誰も知らない熊野名物

 それはアテモヤという食べ物。
 食べたことがある、という人を今まできいたことがない果物。
 でも某テレビ番組で熊野の名物で紹介されたとか。
d0147727_16345157.jpg

 見た目はサボテンか、巨大ないちごの化石か。
 大きさはマンゴー位。堅いからに覆われている。
d0147727_1635758.jpg

 凍ったままで一口大に切り分けてみる。
 シャーベットのような感じ。
 溶けた状態では全く違う味になる。
 マンゴスチンとも違うし、ライチに少し似てるか。でも違う。
 チェリモアが一番近いのではないかなあ。

 実は我が家で開かれたpartyで、お土産としていただいたもの。
 子供11人、大人10人の総勢21人で3個のアテモヤを試食した。
d0147727_16352320.jpg

 子供達は廊下で「だるまさんころんだ」をしていた。
 その時、この家は小学校の休み時間の様相だった。
 いやほんとすごかったです。
 今度から、このpartyは晴れた昼間に開催しよう。 
[PR]

by mobiliantichi | 2009-02-27 16:52 | 食べ物  

<< 水中メガネをかけた宇宙人 とっておきのスマイル >>