左官屋さん

 古民家修復では、本当に熊野の職人さんに恵まれた。
 亀さんが選んでくれた職人さんたちは、皆さんきちんとした仕事をしてくれた。
 左官屋さんには、無理難題を言った。
 (といっても実際に言ったのは、師匠で、私は何もわからない素人施主。罪はない。)
 ペンキを塗る壁も、まずは漆喰を昔の「きずり」というやり方で、塗っていただいた。
 石膏ボードを使うのとは、同じ平面でも違う、という師匠の強いこだわりで。
 その他にも何十年ぶりだ、という技をいろいろ駆使していただいた。
 
d0147727_19391864.jpg 玄関の壁もその一つ。始めに見たときは、そんなに傷んでいるようには見えなかったので、そのまま残せる、と思ったのだが、、、、。
 突然ボロッと、、、。
 これも当時のやり方を思い出していただいて、作りなおした。
d0147727_19393190.jpg
d0147727_19394523.jpg

 仕事中の職人さんはかっこいい。
 そして元通りになった壁もかっこいい。
d0147727_1940331.jpg
d0147727_1941186.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2008-12-17 20:11 | 古民家修復  

<< 青の器 その5 : カモメの器 「院医村西」 >>