トンネルを抜けると

 今日は移動に費やすのはもったいない天気だった。
 午前中のバイトを終えて、外に出る。海は綺麗な2色ずり。
 朝、干してきた洗濯物を取り込んで、干し椎茸も取り込んで、
 車を置いて、歩いて熊野市駅に向かう。
d0147727_21232176.jpg
 
13時23分発の特急スーパー南紀で名古屋に向かう。今回の席は海側。尾鷲まで、写真撮影に専念してみよう。走る列車の窓ガラス越しでも、デジカメは綺麗に取れるのだろうか。
d0147727_2124453.jpg
d0147727_21253580.jpg

 熊野市の次は尾鷲。その区間はほとんど9割がトンネル。だから面白い。トンネルを抜けた瞬間の景色を捉える。山の中なのに、海が現れる。 d0147727_2126214.jpg
d0147727_21264172.jpg

海沿いのがけっぷちを列車は走る。黒い影はトンネルの柱。d0147727_21272932.jpg
d0147727_21274991.jpg

尾鷲湾では養殖や石油のパイプラインが見える。d0147727_2128994.jpg
d0147727_2129940.jpg

3時間半の列車の最初の1区間。トンネルを抜けるたびに必死でシャッターを切った。d0147727_21294551.jpg
d0147727_21304766.jpg

 尾鷲を過ぎて最初の川で出会った決定的瞬間。
沢山の鳥が一斉に川から飛び立った。列車の音におどろいたのだろうか。
d0147727_21314738.jpg

 列車列車、と書いたのには訳がある。紀勢本線はこの区間、ディーゼルなのだ。
 さて、写真撮影の後は駅弁を食べて、お昼ねタイム。
 今回はあっという間に名古屋に着いた。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-11-14 22:01 | 熊野自慢  

<< 冷蔵庫大掃除レシピ un duex trois >>