初恋の君は

d0147727_185955.jpg


 母から聞かされた、私の子供の頃の話。
 ある夜、私はお風呂場で転んだ。
 おでこをぶつけて、眉毛の上を切った。
 大量に出血した。暖まっていたから、傷の割に出血が多かったのだろう。
 蒼くなっている父。両親はあわてて、父の勤務していた病院に車で向かった。
 親の腕の中で、ぐったりしていた私が突然叫んだ。

  Esso !!

 車の窓の外にEssoのガソリンスタンドがあった。
 一声叫んだ後、またすぐ気を失った。

 Essoのトラが、私の初恋の君。
 記憶にない子供のころから、
 私は甘いマスクのチョイ悪に弱かったようだ。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-12-11 19:26 | アンティーク  

<< 変わったもの、変わらないもの 熊野自慢 その13 「みかん」 >>