秋田はすでに雪だった

d0147727_736443.jpg
 木曜日。東京は晴れて日差しが暖かかった。ふらふらと東京散歩。表参道の古着屋で懐かしいLL BEANの靴を見かける。通販にはまっていた一時期、この靴を試してみたい、と思ったものだった。店員さんが言う。「雪の日とかにいいですよ」
いまさらそう言われても、これから南国の熊野で暮らす予定の私は、全然こころ動かされなかった。
d0147727_7384264.jpg

d0147727_7385737.jpg 
 翌日は仕事で、早朝に羽田から秋田北空港に向かった。モノレールからは綺麗な富士山が見えた。空気はもう冬。
 天候調査中で1時間飛行機の離陸が遅れた時から、いやな予感はしていた。
でもまだ11月。去年はたしか、年あけから雪の心配をすればよかった。一昨年の大雪の年でも、11月はまだ雪はなかったはず。
d0147727_7393192.jpg 
 空港から 仕事場に向かうタクシーの運転手さんも、この時期にこんなに積もるのは、珍しいと言う。急な積雪で、道路も整備されていない。慎重にのろのろ運転で国道を走る。
d0147727_7394424.jpg 
 ぐちゃぐちゃの道を歩くと、靴下と革靴の隙間に雪が入って冷たい。そして、あの店員さんの一言が思い出された。あの人は預言者だったのか、、、。
d0147727_7401622.jpg
 帰りの飛行機も霧のため1時間近く遅れて、空港を離陸した。今年の冬、秋田のバイトは荒れそうな予感。
 その足で、あの古着屋に。その日の店員さんは、「これは今は作ってない形」「サイズもぴったり」   そんなことはどうでもいいです。雪でも平気っていいましたよね。
そして買ってしまった。
でもこの靴、裏は鎖模様があるだけ。滑らないのだろうか。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-11-24 08:25 | 国内旅行  

<< ここでも、シロアリ許すまじ  3つ子の魂100まで >>