fatto in casa

d0147727_2072618.jpg

 熊野でしたかったことは、自家製のジャム作り。といってもジャムにこだわりがあるわけではなくて、ただ砂糖を加えて煮るだけだから、自家製初心者が手始めに取り組むのには向いていると思ったから。
  今年はまだ小さな花ゆずの木に、沢山の実が生ったので、ジャムを作ることができた。
 この木は亀さんと最初に庭に植えた3本の木のうちの1本で、最初の年から実をつけた。
 熊野の気候には柑橘類がやはり合っているのだろう。いろいろ植えたベリー系は、ジャム作りができるほどに実が生りそうなものは、今のところ皆無。
 本当はマーマレードはあの苦味が苦手だったのだが、だいぶ慣れてきた。
d0147727_20141013.jpg
d0147727_2081456.jpg


 線路脇の金柑では今年はジャムではなくて、コンポートと金柑酒にトライ。
d0147727_2083640.jpg
d0147727_2084580.jpg

 
d0147727_2073756.jpg
d0147727_2082574.jpg

 金柑酒の隣は去年作った枇杷酒。いい色になっている。
 ただ適当に氷砂糖とホワイトリカーに漬けるだけの果実酒作り。
 お酒は苦手なのに、手軽なので作って楽しんでいる。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-02-08 20:53 | 食べ物  

<< 熊野自慢 その16 「熊野石蔵... とちもち >>