ショック!!

 ずっとはっきりしない天気が続いていた熊野。ほとんど毎日曇りで、1回は雨が降った。だから洗濯は部屋干しだった。久し振りの快晴の週末、母屋の奥にある物干しに洗濯物を干しに行って、見つけたのは、、、、。
d0147727_20331497.jpg

 いったいいつ崩れたんだろう。確かに今年の梅雨の雨は、夜中に豪雨や台風なみの強風となった日も多かった。それにしても100年近く持ちこたえていた石垣がこんな無残な姿になるなんて。
d0147727_20333312.jpg

 困った時は大工の亀さんに電話。亀さん、休みの日だというのに、駆けつけてくれた。本当に亀さんがいなかったら、熊野の家の管理人の仕事は私には勤まらないだろう。石垣の向こうには線路があるし、このままだと雨でもっと崩壊が進むだろう、ということで、とにかく応急処置を施すこととなった。
 生まれて始めて、亀さんの指導のもとで、土嚢作り。両端には紐で丸太を縛り、重しにする。風でビニールシートが飛んで、電車にでも事故を起こさせたら大変なことになる。
d0147727_20294895.jpg

 この石垣は、いろいろな方から誉められたものだったので、なんとか修復したい。とにかく植物の根がいけないということなので、草木が生えないように工夫しないと。崩れていない部分だって、いつ何時崩壊するか解らないわけで。石垣修復の匠をご存じの方がいらしたら、ご紹介ください。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-07-13 20:51 | 古民家修復  

<< 熊野自慢 その28 「くじら博物館」 梅雨の晴れ間の日曜日は >>