柄にもなくワインバー

d0147727_19255263.jpg
 
 アンティークの鏡付きのカウンターのあるJAZZの流れる薄暗いワインバー。
 そこで、一人グラスを傾ける。そんな違いのわかる大人の女に憧れていた。

 ブログでぴったりのお店を見つけて、勇気を出して行ってみた。
 図々しく、そのブログを書かれたparisさん
に予約をお願いして向かったのは、尼崎のnadja。

クジラのリエットに合わせていただいたワインは、初めての味。とってもさっぱりした赤。d0147727_19261045.jpg
d0147727_19265129.jpg

 ブルーチーズにはまた違った赤ワイン。2杯目のワインで、ちょっと酔っぱらった。d0147727_1927221.jpg
d0147727_19281855.jpg

 クジラのラグーのパスタの味付けには、ビッグカルダモン。d0147727_19284911.jpg
d0147727_19291298.jpg

 ワインの違いはよく解らないけれど、お料理は個性的で最高だった。
d0147727_1931136.jpgd0147727_19311432.jpg
d0147727_19312686.jpg

 翌日はnadjaさんに教えてもらった、お好み焼き屋へ。
 キャベツの甘みで美味しいお好み焼き。ソースは添加物なしのワンダフルソース。
 食いしん坊の私は、お好み焼きの味の違いがわかるおばさんの方が似合ってるようだ。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-01-29 20:51 | 国内旅行  

<< 300000000円の家 青の器 その6 : ティーカップ >>