熊野自慢 その28 「くじら博物館」

 太地はかつて捕鯨で栄えた町。いたるところにクジラがいる。
d0147727_1943429.jpgd0147727_19431658.jpg
d0147727_1943467.jpg

 橋も船の道も噴水も。かつての捕鯨船だってある。
d0147727_19444387.jpgd0147727_19451021.jpg
d0147727_19453313.jpg

d0147727_1945572.jpg
d0147727_19462228.jpg

d0147727_19472117.jpgd0147727_19474671.jpg
d0147727_1948316.jpg

d0147727_19493619.jpg
 もちろん今回の自慢はこの博物館。子供の頃から展示品はほとんど変わっていないように思えるレトロな博物館。中に入ると、まず骨格標本と脊椎でできた鬼瓦が出迎えてくれる。
d0147727_1951525.jpg
d0147727_195296.jpg

ひげクジラのひげはもちろん、耳垢だってホルマリン標本。もちろん他にも沢山の様々な臓器の標本があるが、それはちょっとここで公開するのもはばかられるような、、、、。d0147727_19523888.jpgd0147727_19525954.jpg
d0147727_19531831.jpg

 クジラから作られた様々な製品。この展示も本当に使われていたころから、変わっていないようだ。私が子供の頃は、子供百科事典には捕鯨とクジラがもたらしてくれる恩恵について、同じような絵の解説があった。d0147727_1954197.jpgd0147727_195423100.jpg
d0147727_19544335.jpg

 中にも外にも原寸大の模型が沢山。d0147727_19574944.jpg
d0147727_1958573.jpg

d0147727_2005141.jpgd0147727_201163.jpg
d0147727_2013055.jpg

 実際のクジラは今はシャチとイルカが飼育されていた。昔はたしかゴンドウクジラもいたのだが。このイルカは先祖返りで、腹びれがあるそうだ。確かに普通のイルカにはこんなひれなかったはず。でも奇形の個体の展示はちょっと悲しい。d0147727_2035396.jpgd0147727_2042116.jpg
d0147727_2051896.jpg

 捕鯨船の模型は原寸大の鮮やかなものもある。d0147727_206518.jpg
d0147727_2062158.jpg

 でもここに来たら、絶対チェックしてほしいのはこの絵巻物。見たことがない人が想像で描いたら、毛が生えたクジラもできた。d0147727_2072398.jpgd0147727_2073681.jpg
d0147727_207512.jpg

d0147727_2081462.jpgd0147727_2084577.jpg
d0147727_209186.jpg

d0147727_2092154.jpgd0147727_2094081.jpg
d0147727_2010197.jpg

d0147727_20101724.jpgd0147727_20103626.jpg
d0147727_20110100.jpg

d0147727_20121110.jpg
 年代的には、子供の頃にクジラを食べていたはずなのだが、全く記憶にない。熊野ではいろいろなクジラの肉が売られているが、最近2回ほど食べる機会があり、結構美味しくてびっくり。それはミンククジラの刺身とクジラの酢の物。クジラを食べてみたいという方、いいお店紹介します。

 そうそうお土産はもちろんクジラ。d0147727_20535983.jpg
d0147727_20542691.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2009-07-14 20:51 | 熊野自慢  

<< アマルフィーの女神 ショック!! >>