熊野自慢 その22 「梶取埼灯台」

 梶取埼灯台。「かんとりさき」と読む。
d0147727_2041401.jpg


 熊野に来てから、すっかり灯台好きになった。すでに潮岬灯台樫野崎灯台に登った。
 今回はちょっと新しい灯台を紹介。
 梶取埼に近代的洋式灯台が作られたのは、明治32年。
 そして今の灯台は昭和38年に改築されたもの。
d0147727_20433720.jpg
d0147727_20421321.jpg

 捕鯨で栄えた太地にある灯台らしく、風見鶏ならぬ風見鯨。
d0147727_20444387.jpg
d0147727_20423911.jpg

 残念ながら灯台には登れないので、下から熊野灘でクジラを探す。
d0147727_20453511.jpg
d0147727_2046121.jpg

d0147727_20462042.jpg
 やはり、ホエールウオッチングはできなかったので、近くにあるクジラ供養碑で記念撮影。このあたりでは普通にクジラ肉を売っている。イルカも普通に食べたらしい。

 太地にあるクジラ博物館は、子供の頃からのお気に入りの場所。今度詳しく紹介しよう。実は古物好きにはたまらない、かなりレトロな博物館なのである。
 

[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-26 21:24 | 熊野自慢  

<< 廊下用の絨毯 激辛はお好き? >>