sverniciatore

d0147727_1924374.jpg
 晴れた休日、重装備で例の家具の修復を再開。
始めて使う薬はイタリア製のsverniciatore 。シールも剥がすし、金属も磨けるらしい。またまたtomo-ingpさんのご厚意に甘えて、分けていただいてきた。
刷毛で塗って、5分待つ。それからヘラで浮いてきた汚れをこそげ落とす。
d0147727_19242062.jpg
d0147727_1927595.jpg

d0147727_1930351.jpg
 結構な力仕事ですぐにお腹がすいてきた。お昼は春菊やニラや香草たっぷりのチキンフォー。
 胡椒とチリパウダーを効かせて。
 午後の作業はアルコールとスチールウールで。やっと少し引出と周りの色が近づいてきたよう。d0147727_19294616.jpg
d0147727_19272837.jpg

 作業には思わぬ発見がつきもの。見えない場所にはこんな板を使っている。何か他のものから取ってきたのだろうか。それとも節?d0147727_1928810.jpgd0147727_19282432.jpg
d0147727_19283925.jpg

d0147727_1930158.jpg

d0147727_19302624.jpg
 花粉症がひどくなってきたので、今日はこの辺で。
久し振りの晴れ間に外での作業。あわてて薬を飲んだが、全く効かない。熱もでてきたかも。今日は早々にお風呂の入って寝ることにしよう。すでにティッシュを1箱消費した。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-03-07 20:22 | アンティーク  

<< 熊野自慢 その19 「幻の魚 ... 青の器 その9 : 骨董市で、... >>