水中メガネをかけた宇宙人

d0147727_19164625.jpg
 私にはそう見えるんです。
 それか、祭りの衣装で着飾った
 バク。

  さて、これは、、、、、?





 
d0147727_19161691.jpg
 アンティークのベッド枠。
 だからこの飾りはアールヌーボーの時代のものかもしれない。
 ちょっとグロテスクにも思える昆虫や花に、曲線が多用された時代。

 
d0147727_19172786.jpg
 足の方の飾りはもっとずっとシンプル。
 アンティークのベッドは、欲しくて探しても、なかなかない。
 やっと見つけてもサイズが合わないことが多いし、飾りがいかにも粗削りなのはちょっと。
d0147727_1910692.jpg 
 濃い色の壁に工場系のランプ。それにペンキを塗ったデスク。そんなちょっと男性的な私の書斎で、このベッドは異質。そして今はここに畳ベッドがはまっているから、もっと異質。だからそれを覆い隠すベッドカバーを探している。
 実は先日、東京の某店でちょっと気になる生地を見つけて、机の下から引っ張り出そうとして、店のお兄さんに見つかってしまった。
 「またなんか見つけましたね?それまだ値段がついていないんですよ。」とお兄さん。残念。

 こんど東京に行けるのは、月末になる。「その時まで、机の下に隠しといて」とはさすがに言えなかった。
 

[PR]

by mobiliantichi | 2009-03-03 20:10 | アンティーク  

<< ちっちばあちゃん 誰も知らない熊野名物 >>