にぎやかな孤独

d0147727_23295610.jpg

 いままで読んだ本のなかで、一番心に残った文は?
 中学の教科書で呼んだ島崎敏樹の随筆。
 なぜか珍しく気になって、その作者の本を2冊も買った。
 岩波新書の「心の風物詩」と「幻想の現代」
 その中にあった「陽気な現代」「にぎやかな孤独」
 この2つの言葉がずっと心から離れない。

 よく人に「一人で寂しくない?」と聞かれる。
 誰もいない家に帰ること、一人旅をすること、全然寂しさを感じない。
 私が寂しさを感じる時、いつも回りには沢山の人がいる。
 沢山の人がいるのに、自分は一人だと感じる時、とてつもなく寂しい。
 だから宴会は嫌い。人ごみは嫌い。コンサートや祭りにも興味がない。
 
 にぎやかな孤独。これが一番恐ろしい。
d0147727_23301491.jpgd0147727_23302841.jpg
d0147727_23312583.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2009-04-16 23:56 | 花と動物  

<< ドラゴン 襲来 お盆は基本の形が望ましい >>