庭の住猫

 たぶん、父さんと母さんである。父さんは首輪をしているので、飼い猫だろう。
 母さんはうちの母屋の床下で、3匹の子猫を育てている、らしい。
d0147727_19284652.jpg
 母さんは大胆である。子育てのためには、真剣なのかもしれない。d0147727_1930246.jpg
d0147727_19302163.jpg

 庭への出入り口のコンクリートがお気に入り。首をこすりつけていた、と思ったら、こんなことも。d0147727_19403844.jpg
d0147727_19404931.jpg

 寂しげな人間の友人になろう、としてくれているらしい。
 そのうち、子供を連れてきた。
 3匹とも、顔も、体格も、模様も、性格も、しっぽも全部違う。
d0147727_19342040.jpg
d0147727_19351554.jpg

 甘えん坊のずんぐりむっくり、神経質なスレンダー、要領のいい真ん中。d0147727_19354066.jpg
d0147727_19363368.jpg

d0147727_19391156.jpg
 特大のバッタを捕まえたり、百日紅に上ったり、
 庭で遊ぶ猫の家族を眺めて午後を過ごす。
 
 こんな時間を持ったのは、初めてかもしれない。

 廃屋を整理した時、押入れの布団の中に、
 1匹の子猫がいた。
 猫は家に付くと言う。
 母さんがその時の子猫だとしたら、
 先に住んでいたのは彼らの方。
 せめて、庭は自由に使って貰おう。


 
 
[PR]

by mobiliantichi | 2008-09-11 20:26 | 花と動物  

<< イチジクのその後 床下貯蔵室 >>