ある晴れた日

d0147727_21212922.jpg
 子供の頃は大きな池の近くに住んでいた。そこには小さな島があって、葦の茂る池の端には、誰にも見つからない私だけの秘密基地があった。池に浮かぶ鴨を見ながら、一人空想の翼を広げた。
秋晴れのある一日。柄にもなく、夢見がちな少女の気分にひたってみる。


まず最初は、今の私の秘密基地。
大きな木の裏側にある洞。
d0147727_21214776.jpg
d0147727_2122479.jpg

d0147727_2123015.jpg
 砲台跡は、昔ここで行われた領地を巡る壮絶な戦いを物語る。 


d0147727_2124970.jpg

d0147727_2125047.jpg
 遠くに見えるのは、囚われの王女さまの住む、魔法のお城。



d0147727_21253290.jpg

d0147727_21265463.jpg
 やっぱり王女を救うのは、白馬に乗った王子さまじゃなきゃ。
 

 と、ここまで書いて、やっぱり恥ずかしくなってきた。
 
 この散歩道は静かな公園に続く。

d0147727_21281132.jpg
d0147727_21283169.jpg

 公園ではのんびり写生をする学生や、幼稚園児をつれた保母さんを見かける。
d0147727_2129194.jpg
d0147727_21301047.jpg

 公園の出口は大きな門で、もちろんその脇には彼らがいる。
 そしてここが日本の東京だと言う事を、思い出させてくれる。
      おしまい。d0147727_21303668.jpg d0147727_21305335.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-11-28 22:18 | つぶやき  

<< 青の器 その3 : ロイヤルコ... アフリカの洗濯板 >>