格子

 久々の修復記録。
 元々、窓の外に格子が着いている場所があった。
 それは母屋へと続く道の部分で、中の部屋でいうと待合室と応接間で、西側だった。
d0147727_10351797.jpg

 部分的に傷んでいるところを補修して、ペンキを塗った。
d0147727_10391575.jpgd0147727_1036141.jpg
d0147727_10361481.jpg

 さらに元々は格子のなかった北西の場所にも、亀さんは同じ格子を作り、北東の2部屋は金属製の格子にしてくれた。
d0147727_10382351.jpg
d0147727_10354139.jpg


 雨戸の着かない構造だったので、きっと人の通りの多い場所には、格子をつけたのだろう。
 いかにも病院、という感じだという人もいるが、私は結構気に入っている。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-05-09 11:05 | 古民家修復  

<< 動物コレクション その14: ラクダ やっぱり蕎麦も好き >>