日比谷散歩

 住んでいる時は、わざわざ公園に散歩になんて行かなかった。
 それも東京のど真ん中の公園なんて。
 イメージとしては、排気ガスと車の騒音の中の人口的な緑。
 実際はとても静かな場所だった。もちろん人はいるけれど。
 苔生す岩もあるし、池では亀だって甲羅干しをしている。
d0147727_2172841.jpgd0147727_2174717.jpg
d0147727_218577.jpg

d0147727_218713.jpgd0147727_2183862.jpg
d0147727_2191470.jpg


d0147727_2194667.jpgd0147727_2110755.jpg
 公園の端には雰囲気のある建物が見える。
 昭和4年に建てられた日比谷公会堂だ。
d0147727_21105454.jpgd0147727_21111512.jpg
d0147727_21113216.jpg

d0147727_2115476.jpg
d0147727_2116230.jpg

 公会堂の裏は市政会館だったなんて、知らなかった。
d0147727_2113793.jpgd0147727_21133135.jpg
d0147727_21151288.jpg

 この建物はずっと日比谷公会堂だと思っていた。
 市政会館ってことは東京市だった時代に建てられたからか?
d0147727_21124524.jpg

  前を車で通り過ぎることはよくあっても、都心の建物をじっくり歩きながら見たことは、今までなかったように思う。渋谷や銀座と違って、永田町や霞が関のあたりは歩く人も少ない。都心散歩は今後の東京の楽しみ方の一つになりそうだ。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-14 21:50 | 国内旅行  

<< ゆるーい職場 なんでも扱います 動物コレクション その15: 海獣 >>