合うと思っている。

 これは、暖炉などで肉を丸ごと調理する時に、下に置いて滴る肉汁を受ける為に使われたお皿。私の頭の中では、子豚の丸焼きがぐるぐる回っている。

 これのどこが緑の器なのか、って?
 まあまあ近づいて中を覗いて見て!

d0147727_20192176.jpg
d0147727_20231512.jpg

 ねっ!
d0147727_207311.jpg

白状すると、肉汁の受け皿は実は他にももう一つ持っている。でも石釜も、暖炉も、料理用ストーブも無いので、今のところ出番はない。今度の冬こそ、肉汁の滴る料理でpartyしたい。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-07-13 20:39 | アンティーク  

失礼な客

 恵比寿のRudiさんの店で見つけた壺。ぱっと見て「梅干し用にぴったり」なんてつぶやいてしまった。フランスからわざわざRudiさんが持ってきたアンティークの壺に、なんて失礼なことを言ってしまったんだろう。
d0147727_19535450.jpgd0147727_1954514.jpg
d0147727_19541534.jpg

d0147727_2012391.jpg
 言ってしまったからには、実行しないと。

 タッパに詰めて塩漬けしていた梅を、赤紫蘇と一緒にこの壺へ。

 数日後におそるおそる蓋を開けてみると、綺麗な色に漬かっていた。あとは、3日続けて晴れる日を待つばかり。

d0147727_19481426.jpgd0147727_19502172.jpg 紫蘇と手に相性がある、と言うのは熊野では常識のようなのだが、私は初めて知った。相性が悪いと綺麗な色が出ないという。良かったあ、私の手、相性良くて。
d0147727_19514331.jpgd0147727_19431127.jpg
d0147727_19443934.jpg

d0147727_19451625.jpg
d0147727_19452829.jpg

 綺麗な梅干しになったら、味は保証しませんが、Rudiさん、お持ちしますね。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-07-08 20:50 | アンティーク  

緑の器 : その5  「フランスのソーシエール」

d0147727_18505071.jpg
 緑のソーシエールを緑の間に。ちょっと北欧の器のようだけれど、フランスのもの。深くて、でも明るい緑がいい。注ぎ口が一つだったら、和の片口のようにも見える。
 中にはparisさんにいただいた大切なヌガーを。大事にいただいています。   
d0147727_18495832.jpg
d0147727_18501717.jpgd0147727_18503213.jpg
d0147727_18511017.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-06-25 19:01 | アンティーク  

Che cos'e ? 23

d0147727_20413230.jpg


d0147727_203565.jpg
 もちろんカゴである。
 では、いったい何に使われていた籠かというと、、、。


さてなーーんだ?
[PR]

by mobiliantichi | 2010-06-16 21:12 | アンティーク  

珍しく花柄が気にいって

 フランスから来た箱。蓋を開けると、こんな可愛い花柄が現れた。
d0147727_19131268.jpgd0147727_1913246.jpg
 いかにも、誰かがずっと大切にしていた花柄の紙を、自分で箱に貼って使っていたという感じがいい。私も子供の頃から、気にいった包装紙や和紙を使わずに取っておいて、空の木箱に貼って自分だけの宝箱を作ったものだった。
d0147727_1914788.jpgd0147727_19142611.jpg
d0147727_19143692.jpg

d0147727_19155786.jpgd0147727_19161522.jpg
d0147727_19163191.jpg

 中には何を入れようかなあ。自分でもちょっとさらに手を加えたい、そんな箱だ。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-26 19:33 | アンティーク  

CM190

d0147727_21261220.jpg
Pierre PaulinのCM190というラウンジチェア。最近増えた椅子コレクションの1つ。
Pierre Paulinは、昨年亡くなったフランスの大御所らしい。

そしてこの椅子、私の持つ椅子の中で、座り心地が1番。座面が大きくて、もっと太っても大丈夫そう。

 ということで、今もこの椅子に座って、このブログを書いている。

d0147727_21264537.jpgd0147727_21265945.jpg
d0147727_2127154.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-20 21:52 | アンティーク  

oil & vinegar 

d0147727_20583444.jpg


今、一番使える器。
d0147727_20584374.jpgd0147727_2059373.jpg

 新鮮な野菜のサラダには、塩、胡椒にoil&vinegar がいい。
 本当は自家菜園の野菜といきたいところだけれど、いただき物、お裾分け、道の駅で手に入れたお野菜で。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-12 21:13 | アンティーク