Che cos'e ? ⑦

d0147727_2055512.jpg

 木目もなんだかはではでしく、黒いしみも、パテ埋めの跡もそのままのこれは?



d0147727_2058439.jpg

 私の書斎のデスク。
 三宿のグローブで見つけた時は、真っ黒で、天板がひび割れた机だった。
 サイドも欠けていたりしたので、師匠がお店の人に修復を指示。
 「欠けている部分は補って、黒の色は落して。」
 その状態で師匠の店に届いたこの机、そのままでも気に入った人もいたらしい。
 そしてそこから後の修復は、師匠の工房を借りて、私がやることになった。
 つぎはぎの部分が目立つので、ペンキを塗る。
 このペンキも予算の関係から、師匠の店に余っていたものを分けていただいた。
 天板には色は入れずに、ただ磨いた。
d0147727_20561732.jpg
d0147727_20571171.jpg

 そして普段はこの机の上で、ブログを書いている。
 
 我が家の家具は、時代も雰囲気もてんでばらばら。
 でも持ち主は統一された基準がある、と思っている。
 2、3師匠の押しに流された感のあるものもないわけではないけど、、、、。
 この机は、自分で見つけた。基本はこういうシンプルなものが好き。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-14 21:01 | アンティーク  

<< お皿を飾るために必要なもの 目隠し >>