引力

d0147727_19261780.jpg

 熊野の私のバイト先の玄関からの今朝の海。
 今、私、悪あがきをしている。
 古民家修復を始めたころには、実はなあんにも考えていなかった。
 将来のことなんて。
 変化は嫌い。
 勝負は嫌い。

 これからずっと熊野で暮らす心の準備なんて、まだできてないけれど、
 周りは待ってくれない。
 みんなが私がここにいることを知っているのに、
 隠れ続けることはできない。
 違う仕事ができるわけがない。
 
 いつから、どのくらい、どこまでやるか、
 もうそれを決めないといけない。
 今までの私はできない、と言えなかった。 
 なるべく、自分でやりたかった。
 でもここで、一人でそれを始めたら、
 東京にはちょくちょくは行けない。
 今までの仲間はみんな東京にいるのに。
 だから、どうしてもあがいてしまう。
 
 ここで始めたら、もうたぶん逃げられない。
 残りの人生をここで働いておくる。
 それを後悔しない自信が、まだちょっと足りない。
 そんな気がする。
 だからもう少しあがいてみる。 

d0147727_19254485.jpg
 
 でも
 ひいおじいちゃん、
 やっぱりあなたの引力には逆らえそうにない。
 せめて、見守っていてよね。

[PR]

by mobiliantichi | 2008-10-03 20:05 | 古民家修復  

<< between sheets first class >>