熊野の朝 vivere felice

 やっぱり田舎の朝はいい。
 いろんな種類の鳥のさえずり、一番列車が線路を通過する音。
 沢山の窓からは清清しい朝の空気と一緒に、黄金色の朝日が差し込む。
 そしてこの家は朝日に向かって顔を向けている。
 ほら、
d0147727_8115891.jpg
d0147727_8121028.jpg

d0147727_8122389.jpg
d0147727_8123342.jpg

 
d0147727_8124367.jpg
正面玄関のガラスに写ったのは、海から上がったばかりの朝日だった。


一晩中、大雨が降った熊野の朝の 幸せ fericita を感じる一瞬。


 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-12-07 08:30 | 古民家修復  

<< white christmas... 218歳の大手術開始 >>