カーテンクリップ

d0147727_18212659.jpg

 私の部屋は大きなガラスの標本棚で廊下と仕切られているので、
 カーテンがないと、廊下から丸見えだった。
 先日そこにやっとカーテンを作った。これも古物の集まり。
 生地は元々フランスで、藁のベッドマットに使われていた物。
 カーテンレールはこの家で、古い窓のレールに使われていた真鍮の棒。
d0147727_18214265.jpg

 そしてカーテンクリップは、骨董市で見つけるたびに、少しずつ集めたもの。
 だから大きさも2種類。
 このクリップはただ挟むだけでいいすぐれもの。
d0147727_18215429.jpg
d0147727_1822852.jpg


 ちょっとは女性的な修復もしてるんです。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-11-05 18:41 | 古民家修復  

<< 発掘品その8 「オイルランプ」 みかんは秋の色 >>