出迎え

d0147727_1827726.jpg

 半月ぶりの熊野。鍵を開けて、家の中をチェック。変わりない。
 買い物をして戻っても、もちろん誰もいない。
 猫達もいない。

 寒いので、今日はうどんにしようと台所に立つと、窓の外に、かあさん猫が出現。
 挨拶を交わす。「子供達は独立したの?」「にゃあ」
 なんだかすっかり大きくなっている。どこかの誰かにだいぶお世話になっていたらしい。

 実はうちの台所には猫の手がある。
 イケアで買ったフック。
 壁から猫手、ということは実は家自体が猫ということ?
 かあさん猫が入りたがるのも仕方がないのかも。
 でも今日も母屋の軒下に帰っていただいた。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-10-31 18:41 | 古民家修復  

<< 熊野自慢 その11 「川湯温泉」 思い出の甘味 その2: 小川軒... >>