熊野自慢 その17 「潮岬灯台」

 日本最古の石造りの灯台、樫野埼灯台の近くにあるもう一つの灯台。
 それは本州最南端の潮岬にある日本で最初に作られた灯台。d0147727_22163757.jpgd0147727_22165234.jpg
d0147727_22174377.jpg

 1870年(明治3年)に木造で作られて、初点灯。
その8年後には今の石造りの灯台に改築された。
入口には当時のプレートが今も残っている。
d0147727_22183752.jpg
d0147727_22185399.jpg

 風が強い。写真ではわからないが、灯台の上に上ると、身の危険を感じるほど。
d0147727_22194656.jpg
d0147727_22202193.jpg

 灯台の沖合には、昔も今も沢山の船が航行している。
流れも風も強い難所だから、日本で最初に灯台が作られたようだ。d0147727_22211776.jpg
d0147727_222296.jpg

 灯台に付属した資料館ではこんなものを見ることができた。d0147727_2223451.jpgd0147727_22241990.jpg
d0147727_22243927.jpg


 熊野に来てから、灯台好きになった。高所恐怖症なのに灯台から海を眺める分には怖くない。
 それに灯台の横にある灯台守の家?がいい。灯台と同じ石を積んだだけの作り。
 これがなぜかとっても好きなのである。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-02-21 22:54 | 熊野自慢  

<< タオル掛けの使い方 頓挫しているもの >>