ベッドサイドランプ

d0147727_1517176.jpg

 ベッドで寝ながら本を読む。
 きっとそのせいで、ど近眼になったんだろう。
 親戚はみんな目がいいのに。
 眼球の大きさを測ったら、27mmあった。

 熊野の私のベッドサイドのランプ。
 解体の時、亀さんが丁寧に取り外してくれた古い碍子を使った。
 最後はちゃんとストローの形の碍子が天井を突き破っている。

 でもこの配線、プロがこんなことすると問題らしい。
 だからこれは私が友人の友人に頼んで、一緒にやった素人の仕事。
 ただ配線を考えてくれた友人の仕事が、たまたま電機屋さんだっただけで。
d0147727_15214446.jpg
d0147727_1522059.jpg

 そういえば、配線が終わってから壁のペンキを塗ったので、ペンキ塗りはとっても大変だった。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-10-26 15:39 | 古民家修復  

<< 和製パスタマシーン 動物コレクション その6: 狸 >>