灯台巡り 城ケ島灯台

d0147727_21345687.jpg
 熊野に来てから、すっかり灯台好きになった。そして東京でも灯台を探す。
 三浦半島の先っぽ、城ケ島に古い灯台があると聞いて、訪れた。

 明治3年(1870年)に建てられた灯台は、関東大震災で一部が崩壊し、大正15年に修復をされている。外壁が小さな白いモザイクタイル。
 前の小屋もまっ白になっている。残念ながら、この灯台は登ることはできないので、磯に降りてみることにした。

d0147727_21355581.jpg
d0147727_21362466.jpg

d0147727_21363981.jpgd0147727_21365594.jpg
d0147727_21371136.jpg

 ここは磯の香りがする。熊野に来た友人が不思議がることに、海の匂いのがあった。熊野の家はすぐ海なのに、ちっとも海の匂いがしない。海のこの匂いは海藻の匂い?d0147727_213887.jpg
d0147727_21384598.jpg

 ここに来てとっても不思議だったのは、人の多さ。なんでこの海、この景色にこんなに人が集まるのだろうか?私鉄とバスを乗り継いでいくような辺鄙な場所なのに、ただ東京から近いから?d0147727_2139914.jpg
d0147727_21392766.jpg

 灯台ファンの皆様。
 城ケ島の灯台はちょっとおしゃれでいいですが、
 熊野の灯台はちゃんと登れるし、180度以上の水平線を見ることができる。
 そしてなにより、人がいない。
 ぜひ熊野へもお越しください。

 ほんとに最近では東京に行くたびに、この人間達はどこからあふれ出てくるんだろう、と思うのです。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-16 22:11 | 国内旅行  

<< 熊野自慢 その25 「ホタルの... お皿を飾るために必要なもの >>