流木と秋の海

d0147727_18134850.jpg
d0147727_1814342.jpg
 夏の海より、秋の海が好き。
 高い空の下の海がいい。
 誰もいない海で、ただ、ぼーと過す。
 波の音、引いていく潮の音を聞く。

 嵐の後に浜に打ち上げられた流木。
 人間の出したごみは、熊野の浜にはなかった。
 でも大きな貝殻もない。
 貝殻に耳をあてて、波の声を聞いたのは
 子供の頃のこと。

 物悲しい秋は一番好きな季節。
d0147727_18144851.jpg
 もうすぐまた歳をとる。
 油の抜け切ったこの流木の根っこのような
 枯れた人に、私はなりたい。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-10-14 18:38 | 熊野自慢  

<< 南仏の黄色 裏側 >>