蝶番

d0147727_22262185.jpg
 ここの蝶番はちょっと変わっている。
 師匠も、「見たことがない」と言っていた。
 扉の上の方に付いているものはかなり大きい。
 広げた様は、ほんとに蝶の羽みたい。
 扉の下の方には小さいものが付いている。
 ところどころペンキがはみ出しているのは、
 塗ったのが私だから。
 実はこの家、細かいところは、はみ出した
 ペンキだらけ。 直していない。

d0147727_22263898.jpg
d0147727_22265819.jpg

d0147727_22271441.jpg
 外装や天井を塗ってくれたペンキ屋さんは
 ファンキーなおじさんだった。
 残りの部分を私が塗る、と言うと盛んに
 「あんまりがんばって仕上げるんじゃなかった。
 残りを施主さんがやるんでは。
 別にいいんだけどね、、、。」
 とぼやきながら、刷毛の動かし方を教えてくれた。
 でもこの状態。
 ペンキ屋さんだけは、絶対この家に招待できない。
d0147727_22273299.jpg
d0147727_2228992.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2008-10-20 22:49 | 古民家修復  

<< 骨董市のはしご 図面 >>