Boku のグルメマップ 第3回 : contorno (付け合せ) 

d0147727_21153720.jpg

 人形町で一番有名な洋食屋と言ったら、芳味亭。一時期はテレビや雑誌によく登場していた雰囲気のある店だ。 最近のコメントを見ると評価はまあまあ。辛口のコメントもちらほら。そんなコメントを見ると、ちょっと寂しくなる。
 雑誌などでは「洋食弁当」が色々なものが詰まっていてお勧め、と書いてあるが、私は決して頼まない。私のお勧めは一皿の料理。
d0147727_21155788.jpg
 今回は一人、暖簾をくぐる。大人数では2階の座敷が雰囲気も楽しめて、お勧めだが、今回は入ってすぐに2つだけあるテーブル席にしよう。床の小石も、靴箱も変わっていない。
d0147727_21161146.jpg
d0147727_21162360.jpg

メニューを開いて、さて今日はタンシチューにするか、それともミニッツステーキか、でもランチにはちょっと重い。2人ならカニサラダは外せないのだが、一人であれを全部食べたら、他にはなにも入らないから、今回は我慢。d0147727_21163435.jpg
d0147727_21164597.jpg

 結局カニクリームコロッケと半ライスに決めた。
d0147727_21165620.jpg
 私がなぜ一皿の料理を勧めるかというと、実は芳味亭のお勧めは、他では味わえないきちんとした付け合わせだから。コロッケにはセロリのスープ煮とスパゲティーナポリタン。ポテトサラダや大根の酸味の強い付け合わせも絶品だ。付け合わせさえも、もう何年も全く変わらない。

 私が子供の頃は、スパゲティーと言ったら、ナポリタンかミートソース。私はミートソース派だった。それはナポリタンのスパゲティーに絡んだ玉ねぎの食感と味が許せなかったから。同じ理由で、マカロニサラダやポテトサラダの繊維に添って薄切りにされ、晒してしんなりした玉ねぎも苦手だった。だから芳味亭のデミグラスで合えただけの何も入っていない、このナポリタンはうれしい。ちょっと濃い目の味付けのここの洋食は、懐かしい昭和の味がする。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-12-20 22:01 | 食べ物  

<< 動物コレクション その9: サンタ 青の器 その5 : カモメの器 >>