熊野自慢 その23 「橋杭岩」

 久し振りの快晴。紀伊半島の先っぽを、南紀白浜から海沿いに熊野までドライブ。
d0147727_2155636.jpg

ここは昔から有名な橋杭岩。弘法大師が天の邪鬼に騙されて、橋を掛け損なった場所らしい。
d0147727_2162087.jpgd0147727_217724.jpg
潮が引いていれば、大きな岩の近くまで、歩いていくことができる。でも岩の向こうは、波が普通に岩にぶつかっている。写真ではなかなか伝わらないが、とっても不思議な風景。d0147727_218189.jpg d0147727_2194426.jpg

d0147727_2110258.jpg
 足元の岩は黒くて、凸凹した不思議な岩。

 ここの駐車場の向かいにある和菓子屋の、薄皮饅頭は有名。デパートの物産展などにも出るという。まだ温かいお饅頭を食べたのは初めて。

串本まで足を延ばすと、国道沿いにある橋杭岩は必ず立ち寄る場所。潮の具合で、景色がかなり変わるから。これはまた違う日の様子。d0147727_2125957.jpgd0147727_2131569.jpg
d0147727_2134283.jpg

 こんな風に同じ場所を撮った写真が、少しずつ溜まってきた。熊野で長い時間を過ごすようになって、そろそろ1年。熊野に来た友人を案内しての観光も、かなりの場数を踏んできた。これからいらっしゃる方には、お勧めを要領よく案内できると思う。ぜひお越しを。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-06-07 21:43 | 熊野自慢  

<< 珍しく花柄のそれもカーテン 青の器 その12 : クリニャ... >>