みかんは秋の色

d0147727_1820359.jpg

 秋の丸山千枚田。すでに稲刈りは終わっている。
 春とは違う秋の里山。
d0147727_18201968.jpg
d0147727_18203832.jpg

d0147727_18205528.jpg
 片隅でみかんが売られていた。一袋100円。
 20年ぶりに熊野を訪れた友人は、その時と変わらないみかんの味に感激してくれた。
 子供の頃、運動会のお弁当の思い出は、この小さいみかん。
 かわが薄くて、むきずらい。でも甘ーい。 
道の駅では9月ころから収穫された極早生みかんと、最近の早生みかんが大きな袋に入って売られていた。早生みかんの次は何みかん?と売り子に聞くと、おくて、と言う。おおざっぱな分類だ。

 秋の熊野では、
 手のひらが黄色くなるくらい、みかんを食べよう。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-11-04 18:36 | 食べ物  

<< カーテンクリップ 熊野自慢 その11 「川湯温泉」 >>