尾鷲は今日も雨だった

 日本で一番雨が多い市として小学校の社会で習う尾鷲市。
そこは熊野市の隣の市だが、その間には険しい峠がある。
2000km走行記念に、今日は尾鷲までドライブ。
目指すは最近できた、熊野古道センターの中の
海洋深層水風呂とランチバイキング。

 海洋深層水風呂には、尾鷲ひのきの丸太が浮かび、
露天風呂からは尾鷲湾と向こうの山が見える。
(この写真はもちろん建物の外からとった尾鷲湾)
 露天風呂は酸性とアルカリ性の2種類があって、
酸性に入ってから、アルカリ性に入ると美肌効果が高いらしい。
張り紙には、「溺れている虫さんを見つけたら、虫網で助けてあげて下さい」とあった。
d0147727_14221125.jpg
d0147727_14222787.jpg


d0147727_14224773.jpg
お風呂の後はランチバイキング。
地元の主婦の方々が、チームに分かれて1週間交代で調理を担当。
素朴な郷土料理が1200円で味わえる。
d0147727_1423045.jpg
d0147727_14231581.jpg

 バイキングというと、どうしても全種類試してみたくなるもの。
今日のメニューは鯛茶漬けに鯛の兜焼き、鯵の南蛮漬け、秋刀魚の甘露煮などの魚料理の他に卵焼き、筑前煮、こんにゃくのきんぴら、柿なます、などなど。甘味はコーヒーゼリーにぜんざいに蒸しパンに果物。必然的に、ダイエットはまた明日からに延期となった。

 尾鷲は漁師街。隣同士と言っても、熊野との峠は昭和30年代の初めまで線路もなかったようなところなので、方言も人も全然違う。
 熊野名物のサンマ寿司は、熊野では絶対、背開き。切腹を嫌う武士の文化の影響とか。でも尾鷲のさんま寿司は腹開き。確か和歌山から熊野市までは元々は紀州藩、そんなことが関係しているのかもしれない。

 母は1歳から18歳まで、ここ尾鷲で育った。今回、峠道を無事運転することができたから、今度は母を連れて来ようと思った。なんといっても60歳以上では、ランチバイキングは1000円だそうだから。

 この峠、降雨量が300mmを超えると通行止めになるので、本日の尾鷲の下見はランチを食べて早々に熊野に戻ることにした。
 尾鷲と熊野の間は、雨に濡れた紅葉が綺麗なドライブコースだった。車を止めて写真を撮る余裕はなかったけれど。

 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-11-08 15:09 | 熊野自慢  

<< 正面の扉はもちろん家の顔 はちゃめちゃな本棚 >>