300000000円の家

d0147727_1640183.jpg
d0147727_16403479.jpg

 中目黒から代官山へふらふら歩いていたら、「売り家」のポスターが電信柱に貼られていた。よくある1色刷りの不動産広告。でもそこに気になる一言が、、、。
値段は約3憶円也。d0147727_16404326.jpgd0147727_16405724.jpg
d0147727_1641881.jpg

 もちろん購入するつもりなんて全くないけれど、外でたばこを吸っている担当の不動産屋らしきお兄さんに、「見てもいい?」と聞くと「もちろん見て行ってください。有名な建築家の建てた家みたいですよ」との答え。えっ、お兄さんあなたはあの有名な建築家を知らないの?d0147727_1641223.jpg
d0147727_1641395.jpg


 建った当初は斬新なつくりだったのだろう。最初の持ち主が家族と暮らした後、法人が買ってすぐ売りに出したそうだ。
 まるでワンルームマンションのように、各階にお風呂とトイレがある。それもかなり立派な。でも部屋は狭い。不動産屋さんはまるでやる気なし。写真を撮っても、なにも言わない。d0147727_1641493.jpg
d0147727_1642566.jpg

 さてこの家、誰の設計か、皆様はもう分かりましたよね。
 表参道ヒルズもいつかこんな感じで、「有名な建築家が建てたビルらしいですよ」なんて説明されて、売られる日がくるのだろうか。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-01-30 16:59 | 国内旅行  

<< 緑の器 : その1  「チュニ... 柄にもなくワインバー >>