2年前の今日は ②  職人のいる国

 モロッコのすごさは、今でも色々な素晴らしい気の遠くなるような手仕事が残って、行われていること。
d0147727_22472526.jpgd0147727_22475263.jpg
d0147727_22481438.jpg

 陶器の絵付けもd0147727_22491344.jpgd0147727_22501061.jpg
d0147727_22505264.jpg

 モザイクタイルもd0147727_22524057.jpg
d0147727_22533574.jpg

 革の染色もd0147727_22555390.jpg
d0147727_22561937.jpg

 生地の機織りもd0147727_22575997.jpg
d0147727_22584125.jpg

 金物のレリーフもd0147727_2324428.jpg
d0147727_233317.jpg

 特産のアルガンオイルは、収穫のために山羊を操り木に登らせる少年と、実を割って殻を取り去りオイルを絞る少女の協同作業d0147727_2332376.jpgd0147727_2333982.jpg
d0147727_234091.jpg

 パンはそれぞれの家庭で生地を作った後は、町のパン窯でパン焼き職人にまかせる。d0147727_2351376.jpg
d0147727_2353992.jpg

 他にもとにかく手仕事の小さい店が沢山あった。

 その中に、安いおもちゃを販売している露店があった。あまりお客はいない。
 モロッコ人のガイドは、「あのおもちゃは安いけど、中国製だからねえ。」と言う。
 手仕事の良さを知っているモロッコの人達は、安い大量生産の工業製品はよしとしないようだった。そういえば、1件だけ見かけたマクドナルドにも、人影はまばらだった。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-22 23:31 | 海外旅行  

<< homemade 霧の千枚田 >>